So-net無料ブログ作成

2017年 桜一号 [EOS 6D]

寒いし、お花見会には早いのですが、前から予定されてたイベントに参加IMG_4004.JPGEOS6D EF17-40mm

桜あんの団子をいただきました

IMG_3976_DxO
EF17mm F9

去年よりもわずかに出遅れてる感じでお花見と撮影は、まだもう数日といったところでしょうが、 ようやく春らしくなってきました(寒いけど)

IMG_3970_DxOEF135mm F2.0

望遠レンズは枝の重なりとか、二線ボケとか意識しながらフレーミング

IMG_3975_DxO
17mm F7.1

周辺が流れる宿命からは逃れられない17-40ではありますが、周辺を深度から外すなどのフレーミングと絞り値を意識して撮れば重くて高価なF4のISや新しい16-35にしたいという気は起きません

IMG_3993_DxO
135mm F4.5

いずれにしても先にフレーミングしてから測距点移動が事実上できない6Dなので、中央一点でAF/AEロックしてからフレーミングを切り離して撮るオーソドックスな手法になりますが

IMG_3990_DxO
135mm F2.5

撮影距離が近かったりコサイン誤差がでてくるのでAFロック後にレンズを振れる範囲は狭いのが広角でも望遠でも6DのAFモジュールの欠点ではありますね

IMG_3989_DxO
135mm F6.3

F2.5とF6.3の絞りと背景ボケを比べると、深度が浅くなっても、開放で後ろの枝をぼかしきっちゃったほうがいい感じかな


IMG_3991_DxO

バックナンバーを見返すと1年前よりも咲き始めがちょいと出遅れてる感じですね 

IMG_4006_DxO

去年は夏まで錦糸町が勤め先だったので、錦糸公園で毎朝都内の開花状況をチェックできてたのですが

IMG_4005_DxO 

今年は品川の海側ってなんにもないんですよね

IMG_3979_DxO

1DXではなく6DとEF135mmとのコンビネーション。中央一点、親指AF・サーボで対抗してみましたが、しゃぼん玉を捉えるのはさすがにきびしかった

IMG_3985_DxO

それでも、望遠レンズをレンズポーチごとトートバッグに入れてきてよかった

IMG_3986_DxO

いまのレンズラインナップは、望遠系が135ミリ、200ミリが単焦点で広角~標準系が17-40と24-70ズーム

IMG_3987_DxO

ISがないし、望遠のときに引けないとかの不自由さがないわけではありませんが、ズームでは重くなってしまう大口径望遠を持ち歩くにはEF135mmは気に入ってるのですが、やっぱり6Dでは使いづらい

IMG_4011_DxO

EF135mmは1DX用に調達したものですが、こんどはKissでもゾーンAFができる時代に突入するので6DのAFモジュールはやっぱりさみしくですね

IMG_3998_DxO

ま、親指AFへのカスタマイズの切り替えが手早くできたり、ブレの押さえ込みの高速シャッターと絞り値で遊ぶには、Mモードと併用したりと使う側にそれなりに熟練を求めてくる旧世代のカメラでしょうか?


タグ:
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0