So-net無料ブログ作成
検索選択

LUMIX お手軽・最強イルミネーションムービーGH2の実力 [LUMIX G/LX]

天皇誕生日
GH2をもってひさしぶりに古巣「みなとみらい」へ

P1030596.jpg
LUMIX GH2 14mmF2.5

去年まで勤めていた勝手知ったる「みなとみらい」でのGH2デビューです
写真も撮りましたが、お目当てはHDムービー撮りです

空いてる横浜美術館にクルマ置いて、勝手知ったる撮影スポットを回って赤レンガ倉庫まで歩いてシーバスで戻るルート
この日は、ナビオス前の運河パークでキャンドルイベントやってました

そんなわけでGH2ムービーを、拝借したBGMの尺に合わせてカット編集してみました
お暇な方はジャスト3分間お付き合いください 
「前編」

GH2と14ミリと20ミリのパンケーキ
ビデオカメラと比べても遜色ない明るさとワイコンレスで28mmワイドを確保できるコンビです

レンズそのものがポケットに収まる大きさと軽さなので交換、片手でレンズ2本を持てるくらいなので楽チン
2.6倍相当にクロップできる「EXテレコン」をつかうと、それぞれ70ミリ、100ミリ相当でもフルHDで記録できます

GH2のバリアングル液晶は、背の低い小型ジッツオ三脚でもストレスなく、軽量ボディ&レンズの取り回しのよさは、EOSムービーフルサイズセットとは比べ物になりません

三脚ごと持ち上げて安定した手持ちVF撮りや、三脚のまま移動>設置>撮影のテンポがすばらしく快適です
手抜きのスチルとの切り替えも、カスタム登録した隣り合ったモードダイヤル切り替え済むのもGH2の実用性の高いところです

この前に息子とふたりでクリスマスツリーの飾りつけをやったのは14-42ズームで手持ち撮りしてるんですが、明るささえ確保できる手ブレ補正付きの標準ズームがラインナップされるとGH2もよりビデオカメラ以上に快適に手持ち撮りできるんですけどね
番外編 GH2ムービー「クリスマスツリーの飾りつけ」

「シーバス編」
いつもの「ちょい乗り」シーバスも

シーバスのムービーバックナンバー

1年前のGF1に比べると同じレンズでも圧倒的に進化を感じますが、16ミリのEOSムービーとの比較では、シーバスでもナビオスの要所要所で広角不足を感じました

Lumix用の広角としては、7-14mmがラインナップされてますが開放F値が暗いこととフィルター類を付けられないのが夜も昼もムービー用途には向かない気がして手が出せないまま(高いしね)

どうせならアクセントとして次は、フィッシュアイをそろえておきたい気持ちは変わらない

かたや望遠側にも明るい玉がなく、こちらはマウントアダプターで他社マウントで補うしかありません
いちおう借り物のキヤノンの60ミリマクロをもっていっていたのですが、それでなくとも息子とママに置いていかれる状況ではじっくりMFなんてやってる余裕がありません

P1030640
20mm F1.7 ISO400

この日は、オブジェのような月がでていたので、三脚カメラお父さん達が望遠で狙ってましたけど、
キヤノンの135ミリを持ってきてればGH2に付けて、意外につかえる「EXテレコン」で狙ってみたかもしれませんが、大口径&中望遠のLumixズームもラインナップしてほしいものです


こんな感じでGH2ムービー@みなとみらいデビュー戦

ムービーついでのスチル撮影は全部で70枚ほどの手抜きでしたが、撮りなれた「みなとみらい」を撮ってみた感じではいくつか気になるところもありました

まずは換算28ミリのパンケーキの露出
P1030588
Photoshop補正
プログラムAE・評価測光だ露出がかなりアンダーになりやすいこと
GRの露出とはだいぶ感じが違います

また、GRとの比較では、感度設定とカラーモード変更などの操作が三脚に乗せると、ボタンが小さくやりづらいことも気になります
ボタンそのものの大きさや押し具合がGRほどしっかりしていないこともありますが、やっぱりGH2の小さい十字キーは慣れてもブラインド操作ができるまでには習熟できていませんね

なお、自分の場合、GH2のムービーでは動画専用ボタンを使わずに、「カスタム3」を動画専用モードで設定をメモリーしてシャッターボタンをトリガーになる「S優先モード」で撮るようにしているので、同じようにカスタム設定しているスチルと動画を交互に切り替えるような使い方をしていくと、動画に切り替える前にスチルで設定したEV補正や感度、カラーモードも毎回が元に戻るのが面倒だったりします
P1030608psd
カスタム2 3:2 プログラムAE 感度オート(1600)
また動画でもスチルから切り替えると、その前につかっていたカラーモードが毎回メモリーしているカラーモードに戻ってしまいます

動画ではスムースを基本にして、派手目に撮りたいときはネイチャーやバイブラントにしたりしますが、この日は面倒なのでこのカラーモードを「シネマ」にしてから、C3に登録しなおして毎回シネマカラーになるようにメモリーし直しました

P1030612
カスタム1 4:3 プログラムAE  ISO160 
このあたりは、EOSでも似たような不便さを感じるんですが、GH2の場合はもともと操作性がよいだけに、ちょっとしたところが不満に感じ易いのかもしれませんね

P1030621
カスタム1 4:3 プログラムAE ISO160
なお、F1.7とF2.5のおかげでGH2の感度オートの夜景画質もそこそこいけますが、かなり暗い赤レンガなどの壁面などを撮るとカメラまかせの感度だと一発で破綻しますから、三脚に載せている以上長秒になっても基本感度で撮りたくなるのは、どのカメラでも同じですね

www.flickr.com
bebe1998jp's 20101223MINATOMIRAI photoset bebe1998jp's 20101223MINATOMIRAI photoset

余談ですが、今月のビデオサロンの、60DのEOSムービーとNEX-VG10とGH2の比較レビュー


12924152852011_01_04.jpg

レポーターの好みやつかい方によって評価を鵜呑みにできないのは毎度のことですが、GH2の動画時のレスポンスの悪さを指摘している一方で、つかいやすさや画質の傾向に関する印象はほぼ同じ

60Dと5Dとの使い勝手は個人的にはまったく別モノだと思ってますが、小型軽量やライブビューファインダーの有無だけでなく、GH2はビデオカメラとしてつかい易さと画質のバランスは、民生用の小型ムービー、デジイチムービーを含めても頭みっつくらい抜けてます
P1060312psd


もちろん、画質トーンや画角、フルサイズならでも被写界深度を含めてレンズがつかえる5DのEOSムービーよりも優れているというわけではありませんが
P1030614psd
フルサイズに比べて1/4のマイクロ4/3センサーの絞り開放での被写界深度も遠景動画では、シャープな画質傾向とあいまって、夜景でも輪郭がすっきりした動画が撮れるのがGH2の個性ですが、上の写真のような広角でのボケはEOSでないと撮れないことも事実

※上の写真はアウトフォーカスと手前のネオンのフォーカス写真を合成しています
P1030614psd P1030615
どちらも絞り開放のF1.7 CMで売りにしているタッチぼかしコントロールは、14mmのF2.5なんかじゃよほど距離感がないとほとんどボケませんから半分インチキですよ

おそらく、F0.95の25mmレンズをもってしても、この構図は撮れないんだろなと思いつつ、EOSムービーに24mmのF1.4をつかってみたい気持ちはいまだありますが、LUMIXムービーの長所短所を考えつつ、今年のデジイチの1年を自分なりに振り返ってみる一日でした
P1030616.jpg
GH2 14mmF2.5 タッチシャッター

今年も残りわずかですが、結局この夏もパソコン強化は見送りのまま
HDVとPremierePro用に強化した以来、停滞したままの我が家のPenitium4とXPパソコンも、いまや自分でアップロードしたYouTubeのHDムービーもまともに再生できないし、EOSのRAW現像もかなり待たされる状態のまま

とはいえ、ビデオサロンで編集ソフトの特集記事を読みつつも、EOSムービーはMPEG2に変換しちゃえばストレスなく編集できるし、AVCHDネイティブもビデオスタジオX3のプロキシ編集でYoutube用ならちょちょいとすぐできちゃう

1292332055vs_top_visual2011_01.jpg

新 しいEdiusNeo3のEOSムービーやAVCHDをSDカード用に書き戻してDIGAに取り込んだりする機能も検証済みですが、フルレンダリングで画 質はいまいちだし、そもそもカノープスのエンコーダーは画質劣化が気になるので、Youtube程度なら個人的にはビデオスタジオX3とPegasysの MEPG2エンコーダーとBDオーサリングのほうが断然オススメ

P1060313psd
ペガシスといえば、最近、EdiusでMPEG2エンコーダーがつかえるプラグインも発売されたし、処理は重そうだけど編集機能が強化されたエンコーダーの新製品 MasteringWorksも発売されたので、来年はPC強化もしてみたい気もしますがどうなりますかね


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

木坂優介

をやっております木坂と申します。
この度、番組で箱根を特集することになり、箱根の桜の映像を探していたところ、貴殿が撮影された映像をYOUTUBEで見つけました。
映像が奇麗だったというのもあり、
もし、可能であれば番組で使用させて頂けないかと思いメールをさせて頂きました。
映像をお借りする事は出来ますでしょうか?
唐突で、説明も不十分だと思いますでのまず、メールでご一報を頂けると幸いです。
kisaka@mo-green.net
本当に突然で申し訳ありません。
宜しくお願い致します。
木坂
by 木坂優介 (2010-12-30 01:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0