So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

スリーサイズEOS [Photo&Life]

2017年9月現在の所有のDSLR(一眼レフ)は、「特大」、「中」、「特小」のEOS3モデルです
P1040477_DxO(retina).jpg
撮影:LUMIX GX7MarkⅡ
いずれもカタログ落ちの旧モデルだし、個々の撮影性能や付加機能にはそれぞれ不得手とする部分はありますが、その日のモチベーションや被写体によってどれかをチョイスしています
P1040482_DxO(retina).jpg
実際には、カメラとレンズとの組み合わせにもよりますが、手持ちのEFレンズにはISモデルもF1.4クラスの大口径もなく、基本的にはシャッタースピードで手ブレと被写体ブレを押さえ込む撮り方になります
P1040485_DxO(retina).jpg
これが、現行モデルになっても、SONYやPENTAX、PanasonicやOLYMPUSのようなセンサーシフト機能ないし、測距点の範囲も1DXといえども、画面のほぼ全域の任意の点で測距できるEVFミラーレス陣営にはかないません
IMG_5607_DxO(retina).jpg
その点、LUMIXのGX7Ⅱは、EVFをのぞきながらもフレーム全域に自由に設定できるタッチパッドAF機能や瞬時に左右の瞳を検出する機能に加え、大口径単焦点レンズでセンサーシフトで手ブレ補正が効くので、正直レンズの手ブレ補正やサイズや重量を優先するせいぜい、F2.8どまりのIS搭載レンズしか選べないリトルEOSよりも断然GX7Ⅱを持ち出すほうがいい場合がほとんどです

さて、今年の夏は、LUMIX用にズームレンズを買い足すよりも、X7の再活用を目論んでシグマの17-70ズームを新調したこともあってX7を持ち出すことが多かったのですが、ストロボを使わない夜のテーブルフォトでは、「F1.7・センサーシフトIS」搭載のLUMIXのほうが圧倒的に使いやすく、
IMG_5569_DxO
X7 SIGMA17-70
タッチ液晶による広角ライビューでの寄りを活かした撮り方がX7とシグマズームの得意とするところなのですが、ライブビューの使いやすさはEVF/背面液晶がストレスなく切り替わるLUMIXの使いやすさとは大きな差があります
P1040450_DxO
GX7MarkⅡ 20mmF1.7

デュアルピクセルAFが最大の武器になる現行EOSの一眼レフは、背面液晶とりわけバリアングル液晶ならなおさら、ミラーレスモデルのほうが撮りやすいことは間違いのないことで、EOS Mを選ぶ最大の理由もそこにあります
P1040445_DxO
GX7MarkⅡ 20mmF1.7
電源を入れて、ワンボタンを押してミラーアップのひと手間や、バリアングル液晶でいまどきタッチパッドがつかえないミラーレスなんて測距点の数がまったく活かせないうえに、大口径単焦点で手ブレ補正が効かないですからね
IMG_5521_DxO
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ
フルサイズ用には手ブレ補正に頼らず、高感度頼みの方針ではあるのですが、
IMG_5573_DxO
X7 SIGMA17-70
それでも1/13秒でも安心して撮れる手ブレ補正ズームがあるといいわけで、次は6D用に24-70のF4・ISが大きさ、重さの点でもオールラウンダーなのでしょうが、ここはやっぱり、ときおり画角不足を感じるLUMIXの20mmを補完するための15mmレンズをプラスするのが、やはりベストチョイスでしょう
IMG_5514_DxO(Prime)
X7 SIGMA17-70
それでももっと撮影照度が厳しくなってくると、「高感度+大口径+手ブレ補正」の点では、フルサイズEOSでつかえる大口径手ブレ補正レンズが一本あってもテーブルフォトならLUMIXで十分だし、APS-Cの17-70を使い出すと、フルサイズ24-105ミリのレンジは確かに使い勝手のよさをも感じます

バックナンバー
20080904-170054.jpg
撮影2008年
冒頭写真を撮っていて、この頃の写真を思い出したので引っ張り出してみます
20080904-170909.jpg
撮影2008年
これまで多くのカメラとレンズを、メインとサブを使い分けながら乗り換えてきましたが、過去のカメラは買い直すことはありませんが、レンズはいちど手放しても、カメラが替わるともういちどつかってみたくなるもので、
20080909-071103
撮影2008年 EOS5D TAMRON272E
個人的な希望は、フルサイズでなくてもいいので、センサーシフト手ブレ補正のあるEFマウントのつかえるモデルの登場
20080906-130712_1
撮影2008年 EOS5D EF17-40mmF4L
とはいうものの、昔の写真を見返して、この時、いまのカメラとレンズがあったら、もっといい写真が撮れたはず・・・というような気持ちにはならないので、その時代や自分や家族の年齢とあわせてその頃のカメラとレンズをアーカイブしていくのが、この道楽の楽しみなとこなんだと思ったりもします

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Snapseed HDR [Photo&Life]

Googleアプリの「Snapseed」
IMG20170828 (18)S.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ JPEG・Snapseed
1DXのJPEG記録のCFカードからUBSケーブル接続でiPhone5へ取り込み、snapseedで「HDR風」
掲載画像は、パソコンでフォトショップで取り込みレイヤー合成で擬似ハーフND処理で手前の岸側だけ「スクリーン」で日射しの強さを強調してみました
IMG_3591
最近は撮影場所や食べ物などにも「インスタ映えする~」って接頭語がつけられているニュースなどを耳にしますが、
IMG_3717
そのためにスマホカメラから一眼レフやミラーレスへシフトしたりする若者が増えることは歓迎されことですね
IMG_3644
その点、Snapseedは、撮って出しJPEG一本勝負の昔からのカメラ愛好家がたまにつかうようなアプリではなく、スマホカメラでもデジタルカメラからの転送画像でも、SNSに載っける前のひと加工するにはもってこいのGoogle謹製のアプリ
IMG_3696
傾いた画像を補正すると、トリミングするのではなく、本来生まれる余白をフォトショップでいうところの、スタンプツールや自動背景合成をさらっとやってのけてくるところがすごく賢いところです

そんなわけで、SnapseedとiPhoneでの画像加工
IMG_3637
これまでもFacebookでシェアする程度でも、パソコン用の大画面でも耐えられるクオリティをキープしてアルバムとしてアーカイブしたいので、行楽先からのシェアはあくまでも速報程度での投稿にとどめ、
IMG_3665
基本は家に戻ってから、自分のアーカイブ用やブログ用のために、モニターガンマとコントラストとグラフィック制御でのカラーマネジメントされたモニターで、現像時やレタッチ時には目からの情報とヒストグラムの山を両方みながらRAW現像や画像加工を行います。
IMG_3661
そのうえで、SNS用にはフォトショップでSNS映えするようにコントラストで色の濃さを調整したり小さい画面用にトリミングしたりして最終的には、長辺2048かつ1MB未満にリサイズした画像をアップしています
IMG_3736
同じ写真でも27インチモニターとスマーフォンやタブレット程度では見え方や感じ方はまったく違いますが、光沢液晶でガンマ高めのスマホ画像には、トーン圧縮した「HDR(ハイダイナミックレンジ)」が映えることだけは確かです
IMG_3735
人物が入った写真をHDRにするとだと顔や肌がでこぼこになるので、Snapseedでは人物モードのプリセットが用意されていますが、それだと背景やオブジェクトがつまらなくなるので、オススメとしては次の手順
IMG_3664
1.HDR風で加工、効果が弱いと思ったら二度掛けします
2.人物で顔を検出して顔の部分だけに滑らか処理をかけてもらう

Snapseedのすごいところは、顔を検出した部分だけに滑らか加工やポージング補正までできること
フォトショップだと、顔部分だけをマスクしたりして処理することが100%ではないものの、スマホの小さい画面でもストレスなくできるインターフェイスもすばらしい
IMG_3729
HDRをつかわないときは、まずホワイトバランスのグレーポイント補正で色調と明るさの感じを整えてから、トーンカーブで暗部を持ち上げたりコントラスト補正調整というのがオススメ手順
snapseed.jpg
さらに、このほかにも傾き補正やディストーン補正(上下左右のあおり)ができるので、脚長加工なども思い通り

自分の場合は、パソコンで写真をいじったり見ることが基本なので、スマホのSnapseedもHDR風の味付けが中心になります
IMG_3707
もちろんHDRは万能ではなく、テーブルフォトには向かないし、多用すると自分でも他人からも飽きやすいとこですが、つかいどころはここ一発を基本にしていくか
IMG_3704
富士山はみえない霧のなかでの写真もこのとおりレスキュー
IMG_3703
箱根の山に泊まった翌朝は、未明からの雨風でやることないので宿でSanpseedでずっと遊んでいました
IMG_3698
帰宅後にiPhoneからパソコン転送した画像をみましたが、Snapseedの自動露出やHDRは嫌味がなく、photomatix要らずかもしれません
IMG_3651
もちろんHDR以外でもカメラからWi-Fiやケーブル雪像でSnapseedは活用していこうと思います

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

霧の大涌谷 [EOS-1D]

箱根一泊の翌日は未明から雨まじりの風ビュービューでした
AF6Z0477_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40
前日は快晴とはいえなかったものの、夕暮れの芦ノ湖を最後に大涌谷は翌日のイベントに取っておいたのが失敗だったかなと思ったのですが、霧で噴煙も紛れて山影まったく見えない状態から、突如雨とともに神風が吹いていきなり現れました
AF6Z0473_DxO
写真をみると冴えない天気なのですが、何しろ直前がこんな感じでしたから、
AF6Z0457_DxO
霧が一気に晴れて、いざ合戦!ってこんな感じだったんだろうかと、運がいい日にやってきたなと思ったぐらいでした
AF6Z0455_DxO
というようなわけで、24-70と135ミリや双眼鏡を取りにクルマに戻り、
AF6Z0490_DxO
ブラタモリの録画番組で予習してきた場所を見ることができました
http://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list71/route2.html
AF6Z0493_DxO
ブラタモリといえば、毎回スチルはEOSとEFレンズ
AF6Z0492_DxO
うっかりしてましたが、ここは電線が通っていてフォーカスエリアが引っかかりがちだということがわかりました
AF6Z0487_DxO
135ミリもなんだか冴えませんでした
AF6Z0486_DxO
晴れていたらロープウェイで来る計画もしていたのですが残念
AF6Z0459_DxO.jpg
また劇的に日射しでも差して来ないかなという期待は叶わず、黒たまごとおみやげを買って、早々と山を降りて帰途につきました

帰り道
AF6Z0502_DxO
ママのリクエストで停めにくい駐車場にクルマを寄せてから、ベーカリーに寄ってみましたが、
AF6Z0503_DxO
残念ながら休業日でした
AF6Z0505_DxO
人気のフジヤホテルもスルーして、下界まで降りたらすっかり晴れてるじゃん
AF6Z0506_DxO
100%夏らしい旅行にはなりませんでしたが、トップシーズンのみなさんよりは恵まれてましたかね

P1040434_DxO(retina)
日帰りと違って、ゆっくり巡った箱根一泊の旅でした
P1040435_DxO(retina)
帰宅後、黒たまごは、マヨネーズとあえていただきましたが、ただのゆで卵より味が濃厚でした

タグ:箱根
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

箱根旧街道 甘酒茶屋 [EOS-1D]

2017年の家族旅行は、近場の箱根に行ってきました
AF6Z0317_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm
旧街道の「甘酒茶屋」。冷夏というか毎日雨ばかりの8月だったので、夏らしい「かき氷」を口にできてよかった
AF6Z0309_DxO
朝8時に川崎市内をクルマで出発し、ほとんど渋滞なく進んだので夕方のチェックインまで時間がありあまってしまい、熱海に寄ってから、箱根への山を登ったり降りたり
AF6Z0310_DxO
我が家の箱根伊豆方面ドライブといえば、たいてい、昼前や午後から出発して、空いているターンパイクを駆け上がり、大観山から芦ノ湖を撮ってから車窓を楽しむってパターンなので、用もなく旧街道を走行するなんてこともひさしぶりのこと
AF6Z0327_DxO
この日はそんな「スローな」箱根めぐりができそうだったので、ほんとはクルマじゃなくて徒歩とバスで移動して、こういう茶屋で一休みする気分を味合うのも楽しみ方なんでしょうね
AF6Z0323_DxO
なお、甘酒茶屋の店内は暗めというより、はっきりいってかなり暗いです
AF6Z0328_DxO
昔ながらの茶屋のイメージなのでしょうがスマホカメラとかでインスタ写真とか撮るのは厳しい照度でしょう
AF6Z0306_DxO
さて、この時点でまだ13時前
AF6Z0330_DxO
東名海老名のサービスエリアで遅めのブランチをガッツリ食べてきたし、うぐいす餅も食べてしまいました
AF6Z0304_DxO
すぐとなりの休憩所と資料館でさらに一休みしたものの、
AF6Z0336_DxO
蛇足ですが、この資料館もまた暗くて、感度設定を手動でISO10000まで上げて館内を撮影
AF6Z0342_DxO
外に出ても感度を戻し忘れてしばらく感度10000のまま撮ってしまいました
AF6Z0351_DxO
このあと、いちど旧街道を湯本まで下り、こんどは駅伝ルートで再び元箱根へ
AF6Z0368_DxO
箱根神社に詣でつつ、湖岸の鳥居の撮影順番待ちに並びました
AF6Z0373_DxO.jpg
去年はもってなかった広角ズーム
AF6Z0375_DxO.jpg
鳥居の余白がないのが残念なところですが、
「広角レンズの場合は、背景を決めたらカメラに近づいてもらいましょう」
という基本講座のような写真が撮れました、
ママに撮ってもらうときも、1DXだと縦グリップでゾーン固定して渡せるので、中抜けになるリスクもありません
AF6Z0382_DxO.jpg
箱根旅行シリーズ続きます

タグ:箱根
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リトルEOSとシグマ Cズーム 夕暮れ街撮りショット [EOS Kiss・EOS M]

本日投稿3つめ
IMG_5496_DxO.jpg
X7 SIGMA C17-70
夕方・・・といっても陽が傾きかけたぐらいに街中へ
IMG_5488_DxO
朝とは気分を変えて、6Dや1DXにしようかとちょっとだけ考えましたが、この夏はX7と新入りズーム研究にします
IMG_5480_DxO
現像時に傾きを補正していますが、やっぱりシャッターを切るときに傾くのを防げない・・・
IMG_5483_DxO
ライブビューも併用してみるものの、陽が高いうちは、たとえ小さかろうが、プリズムでなくても光学ファインダーの恩恵は絶大
IMG_5492_DxO
というか、炎天下のEVFは液晶だろうが有機ELだろうが、メガネユーザーには辛い
IMG_5493_DxO
視野率なんて、もし予期せぬものが写っててもあとでトリミングしちゃうし、そもそも手持ちスナップにはたまに入っちゃうものですが、電線はフレーミングから外すとか、先に慣れておくべきことはたくさんあるわけで
IMG_5497_DxO
ただ、その分ファインダー撮影でのフォーカスエリアが狭く、AFロックしてカメラを振るんだったら真ん中だけでいいし、こういうときにはライブビューを使ってしまう
IMG_5502_DxO
こういう路地系だと、基本広角で引くフレーミングを試みるけど
IMG_5481_DxO
引いたり寄ったりするよりも、正面でもなくびみょうな角度で当たりハズレが出る感じがします
IMG_5494_DxO
実は、この一枚撮るのに位置を変えたりズーム位置も変えましたが、結局この程度で描写力チェック用にしかならない
IMG_5485_DxO
手ブレ補正の効く、広角マクロとタッチフォーカスは、こういう日陰では大活躍
IMG_5484_DxO
ネコさんは、ちょいとブレちゃいましたね
IMG_5478_DxO
きょうは、今月ずっと雨の週末の憂さ晴らしができた気がします
IMG_5508_DxO
さて、明日飲み会がるのでこのズームコンビを持っていくか、GX7Ⅱかまだ迷っているところです

タグ:X7
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライブビューEOS スナップ [EOS Kiss・EOS M]

本日投稿2つめ
IMG_5445_DxO.jpg
X7 SIGMA C17-70 ライブビュー 
X7とライブビューってAFの速さがどうのとかいうよりも、撮っていてなんか気が乗らないのは半分はなよっとしたシャッターフィールで、もう半分は明るいと見えない背面液晶
IMG_5439_DxO
広角レンズで、ウエストレベルぐらいでライブビューで撮るには、キットレンズの倍ぐらいの重さと大きさで、絶妙な重量バランスになるシグマのCラインズームのチョイスは正解
で、あれば新しいX9でのバリアングル撮りならもっと使いやすくなるはずですが、「クリアビュー液晶Ⅱ」のまま、たぶん見え方はなんの進化もない感じがします
6DⅡはタッチ液晶になる利点はあるけど、液晶が見えやすくなったというアピールもないからおそらく同じでしょう
IMG_5442_DxO
もちろんレンズ名にあるMACROのとおり、ワーキングディスタンスが5cm程度なので道端マクロには十分な性能でタッチフォーカスもまずまずなのですが、いかんせん明ると液晶が見えない
IMG_5443_DxO
EOS MもPENTAXも見えなかったけど、直射日光の下ではギャップレスだろうが基本的に見えないわけで、
IMG_5448_DxO
だからこそ、オリンパスもパナソニックもソニーもEVF搭載モデルが一押しのラインナップ
IMG_5447_DxO
それなのに、6DもX9もバリアングル液晶とタッチAFのスピードアップが売りなだけで、ファインダーでのAF範囲ってまったく変わってないんですよね
IMG_5446_DxO
カメラ雑誌でフルサイズ特集やってますが、6DⅡの評価ポイント記事がなんだか、よくわからない
「5DⅣとの400万画素程度の差は感じない」と書きながら、「旧6Dや5DⅢよりも画素数アップ」やっぱりいいとかね
IMG_4629_DxO(retina)
もはやBluetooth以外に目新しさを見いだせなくなってしまっていて買い替えモードはすっかり停滞していますが、それよりも標準ズーム一本分の重さで手ブレ補正とF2.8-4の4倍ズームの気楽さと画質とのバランスに流れてるのもよくないですね
IMG_5456_DxO(retina)
EF-Sレンズと違って、とりあえずフルサイズでもマウントに挿さることは挿さるシグマズーム。このサイズで28-105がカバーできれば文句なし・・・というか、80Dならこのバランスになるはずですが、X7から持ち替えるとなんか重いし、レンズがしょぼく見えます
IMG_5465_DxO(retina)
少なくとも6DⅡに買い換えるなら、常用レンズもF4のISとセットで考えたいところですが、やっぱりキヤノンはEFマウントのままつかえるEVF=フルサイズをアタマの何処かにおいて置きたいなと思っています

タグ:X7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朝焼け早朝さんぽ [EOS Kiss・EOS M]

振替休日取得できょうはオフ日なのですが、いつもどおり目が覚めて外をみたら朝焼けでした
IMG_5370_DxO.jpg
X7 SIGMA C17-70
きょうは仕事にいかなくてもいいし、暑くなる前にパンでも買い出しついでにカメラをもってちょいと出かけてきました
IMG_5373_DxO
とりあえず、きょうのテーマは「夏の朝日」です
IMG_5368_DxO
なんといっても、今年の8月は連日ろくな天気じゃなかったですからね

6:30am
IMG_5397_DxO
そのまま、電車に乗ってとなり街まで足を伸ばしたものの、
IMG_5399_DxO
コンビニ系以外は店も開いていないし、
IMG_5402_DxO
多摩川沿いまでさらに足を伸ばします
IMG_5407_DxO
起き抜けの格好でサンダル履きでしたが、X7とシグマズームは軽くて苦にならず
IMG_5409_DxO
野良猫も暑くてどこかで寝てるかと探してみると
IMG_5421_DxO
気持ちよさげに一匹寝ているのを発見
IMG_5429_DxO
しばらく前に冬にあったネコだったか?と見返して見るも確証は得られず
IMG_5432_DxO
きょうはいつでも、下り電車で家に戻ることができます
IMG_5420_DxO
短い時間でしたが、ロードバイク野郎たちとだいぶすれ違いました
IMG_5423_DxO
こうやって出てくるといつもならあっというまの朝の30分も長く感じます
IMG_5433_DxO
このまま歩いて帰れないこともないのすが、とりあえず、駅へ向かうことにします
IMG_5438_DxO

タグ:X7
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライブビュー EOS [EOS Kiss・EOS M]

タッチフォーカスのライブビュー
IMG_5356DPP.jpg
X7 SIGMA C 17-70 DPP 忠実設定 オートガンマ
ISO1600。レンズの手ブレ補正のサポートと合わせて、テレ側開放=F4のプログライムラインがシャッター速度が1/125を割り出してくれていていてブレなく撮れました
DxO
IMG_5356_DxO(Prime)
DPPでガンマ補正かけると暗部を持ち上げてくれて補正されますが、DxOは撮影時の露出に忠実です
広角ライブビュー
IMG_5357_DxO
ハイブリッドCMOSⅡは、いまどきEOSのデュアルピクセルよりは劣りますが、手ブレ補正の安定と合焦時間がちょうどいい感じなのかも?
IMG_5359_DxO
これはファインダー位相差AF。X7だとどうも垂直が上手く取れないというかシャッターを切るときに傾いてるんでしょうね
それでもX7のタッチフォーカス世代でも、スナップするのは最適な機材チョイスではないことは確か
ライブビューは、専用機のほうが断然よりというのは、PENTAX K-01と、K-5やK-50とかでも感じたことで、電源入れた後にミラーアップさせるためのワンステップがうっとうしいんですね

タグ:X7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

モーニングスナップ [EOS Kiss・EOS M]

フォトショップでモノクロ化してから着色フィルター
IMG_5336_DxO2.jpg
X7 SIGMA C17-70
地下なので、撮影条件や写真では、朝も昼も夜も違いはないのでフレーミングか?
IMG_5336_DxO
まだ、開店していないだなと通り過ぎたら、準備がはじまったのでちょいと足を止めてみましたが、
IMG_5337_DxO
うーん。開店前か閉店前の違いはだせそうにありませんね
IMG_5339_DxO
X7とズームを毎日持ち歩いていますが、ずっと雨や曇天続きです
IMG_5343_DxO
X7で縦位置ファインダー撮りをするときは、右手を上にすることが多い
そうするrとなぜか左が下に傾くので、傾かないように無意識に下げているのか、そもそもファインダーが小さく見えづらいせいか?
IMG_5341_DxO
6Dのときは、右手を下にして撮ることが多いし、縦グリップの1DXだと水準器なくともだいたいまっすぐで撮れています
IMG_5340_DxO
そもそも、LVFと電子水準器のLUMIXでもシャッターを切る瞬間に傾いていることもあるので基本はシャッターリリースの感触ではないかな?と思っています

X9のファインダー機能をもういちど調べてみましたがインテリジェントファインダーではないので、電子水準器は非搭載のようです
IMG_5340_DxO
少しだけ大きくなって持ちやすくなったし、バッテリーも大きくなって電池のもちはよくなりましたが、「なで肩EOS」ではなくなってしまいデザイン的には残念感もあります
IMG_5340_DxO
LUMIXのGシリーズが、G3もG5もG6もそれぞれ個性的でしたが、7と8は、まともなカタチになすぎですね

タグ:X7
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハーフカラー [EOS Kiss・EOS M]

モノトーン広告のせいで上下がモノクロとカラーに分かれているように見えました
_MG_5326_DxO.jpg
X7 SIGAMA C 17-70
反対側から
IMG_5344_DxO
こちらは朝撮り
今週は月曜から金曜まで朝は見事に空いていました

タグ:X7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -