So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

フィリピン土産のカメラバッグ  [Photo&Life]

フィリピンで買ってきたカメラ用バッグ

IMG_3681_DxO(retina).jpg

確か1000ペソに値切って買ったそもそも知らないブランドの偽物なんですが、調べてみると、5.11 TACTICAL SERIES(ファイブイレブン)というミリタリーブランドでした

P1730815_DxO(retina).jpg

ま、とりあえず6Dをレンズ付きで入れるにはなかなかにジャストサイズ

IMG_3595_DxO

フィリピンからの帰りにも、こいつに6Dと24-70を入れて家まで帰ってきました


IMG_3602_DxO
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ

Ninoy Aquino International Airport

IMG_3629_DxO

フィリピン滞在中に食べ損ねた本場のバナナ。空港のスタバでようやく食してみましたが、いつもと同じ味でした

IMG_3630_DxO

帰りはひとり帰国だったので、出発までの時間つぶしも退屈ながら、

IMG_3637_DxO

とりあえずフリーWi-FiでLINEで連絡を取れたりできました

IMG_3638_DxO

リモートの自撮りは露出調整がわかりづらくてLUMIX用に比べてもうひとつ使い勝手はよくないかな

IMG_3619_DxO.jpg
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ


フィリピン 広角スナップ [Photo&Life]

帰国して一週間IMG_3536_DxO.jpgEOS6D EF17-40mm

あらためてじっくり現像写真を見返してみると

IMG_3524_DxO

6Dや1DXの画素数では、等倍チェックでもそれなりにピシッとしていて実力は価格以上か?

IMG_3535_DxO


夕日の撮影のあと、マニラ市街を散策してみる

IMG_3549_DxO

開放からビシっとくるレンズではないものの、広角側でもテレ側でもF4をキープできる

IMG_3554_DxO

6Dだと測距点と中央部以外の測距点でのAF精度でに心もとなさがあるけど、まあブレてもピント甘くても街中スナップはアングル第一

IMG_3550_DxO

見知らぬ街をぶらつくには軽くて機動力のあるレンズとカメラはやっぱりいい感じ


 

IMG_3564_DxO

フィリピン最後の夕食は、一風堂のいつもの白丸でした

IMG_3561_DxO 

従業員教育がすばらしくて、元気も愛想もよかった店員が印象的でした

IMG_3570_DxO

広角ムービー用に調達してとりあえず役目を終えたEF17-40ですが・・・

IMG_3580_DxO

三代目の16-35のF2.8は買えそうもないし、せっかくのコンパクトさを活かして、キットレンズ的な割り切り以上の力はあるのでこのままスナップレンズとして延命決定です


IMG_3400_DxO.jpg


フィリピン初日 テーブルフォト [Photo&Life]

フィリピン入り、初日P1730763_DxO (1).jpgGX7 20mm

朝9:20に成田を飛び立って、時差マイナス1時間のマニラ到着が13:25なので約4時間のフライト

P1730755_DxO

成田までは始発でスタートして、まだ寒い6時前の新宿発の遠くて眠いし、国内線しか乗ってないので4時間手のは長いし慣れない旅はくたびれますが、はじめてのフィリピンディナーは、フィリピン料理を食べさせてもらいました

P1730762_DxO

場所もまったくわかんないけど、治安のよさそうなショッピングモールでしばらく順番を待って入店しただけあって人気のお店でしょう

P1730766_DxO

ホテルにチェックインしてはじめての外出なので身軽にいこうかとカメラはGX7

P1730767_DxO

ここにくるまでの車窓からみる夜の街がいかにもアジアっぽくて、GX7では撮りきれずカメラチョイスミスでしたが、テーブルフォトならGX7でしょう

P1730772_DxO

基本的に「茶色」と「淡色」なので、実際の美味しさを写真で表現するのが難しい素材感ですが、どれも美味しくいただきました

P1730776_DxO

もっともフィリピンぽく感じたのは、このスープ

P1730777_DxO

予想をはるかに上回る、トムヤン風の味が濃くて酸っぱくて、こりゃすごい

P1730771_DxO

この魚の唐揚も淡水魚風で普通。骨を食べてみようと試みましたが固くてどうにもこうにもって感じでした

P1730752_DxO

いつもは食事中はアルコール以外の水分を一杯とるのですが、飲食店の「氷に当たる」かもって注意されてたので、コップには口はつけませんでした

P1730724_DxO

ま、このお店は欧米からの観光客も多そうだし水も氷もまあ大丈夫なんでしょうが、貝を食べてたので「平気だったか」と翌日、現地スタッフにも心配してもらいましたがとりあえず平気でした

P1730732_DxO

入店待ちのあいだに見かけた子猫

P1730734_DxO

感度800リミットにしていたGX7では動きものを追っかけるのはちょいと苦しかったけど、 自然な感じとネコがテーブルに寄ってくる感じがフランクな感じさすが日本とは違うと思ったものの、

P1730738_DxO

翌日以降に気づくことになるのですが、フィリピンだと、犬もネコもそこいらにいても誰も気にも止めず、構うこともなく相手にもしてなくて、自分のようにネコを追っかける方が不思議がられるくらいだという感じでした


GX7と20ミリで撮る夜のフィリピン車窓フォトP1730708_DxO

日本だったら、即刻、デリートしちゃうようなショットなんですが、

P1730696_DxO

微妙な動感もあって捨てられず

P1730699_DxO

カメラは借りてきたF1.4の35ミリに6Dだったら・・とチョイスミス

P1730695_DxO

もっともここでクルマ降ろしてもらってスナップするチャンスもなく(やっぱ危険そうだし)、

P1730786_DxO

そんな感じで、初日のフィリピンの夜は、その他もろもろ、様子見がてら更けていきました


フィリピン遠征 [EOS-1D]

フィリピンにいってきました

IMG_2933_DxO.jpgEOS6D EF17-40mm

撮影ツアーといっても観光やポートレートとかじゃなく、現地工場を紹介するビデオ撮影なので、海とかビーチとかのショットはなく、もっぱら車窓からのストリートスナップばかりでしたが、インパクトでエネルギッシュな街でした

AF6Z8347_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

海外に出るのは9年前の韓国出張以来で、パスポートの10年の有効期限もぎりぎり半年残ってました

AF6Z8356_DxO
EOS-1DX EF24-70mm 

今回の持参した撮影機材はビデオ用にの6Dと予備機とスチル用に1DXを機内荷物に持ち込み

AF6Z8368_DxO
EOS-1DX EF24-70mm  

めったに出番のないKATAのスリングバックパックが役に立ちました(バックナンバー

AF6Z8423_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

機内持ち込み用とは別に現地での移動用にトートバッグも持ち込みましたが、旅の準備においてはとにかくバッテリーと充電器は忘れないようにと、

IMG_3185_DxO
EOS6D EF17-40mm

旅慣れてない分だけいろいろ気を使ったりして、正直いくまでのほうがくたびれました

IMG_3231_DxO
EOS6D EF17-40mm 

レンズは、フィリピン用に調達した17-40と24-70のズーム二本とに、タムロン90ミリに借りてきたシグマの35ミリF1.4

AF6Z8419_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

日本に置いてきちゃいましたが車窓スナップは、こんなにずっと渋滞しているんだったら135ミリや双眼鏡を持ってくるべきでした

AF6Z8443_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

そんな感じで、移動中はずっと車窓からレンズを突き出してのスナップですがレンズを向けて文句をいってきそうな国ではありません

AF6Z8441_DxOEOS-1DX EF24-70mm

夜スナップ用にF1.4のシグマを借りてきましたが中央一点でも思ったよりAFが遅かった印象

AF6Z8472_DxO
EOS-1DX SIGMA 35mmF1.4 ART

-3EVを誇る中央測距点の6Dも、PENTAXやPanasonicよりも弱い気もするし、

AF6Z8473_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

実際、1DXとf2.8ズームのほうがAFも早かったというのが印象でした

AF6Z8475_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

ともあれ、今回の撮影ツアーの移動はずっと私有車でドライバーもいてくれるのでカメラはクルマに置いていけるしと、セキュリティ面での不安がはまったくなかったのですが、プライベートだったら6Dと1DXをどっち持ってこうと思うかな??


EOSムービー 日没後のマニラ市街
EOS6D EF17-40mm

パトカーのサイレンのような音は、救急車の音なのですが、街中渋滞でなかなか先へ進めないので、こっちで急病になったらきっとやばいです

IMG_3554_DxO
EOS6D EF17-40mm

男3人で歩いてへんな路地にさえ入り込まなければ、ホールドアップの目には合わなさそうですが、日本とはまったく違う緊張感で臨むべきでしょう

IMG_3524_DxO

最終日は、マニラ湾の夕日見物がてら、徒歩で買い物、夕食、フットマッサージにカラオケにもいってきましたが、さすがに1DXはホテルの金庫に入れてきました

IMG_3535_DxO

6DのGPS情報がやっぱり便利で、1DXマークⅡがほしくなりましたが、GPSユニットだけでも買っておこうかなという気持ちになりました


さて、メインのプロモーションビデオ収録AF6Z8532_DxO2.jpg

現地調達を半分当てにしていたスチル用に三脚の脚は手に入らず、持参したジッツオのトラベル用三脚にビデオ用雲台で臨みましたが、やっぱり剛性感や高さが足りなかったりしましたが、

IMG_1925.jpg

台車をドリー代わりにしたり、本物のリフトに乗ったりと、なかなか手作り感のあるビデオ撮影ができました

IMG_3668_DxO

さて、日本に帰ってきたらやっぱり寒くて、まだ疲れが抜けないのは年のせいでしょうか

AF6Z8514_DxO

ホテルのエレベーターにて、どこにいてもやることはいっしょですね

AF6Z8515_DxO
EOS-1DX TAMRON 90mm(272E)


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 浜離宮~浅草 水上バス [EOS-1D]

浜離宮から乗船した水上バスAF6Z8238_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm F4L

竹芝で、はとバスツアーの方が大勢降り乗りしていったりと東京観光の王道ルートでしょう

AF6Z8232_DxO

はじめての乗船なので勝手がわからないながらも、デッキ後部の席に陣取ってガラス越しにレンズ向け

AF6Z8235_DxO

真横の岸辺を狙ったり、船首側まで出張してみたり、

AF6Z8242_DxO

それでも窓ガラス越しでしか撮れないのと

AF6Z8249_DxO

17-40ミリしか持ってきてないのがちょいと後悔

AF6Z8250_DxO

それよりも、家を出てきた時点で25パーセントを切っていたバッテリー残量が気になり始め

AF6Z8265_DxO

気持ち節約気分のまま

AF6Z8271_DxO

スカイツリーをずっと追っかけて浅草へ到着しました


浅草はいつもどおり賑やかでしたがAF6Z8275_DxO

人形焼だけおみやげに買って、

AF6Z8276_DxO

いそいそと雑踏を離脱

AF6Z8277_DxO

天丼にもひかれましたが、お昼食べて間もないので、ティータイム

AF6Z8283_DxO

せっかくなので、おしるこを頼んでみました

AF6Z8284_DxO


浅草の人力車

AF6Z8279_DxO

外国人の方には日本情緒たっぷりでしょうか

AF6Z8281_DxO

フォトジェニックな町並みに花を添えてくれます

AF6Z8289_DxO

この日は、神宮外苑から歩いて青山一丁目から新橋、浜離宮から浅草まで水上バスで、銀座線の始発に移動してきた感じですが

AF6Z8293_DxO

最後はまた銀座で下車して、嫁さんの買い物にお付き合いして

AF6Z8297_DxO

千代田線を乗り継いで帰途に着きました

帝国ホテル内
AF6Z8298_DxO

万歩計は1万5000歩程度でたいした運動はしていませんが、徒歩と公共機関での東京めぐり、なかなか充実した一日でした


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 浜離宮編 [EOS-1D]

はじめてきました浜離宮AF6Z8189.jpgEOS-1DX EF17-40mm F4L

冬枯れなのでフォトジェクニック感は薄いのですが、

AF6Z8187_DxO

梅と菜の花畑でカメラマンが数名集っていました

AF6Z8186_DxO

AF6Z8184_DxO

AF6Z8188_DxO

 


AF6Z8204_DxO

 

水辺を気持ちよさそうに散歩するネコと遭遇しましたが、

AF6Z8197_DxO

交換レンズ持ってきてないのでちょいとトリミングしてこんな感じ

AF6Z8202_DxO

テレ側の描写は確かに広角側よりもさらに解像感としては甘い・・・かな

AF6Z8192_DxO
17ミリ

AF6Z8193_DxO
40ミリ

午後2時40分発の浅草行きがあったので、水上バスに乗ることにしました

AF6Z8212_DxO

横浜港ののシーバスしか乗ったことありませんが、竹芝に寄ってから隅田川を上って浅草まで約1時間の船旅

AF6Z8214_DxO

オープンデッキではないので撮影は窓ガラス越しになっちゃいますが広角感はいかがでしょうか?


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 聖徳記念絵画館 [EOS-1D]

快晴の土曜日。信濃町駅で降りて外苑から東京散策スタートAF6Z8149_DxO.jpgEOS-1DX EF17-40mm F4 L USM

はじめの目的地は国会議事堂っぽい建物の美術館

AF6Z8148_DxO

その昔は、「かっぱ天国」という名の子供向けプールとして使われていたこともあるそうです

明治維新というか明治天皇にまつわる日本画と洋画の壁画が展示されています

というわけで、館内は撮影禁止なのでせっかくの久しぶり広角レンズも外観と玄関口からだけ

AF6Z8155_DxO

そうなんです、ちょいと重い1DXとズームとしてはめっぽう軽い17-40ミリのコンビで2キロ未満の軽装備

AF6Z8154_DxO

「重箱の隅」をつつけば欠点は確かにあるレンズですが、 レンズの歪みや収差の補正に強いDxO Optics Proの力も借りて、

AF6Z8158_DxO

まっすぐなものはまっすぐに

AF6Z8146_DxO 

広角レンズらしく、パースを効かせたり

AF6Z8159_DxO

ピクチャースタイル「風景」とデジタルレンズオプティマイザーで青空も建物もくっきりと

AF6Z8149
DPP DLO ピクチャースタイル風景

さて、このあとの目的地は未定

AF6Z8160_DxO

冬枯れのイチョウ並木もデジタルレンズオプティマイザにピクチャースタイル「ディテール強調」

AF6Z8164DETAIL
DPP DLO ピクチャースタイル「ディテール強調」

 

アンシャープマスクはオフにしてますが、総合的にはDxOのほうが好みの輪郭が出せている気がします

AF6Z8166

南下して銀座線の通りに出たので、次の目的地は、新橋経由で浜離宮に向かうことになりました


ウィークエンド・テーブルフォト [LUMIX G/LX]

ウィーエンドのディナーのあと食後のコーヒー難民になっちゃいましたP1730667_DxO.jpg
GX7 20mm F1.7・1/20秒 ISO800

南口のスターバックスは店内満席だし、かつでは大行列だったクリスピードーナツもいつのまにか閉店してました

P1730663_DxO


夫婦での夕食はベトナム料理

P1730659_DxO
F1.7・1/40秒 ISO200

普段ならとなりのつばめグリルなんですが、こどもはスキー合宿です

P1730636_DxO
F1.7・1/15秒 ISO125

GX7の手ブレ補正は評判通り効きは弱め

P1730633_DxO
F1.7・1/60秒 ISO320 AUTO 

基本感度まで欲張らずに、ISO800上限程度で1/40や1/60程度でラフに撮ったときの保険程度に思っておくべき感じです

P1730641_DxO
F1.7・1/60秒 ISO320 AUTO

P1730660_DxO
F1.7・1/10秒 ISO200

もちろん、しっかり落ち着いて撮れば1/10秒でもしっかり止まります

P1730664_DxO
F1.7・1/60秒 ISO640 AUTO

GX7と20mmの開放も、いまどきとしてはもう一声「しまり」と「点光源」への強さがほしいところです


タグ:GX7

ミラーレス選択会議 我が家のポストGX7編 [LUMIX G/LX]

今月の月刊カメラマンの特集「ミラーレス選択会議」IMG_2858_DxO.jpg

楽天の電子マガジンに登録したので月カメもCAPAも読めるのですが、見開きサイズがiPadより大きいし、型落ち・中古モデルを使うことの多い身としては、バックナンバーを見返すことも多いので冊子で買っちゃうんですよね

P1090337_DxO.jpg

特集記事の比較モデルは、α7Ⅱ、α6500、X-T2、EOS M5、EM-1MKⅡ、G8の各社モデルにニコンのD500を比較用に載せてる記事で正直このなかでどれかを買おうという気持ちもないのですが、

IMG_2852_DxO(retina).jpg

2週間前から我が家のレギュラー陣営に加わったGX7初代の使い勝手についてこれまでのLUMIXシリーズや他社製ミラーレスモデルの経験を踏まえ気づいたことをレビューしてみます。


1.チルト式ビューファインダー

個人的にチルト式のビューファインダーは、アナログビデオカメラ時代、もちろん液晶モニターなんてなかった時代から当たり前の構造だったのでチルトするに越したことはありません

P1730513_DxO.jpg

とはいえ、ミラーレスになってGX1やLX7でつかっていた外付けタイプのLVFでもそうでしたが、カメラが小型ならファインダーを跳ね上げて、ウエストレベルで撮影したくなる機会も少なく、個人的にはチルトしなくてもいいのですが、

P1730514_DxO

GX7の場合は、液晶がバリアングルタイプのように横開にならないため、ファインダーと背面液晶の切り替えがやりやすく、反面、液晶モニターをスライドしてタッチ操作しているうちに、センサーを指で塞いでしまいビューファインダーに切り替わってしまうことが少なくありません

P1730502_DxO

アイセンサーによるモニターの自動切り替えをオフするといいのですが、GHやGシリーズのどのカメラも自動切り替えボタンの位置が押しやすいとはいえず、他のボタンにアサインさせないと使いづらい

P1730519_DxO

GX7の場合は、液晶操作をアイセンサーでじゃまされたくないときは、LVF/LCD切り替えボタンではなく、LVFを跳ね上げてしまえばアイセンサーの意図しない作動を回避できることがなかなかにイケている仕様だと思いますがどうなんでしょうね

P1730525_DxO


2.センサーシフト手ブレ補正

PENTAXのK-01を長く愛用していたのは大口径単焦点にセンサーシフト補正の効きのよさでしたが、GF1の頃から愛用しているLUMIXの元祖大口径20ミリレンズをはじめてアシスト付きでつかえる利点はどうか

P1730537_DxO

アシスト機能はあって困ることはないのですが、実際につかってみると、プラグラムラインが手ブレ補正効果の有無を考慮してくれないため、焦点距離20ミリなので1/60秒を基準に絞りやISO感度を他のLUMIXと同じ状況をはじき出してきます

P1730563_DxO

20ミリの焦点距離で16メガぐらいだったら、1/60秒あれば手ブレ補正に頼る必要性はありません

P1730565_DxO

効果が1~2段分として1/15秒で撮りたいときはプラグラムシフトをつかえばよいのですが、絞りは変えられても、感度が400や800に固定されてしまっているため、ISO感度を手動に切り替える手間があるので、低感度や一絞り加えてシャープに撮れることのストレスがあります

P1730544_DxO

ISO感度や露出の切り替えが、G3やG5にあった電動ズーム用のレバーとかならいいのですが、GX7のふたつのダイヤルはいまいち回しやすいとはいえません

P1730555_DxO
GX7 G20mm F1.7・1/20秒 ISO400 

感度を自由に切り替えるための代替策として思いついたことは、カスタム1~3にそれぞれ感度上限や固定をメモリーさせておくことなのですが、先にいちど確認しておくべきことは、感度200、400、800でどれだけ差があるかどうか?

P1730554_DxO ISO800
GX7 G20mm F1.7・1/40秒 ISO800

いちおう感度400と800で撮り比べてみたところ、カメラJPEGでは、どちらもディテールを殺しつつパッと見きれいな仕上げですがRAW現像で輝度NRをオフにして現像すると400のほうが明確に描写が安定しているに対し、800はマイクロフォーサーズではやはり厳しいんだなと再確認できました

P1730543_DxO

なお、20ミリレンズというか薄型レンズは、元々強い光源には弱かったり、GX7の場合、ファインダーで縦構えがなんか見えづらい

そもそも、ビューファインダーがもともと動画用に16:9なのをサイドトリムされているのがもったいなく、4:3画角のG5のほうが見えやすかったりするのが悩ましいところです


3.理想のミラーレス

LX100やGH4、GM1の経験を踏まえ、今後、マークⅡやEOS M5、場合によってはSONY αへのシフトを考えてみるが、個人的にはミラーレスはやっぱりLUMIX一押し

Wi-Fiアプリも含め、そんなに撮らなくなっているとはいえ、動画機能好きな身なのでたまに動画の進化も気になっちゃうんですよね

P1730549_DxO

スチルカメラとして初代GX7はよく出来ていて、スタイリングがまともすぎてつまんないとかいう以外でいまどきLUMIXとしては、瞳検出AFと品のいいメカシャッターが後継モデルより劣るところです

専用レンズによる空間認識AFや4K動画記録は、いまのところを個人的には重要ではありませんが、GM1、LX100、GH4や店頭チェック程度ですがGX7Ⅱのシャッターは魅力的だし、全部入りのLX100と較べると電動式の沈胴ズームのかったるさがないのがGX7と20ミリのいいところ

P1730546_DxO

ただし、GX7Ⅱも含め、液晶モニターはα55のような二軸タイプが理想で、これにタッチパッドAFを加えて操作ができるとチルトEVFでなくてもいいんですよね

 

液晶面の反転保護だけじゃなくて、EVFメインのカメラは液晶は消せる、隠せるほうが機能美があるし、反面、液晶で撮るときはウエストレベルでクイックに撮れることなので、スライドタイプよりα55のような下ヒンジのほうが断然クイックにつかえるのは経験値です


その点、待望のEOS M5もGX7と同じスライドタイプで反転できなさそうだし、個人的には残念賞

M5は、EFレンズが純正アダプターでつかえることやAPS-Cセンサーであること以外GX7Ⅱより優れていると感じる点はひとつもなく、動画に関してもEOSムービーに関してもせっかくフルHDで60Pなのに35Mbpsどまりだと28MbpsのAVCHDと大差なく、GH4にAF対応マウントアダプターつかうほうが断然高画質動画が撮れる

P1730574_DxO

ソニーとフジフィルム、オリンパスには手を出さないと決めているので、LUMIXびいき、かつEOS応援派のつもりなのですが、スチル写真撮るのって、ミラーレスのほうがやっぱりいいんですかね?

IMG_9396_DxOX.jpg

個人的には8000Dに80DのAFが入ってくれたらEOS Mなんて要らないと思ってるのですが、X7サイズのままEVF化とセンサーシフト手ブレを入れてくれたららきっと買います

IMG_9533_DxOX.jpg

一方で、LUMIXもいかつくなったG8に、こんどのGH5もひとまわり大きくなるようなので、G&GHは通勤スナップカメラからは遠ざかりつつあります。

パナソニックLUMIX GX7 Mark II(3/3)
デジカメWATCH

GF9はセンサーシフトを端折られちゃったから、GMも同じでしょうし、そうなるとスナップモデルはGX7Ⅱが長寿命でポストGX7の本命になるんでしょうが、モードダイヤルにはやっぱり回転ロックボタンは付けてほしかったかな

P1730592_DxO
GX7 45-150


タグ:GX7

GX7 Photomatix トーンマッピング [LUMIX G/LX]

このところ平日はすっかりネタなしなので、久しぶりに南新宿へ寄り道してきました
P1730548_tonemapped.jpg
GX7 G20mm F1.7・1/60秒 ISO320 RAW-Photomatix Essentials

GX7は日中撮影での基本感度でもノイズリダクションをオフにして現像したり、暗部を持ち上げるとノイジーな印象があるのが気のせいなのかどうか

P1730550_tonemapped.jpg
ISO250

G5やGM1は基本感度の160に対して、ダイナミックレンジ確保のために基本200、拡張125にしているのですが、GH4でも感じていたことなので、ダイナミックレンジ確保のためにベースのS/Nを犠牲にしているのが最近のPanasocic製センサーの特徴なのかもしれませんが、画素数増やしたGX8や今度のGH5もどうなるんでしょうね

P1730561_tonemapped.jpg

Photomatixは、簡易版のEssential=3,980円が出ているので、そろそろライセンス登録しようかといまだテスト中

P1730545_tonemapped
ISO200 Photomatix-Photoshop

自分の場合は本来の複数画像から生成するHDRではなく一枚画像から加工することがほとんどなので、フォトショップののHDR機能や階調補正機能で似たようなトーンもつくれたりするので、どうしもて必要なソフトではないと思ってましたが

P1730564_tonemapped.jpg
ISO400

Photomatixの照明効果を一発で掛けられるので、失敗画像や冴えない画像をSNS用に、ぱぱっと仕上げるにはもってこい

P1730564_DxOPsd.jpg
Photoshop

・・・と宣伝したからといってライセンスキーをもらえるってわけではありませんが、なんでもないショットが印象的になるのでRAW現像なんて大差ないし面倒くさいという方にも入門用のEssentialはおすすめです

P1730542_tonemapped.jpg

今回の掲載写真はすべてISO400以下でRAWから直接Photomatixで出力してノイズリダクションは掛けずにフォトショップでリサイズやホワイトバランス等を調整したもの

P1730541_tonemapped.jpg

話をもとに戻しますが、GX7のJPEG出力はディテールは切り捨ててつつも、かなり巧みなノイズリダクションでISO400ならノイズレス見えますが、暗部トーンをいじったりNR処理パスさせるとフルサイズやAPS-Cよりもきびしさが見えてくるということ

P1730566_tonemapped.jpg
ISO400

今後のLUMIXもフォーサーズ4:3を固執せざると得ないままいくとすると動画16:9で6K対応になると計算上は2000万画素じゃ足りないようなので、発熱問題と裏腹に基本感度画質は厳しくなっていきそうな感じでしょうか

  • パナソニックGH5の6Kはフォトモードのみになる?(デジカメinfo

前の10件 | -