So-net無料ブログ作成
検索選択

アウトレット戦利品 クールマン ベルトポッドマルチセット [ACCESSORY]

CP+のアウトレットのエツミコーナーで見つけたカメラサポーターP1730832_DxO(retina).jpg

ラストワンの箱なし現品で500円負けてもらって7000円で入手。Amazonだと18000円ぐらいなので1/3ぐらいで入手

 08261843_57c00f2cde207.jpg

ちょうど長年つかっていたカムコーダーサポーターが壊れちゃってたのでちょうどよし

P1730833_DxO(retina)

はじめは、このクッションの意味が解らなかったのですが、翌日に「CULLMANN」で検索してみて、この腰に巻くセットだけでも売られていることに気づき、レンズに傷を付けないためのクッションだったわけねと合点がいきました

P1730831_DxO(retina)

いくぶん頼りないシューですがコインでねじ込むタイプ

P1730842_DxO(retina)

果たしてこんな風につかうことはあるのか↓

614ltZFEMPL._SL1200_.jpg

試しにやってみると、ちょっとガンマン風でいい感じでした

P1730840_DxO(retina)

さて、これが本来のキットです。

P1730838_DxO(retina)

腰に巻くところがもひとつさえないのと、カメラをシューから外した後、ポールユニットを付けたままだと、驚異的にみっともない状態になります(^^)

IMG_3824_DxO(retina)

それでも、スタビライザー効果云々よりも、1DXや6Dで24-70を長丁場で手持ちムービー撮影でも楽々いけるはず

61bMqXjKjiL._SL1200_.jpg

これは、さすがに(^^)

71M9dYpZ+GL._SL1200_.jpg

これは、ありかも??

P1730844_DxO(retina)

セットのボール雲台がしょぼすぎるのと、ロック機能がどことなく頼りなさを感じますが、一脚代わりの望遠レンズでのサポート機能いくぶん安定することも確かなので、一家に一台あってもいいアイテムか(^^)

P1730839_DxO(retina)

レバーが折れちゃってからしばらくつかっていないマグネシューキット

IMG_3769_DxO

CP+で思い出したので、たずねてみたら部品で取り寄せが可能とのこと

http://www.slik.co.jp/discontinued/4906752360019.pdf

シュー固定レバーセット 650円・・・さてどうやって取り寄せるのか?ヨドバシに相談かな?


CP+2017 New EOS KISS X9i タッチ アンド トライ [CP+]

CP+2017 Canon製品 タッチアンドトライブースAF6Z8700_DxO (1).jpg

ニューKissX9iを触ってきました

AF6Z8701_DxO.jpg

80Dのような多点&ゾーン測距点を積んできた最新Kissは9000Dとともに個人的には今回一番の注目モデル

なんと、キットズームの18-55mmが小さく軽く、新しくなってます

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s18-55-f4-56is-stm/

18-55mmは各世代ありますが、こんどのはSTMでも、F4-5.6なのが目印ですね

mainx9.jpg

「違いはオートフォーカス」 瞬間オートフォーカス!

x9gif.gif

うーむ、リアルタイムでみているからシャッターチャンスに強いってのとAFってのは別だと思っちゃいますし、そもそもEOS Mは??

それでも、80Dライクな測距点を小さいX9や9000Dで出してくれたことにはウェルカム

45pointx9.jpg

願わくば、X7サイズのまんま、ブルートゥースと、このAFモジュールで出してほしいところですが、もっといえば80Dと同じサイズの6Dの後継機のほうに期待ちゃいます

もっともフルサイズだとこのカバーエリアの広さは無理でしょうが、それでもいまの6Dの実質上真ん中一点でしか撮る気がしないよりはマシでしょう

color-tracking-af.jpg

なお、測距エリア専用ボタンが上面にあるものの、やっぱり5Dや1Dのようなマルチコントローラーに慣れている身には、この45点の測距点を操るのに戸惑いました

測距エリア選択ボタンを押してからタッチパネル操作も可能なのに、LUMIXのような感じにはならずに、感覚的にしっくりこない

このあたりは習熟なのでしょうが、ファインダーを覗いたまま自由に測距エリアを選べるミラーレスのほうが測距エリアを選ぶまでは、GH4のほうが早いし、OM-Dもきっと早い。そもそも、M5はどうなんだろうか?

肌色検知による露出制御とフォーカスフォローは、Kissとしては目新しいけど、瞳検出のLUMIXやオリンパスに比べて、どこまでオートエリアが使えるのかは1DXユーザーとしては疑問

大口径や大きなセンサー、画素数が増えただけ、このようなフレーミングで目にピントがきてるかどうかは重要なとこなので、やはり信頼しきれないオートエリアより、任意測距点の選択の洗練度はレフ機でも、ミラーレスでもカメラ選びの重要な基準だと思います


かたやライバルとなるPENTAX KP

AF6Z8693_DxO

そもそもタッチパネルですらないし、過去唯一のミラーレスK-01よりもワンテンポ遅れるAF測距点移動のストレスもなんにも変わってなくて、K-5ⅡやK-50とどう違うんだろかという印象のままで

AF6Z8692_DxO

もちろん、20-40ミリという防塵防滴でルックスのよいズームと組むと高級感とタフ感の男らしさがKPにはありますが、これもやっぱりどうせならK-1がほしいなと思ってしまいます


1DX MarkⅡのトライゾーン
AF6Z8702_DxO

自前の先代1DXとEF135ミリで、普段つかわないサーボAFにトライしてみましたが

AF6Z8601_DxO

5連写したところでは最後のコマまでまったくナンバープレートをフォローできてなかったのは腕とセッティングのせいでしょう


ムービー

IMG_3770_DxO

Cモデルはさすがにただ見るだけですが、こういうところにくると動画撮影アイテムがいろいろつかってみたくなります

IMG_3775_DxO

スタビライザーやモニター、マイク、LED照明に三脚まで動画サポートグッズは楽しい

IMG_3772_DxO

6Dもねぇ、動画フォーマットが30P止まりであることは確かですが、MFでフォロースルならAF性能は不満はありません  

AF6Z8600_DxO

この1インチセンサーのXC10はちょいと気になる存在ですが、ドローン用途がメインなのか?

IMG_3773_DxO

そんな感じのCP+2017

IMG_3761_DxO

アウトレットコーナーでは、珍しいグッズを買えて今後の撮影がちょいと楽しみ

続きます


CP+ 2017 [CP+]

今年もいってきましたCP+AF6Z8691_DxO.jpg

今年は特段マークして新製品もないけれどもも、キャンペーンガール撮影メインで、17-40と135ミリの二本で乗り込んできたのですが、 135ミリはやっぱり長すぎました

SONYブースAF6Z8622_DxO.jpg

それと主要メーカー各社とも「撮影は展示製品だけ」って管理がきびしくて、窮屈になりましたが、まそういうサービスは得にならないってことなんでしょうね

2年前のSONYブースIMG_8264DPP.jpg

レイルマン先生はいろんなところで講演してました

AF6Z8617_DxO.jpg

AF6Z8676_DxO

 

 


そんなわけでブログでレポートするようなネタもほとんどなく、135ミリと1DXでの中距離ポートレートショット

AF6Z8613_DxO

まずはキヤノンブース

AF6Z8610_PTR

キヤノンカメラとレンズだから、注意されることもなく目線もちゃんといただきました

AF6Z8611_PTR

とはいえバストショットまでかなり離れなきゃいけないので、声をかけて目線をもらいつつ 前を通る人の間隙をぬいながらのショットがなかなか難しいコミュニケーション力が求められます(^^)

AF6Z8626_DxO

東芝はフラッシュAir系の製品とモデルを自由に撮らせてくれてサービス満点

AF6Z8562_DxO

番外編。いい体と肌色してました(^^)


去年も人気だったSIRUIのモデルブースIMG_3777_DxO (1)

今年はマーメイドコスチュームで可愛かったのでもっと近寄りたかったけど、遠目から

AF6Z8628_DxO

アクセス数の多いブログじゃありませんが、ロゴもちゃんと入れ込ませていただきます>多謝


SonyもPanasonicもタッチアンドトライ場所からじゃないと撮影できないように工夫されていて

AF6Z8621_DxO

遠目からロングショットが精一杯

AF6Z8590_DxO (1)

PanasonicはGH5のタッチアンドトライに並ぶほどの関心はなく、今年の売りはGF9はインパクト弱すぎだし

AF6Z8593_DxO

歴代のLUMIXシリーズと純正レンズのほとんどすべての製品をつかってきたユーザーになにかサービスはないのか???

AF6Z8717_DxO

歴代のGHシリーズの展示されていたのを見返してきましたが

AF6Z8710_DxO

GH1からGH4まで歴代GHはすべてつかってきています

AF6Z8713_DxO

EOSムービーと固定画素テレビ全盛までのインターレースのフルHD時代には最強だったGH2の勇姿を拝むものひさしぶり

AF6Z8714_DxO

GH2は、予約して発売日に購入した唯一のPanasonicカメラですね。当時はそれぐらいインパクトのある仕様でしたが、いまは4K60pはいいけど、いかんせん肥大化していくGH&Gシリーズ

AF6Z8690_DxO

数年前は端っこのブースにひっそり展示されていたドローンやDSLR系の撮影グッズもいまは主役級

IMG_3774_DxO


ラストショットは、毎年素敵なタムロンブースのおねえさん

AF6Z8695_DxO (1)retina

45ミリのF1.8はそのうち購入します!


タグ:CP+

故人を偲んで [LUMIX G/LX]

京急沿線の商店街
P1730826_DxO
GX7 20mm

故人を偲んでお向かいのお店で飲んでました

P1730827_DxO
GX7 20mm 

この場では最若手だったので、酒代は要らないと言われました。いくつになっても先輩は先輩なんだなあ

P1730825_DxO.jpg
GX7 20mm 

今度、かっこいい遺影を撮ってほしいと頼まれました


ピクチャースタイル・標準ズーム [EOS 6D]

日曜日の由比ヶ浜
IMG_3757DPP.jpg
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ USM

青空はDPPのピクチャースタイルで・・・

IMG_3759DPP
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ USM

迷ったけど、レンズ一本だけなら広角ズームより標準ズームで正解かな??


フィリピン土産のカメラバッグ  [Photo&Life]

フィリピンで買ってきたカメラ用バッグ

IMG_3681_DxO(retina).jpg

確か1000ペソに値切って買ったそもそも知らないブランドの偽物なんですが、調べてみると、5.11 TACTICAL SERIES(ファイブイレブン)というミリタリーブランドでした

P1730815_DxO(retina).jpg

ま、とりあえず6Dをレンズ付きで入れるにはなかなかにジャストサイズ

IMG_3595_DxO

フィリピンからの帰りにも、こいつに6Dと24-70を入れて家まで帰ってきました


IMG_3602_DxO
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ

Ninoy Aquino International Airport

IMG_3629_DxO

フィリピン滞在中に食べ損ねた本場のバナナ。空港のスタバでようやく食してみましたが、いつもと同じ味でした

IMG_3630_DxO

帰りはひとり帰国だったので、出発までの時間つぶしも退屈ながら、

IMG_3637_DxO

とりあえずフリーWi-FiでLINEで連絡を取れたりできました

IMG_3638_DxO

リモートの自撮りは露出調整がわかりづらくてLUMIX用に比べてもうひとつ使い勝手はよくないかな

IMG_3619_DxO.jpg
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ


フィリピン 広角スナップ [Photo&Life]

帰国して一週間IMG_3536_DxO.jpgEOS6D EF17-40mm

あらためてじっくり現像写真を見返してみると

IMG_3524_DxO

6Dや1DXの画素数では、等倍チェックでもそれなりにピシッとしていて実力は価格以上か?

IMG_3535_DxO


夕日の撮影のあと、マニラ市街を散策してみる

IMG_3549_DxO

開放からビシっとくるレンズではないものの、広角側でもテレ側でもF4をキープできる

IMG_3554_DxO

6Dだと測距点と中央部以外の測距点でのAF精度でに心もとなさがあるけど、まあブレてもピント甘くても街中スナップはアングル第一

IMG_3550_DxO

見知らぬ街をぶらつくには軽くて機動力のあるレンズとカメラはやっぱりいい感じ


 

IMG_3564_DxO

フィリピン最後の夕食は、一風堂のいつもの白丸でした

IMG_3561_DxO 

従業員教育がすばらしくて、元気も愛想もよかった店員が印象的でした

IMG_3570_DxO

広角ムービー用に調達してとりあえず役目を終えたEF17-40ですが・・・

IMG_3580_DxO

三代目の16-35のF2.8は買えそうもないし、せっかくのコンパクトさを活かして、キットレンズ的な割り切り以上の力はあるのでこのままスナップレンズとして延命決定です


IMG_3400_DxO.jpg


フィリピン初日 テーブルフォト [Photo&Life]

フィリピン入り、初日P1730763_DxO (1).jpgGX7 20mm

朝9:20に成田を飛び立って、時差マイナス1時間のマニラ到着が13:25なので約4時間のフライト

P1730755_DxO

成田までは始発でスタートして、まだ寒い6時前の新宿発の遠くて眠いし、国内線しか乗ってないので4時間手のは長いし慣れない旅はくたびれますが、はじめてのフィリピンディナーは、フィリピン料理を食べさせてもらいました

P1730762_DxO

場所もまったくわかんないけど、治安のよさそうなショッピングモールでしばらく順番を待って入店しただけあって人気のお店でしょう

P1730766_DxO

ホテルにチェックインしてはじめての外出なので身軽にいこうかとカメラはGX7

P1730767_DxO

ここにくるまでの車窓からみる夜の街がいかにもアジアっぽくて、GX7では撮りきれずカメラチョイスミスでしたが、テーブルフォトならGX7でしょう

P1730772_DxO

基本的に「茶色」と「淡色」なので、実際の美味しさを写真で表現するのが難しい素材感ですが、どれも美味しくいただきました

P1730776_DxO

もっともフィリピンぽく感じたのは、このスープ

P1730777_DxO

予想をはるかに上回る、トムヤン風の味が濃くて酸っぱくて、こりゃすごい

P1730771_DxO

この魚の唐揚も淡水魚風で普通。骨を食べてみようと試みましたが固くてどうにもこうにもって感じでした

P1730752_DxO

いつもは食事中はアルコール以外の水分を一杯とるのですが、飲食店の「氷に当たる」かもって注意されてたので、コップには口はつけませんでした

P1730724_DxO

ま、このお店は欧米からの観光客も多そうだし水も氷もまあ大丈夫なんでしょうが、貝を食べてたので「平気だったか」と翌日、現地スタッフにも心配してもらいましたがとりあえず平気でした

P1730732_DxO

入店待ちのあいだに見かけた子猫

P1730734_DxO

感度800リミットにしていたGX7では動きものを追っかけるのはちょいと苦しかったけど、 自然な感じとネコがテーブルに寄ってくる感じがフランクな感じさすが日本とは違うと思ったものの、

P1730738_DxO

翌日以降に気づくことになるのですが、フィリピンだと、犬もネコもそこいらにいても誰も気にも止めず、構うこともなく相手にもしてなくて、自分のようにネコを追っかける方が不思議がられるくらいだという感じでした


GX7と20ミリで撮る夜のフィリピン車窓フォトP1730708_DxO

日本だったら、即刻、デリートしちゃうようなショットなんですが、

P1730696_DxO

微妙な動感もあって捨てられず

P1730699_DxO

カメラは借りてきたF1.4の35ミリに6Dだったら・・とチョイスミス

P1730695_DxO

もっともここでクルマ降ろしてもらってスナップするチャンスもなく(やっぱ危険そうだし)、

P1730786_DxO

そんな感じで、初日のフィリピンの夜は、その他もろもろ、様子見がてら更けていきました


フィリピン遠征 [EOS-1D]

フィリピンにいってきました

IMG_2933_DxO.jpgEOS6D EF17-40mm

撮影ツアーといっても観光やポートレートとかじゃなく、現地工場を紹介するビデオ撮影なので、海とかビーチとかのショットはなく、もっぱら車窓からのストリートスナップばかりでしたが、インパクトでエネルギッシュな街でした

AF6Z8347_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

海外に出るのは9年前の韓国出張以来で、パスポートの10年の有効期限もぎりぎり半年残ってました

AF6Z8356_DxO
EOS-1DX EF24-70mm 

今回の持参した撮影機材はビデオ用にの6Dと予備機とスチル用に1DXを機内荷物に持ち込み

AF6Z8368_DxO
EOS-1DX EF24-70mm  

めったに出番のないKATAのスリングバックパックが役に立ちました(バックナンバー

AF6Z8423_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

機内持ち込み用とは別に現地での移動用にトートバッグも持ち込みましたが、旅の準備においてはとにかくバッテリーと充電器は忘れないようにと、

IMG_3185_DxO
EOS6D EF17-40mm

旅慣れてない分だけいろいろ気を使ったりして、正直いくまでのほうがくたびれました

IMG_3231_DxO
EOS6D EF17-40mm 

レンズは、フィリピン用に調達した17-40と24-70のズーム二本とに、タムロン90ミリに借りてきたシグマの35ミリF1.4

AF6Z8419_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

日本に置いてきちゃいましたが車窓スナップは、こんなにずっと渋滞しているんだったら135ミリや双眼鏡を持ってくるべきでした

AF6Z8443_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

そんな感じで、移動中はずっと車窓からレンズを突き出してのスナップですがレンズを向けて文句をいってきそうな国ではありません

AF6Z8441_DxOEOS-1DX EF24-70mm

夜スナップ用にF1.4のシグマを借りてきましたが中央一点でも思ったよりAFが遅かった印象

AF6Z8472_DxO
EOS-1DX SIGMA 35mmF1.4 ART

-3EVを誇る中央測距点の6Dも、PENTAXやPanasonicよりも弱い気もするし、

AF6Z8473_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

実際、1DXとf2.8ズームのほうがAFも早かったというのが印象でした

AF6Z8475_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

ともあれ、今回の撮影ツアーの移動はずっと私有車でドライバーもいてくれるのでカメラはクルマに置いていけるしと、セキュリティ面での不安がはまったくなかったのですが、プライベートだったら6Dと1DXをどっち持ってこうと思うかな??


EOSムービー 日没後のマニラ市街
EOS6D EF17-40mm

パトカーのサイレンのような音は、救急車の音なのですが、街中渋滞でなかなか先へ進めないので、こっちで急病になったらきっとやばいです

IMG_3554_DxO
EOS6D EF17-40mm

男3人で歩いてへんな路地にさえ入り込まなければ、ホールドアップの目には合わなさそうですが、日本とはまったく違う緊張感で臨むべきでしょう

IMG_3524_DxO

最終日は、マニラ湾の夕日見物がてら、徒歩で買い物、夕食、フットマッサージにカラオケにもいってきましたが、さすがに1DXはホテルの金庫に入れてきました

IMG_3535_DxO

6DのGPS情報がやっぱり便利で、1DXマークⅡがほしくなりましたが、GPSユニットだけでも買っておこうかなという気持ちになりました


さて、メインのプロモーションビデオ収録AF6Z8532_DxO2.jpg

現地調達を半分当てにしていたスチル用に三脚の脚は手に入らず、持参したジッツオのトラベル用三脚にビデオ用雲台で臨みましたが、やっぱり剛性感や高さが足りなかったりしましたが、

IMG_1925.jpg

台車をドリー代わりにしたり、本物のリフトに乗ったりと、なかなか手作り感のあるビデオ撮影ができました

IMG_3668_DxO

さて、日本に帰ってきたらやっぱり寒くて、まだ疲れが抜けないのは年のせいでしょうか

AF6Z8514_DxO

ホテルのエレベーターにて、どこにいてもやることはいっしょですね

AF6Z8515_DxO
EOS-1DX TAMRON 90mm(272E)