So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

EF200mm [EOS Kiss・EOS M]

春のお彼岸の三連休。様子を見に行ってきた近所の神社のしだれ桜も、まだまだでしたIMG_4974_DxO.jpg
X7 EF200mm F2.8L

春だしマンネリだし、M6とか9000Dとかつかってみたいなと思いつつ、X7に単焦点望遠を付けて出歩いてみる

IMG_4973_DxO

135ミリF2を手に入れたから、200ミリ単と90ミリのマクロの出番はないかなと思いつつ、三脚座のあるレンズって、1Dを三脚に載せて縦位置撮りとか、APS-Cだと320ミリだしと、安く買い叩かれるより持ってたほういいことありそう

IMG_4977_DxO

手ブレ補正はないし、ちょいと絞らないとキリッとしないEF200ミリですが、シャッタースピード速くして、X7のライブビューのタッチフォーカスだと80Dとか9000Dとかの測距エリアの広さも気にならないかも・・・

IMG_4978_DxO

X7やLUMIXのGMが、海外で人気のない小ささ故に後発モデルが出てこないという真意はさておき、たしかにX7とEF200ミリってファインダーでもライブビューでもけっして撮りやすいわけでなく、できればマニュアル露出でシャッターは高速と絞りはF5.6あたりにコントロールできないと、IS付きの70-200のF4ズームや70-300ズームのほうが描写や、ブレ、AFの歩留まりの点で負けちゃうと単焦点をつかっう利点がなくなっちゃいますからね


春先EOS6D向けスナップレンズ [EOS 6D]

しばらくぶりに散歩がてら近所に買い物へIMG_3884_DxO.jpgEOS6D EF135mm

まあ、無理にカメラを持ってく必要はないのですが、LUMIXのほかに、キヤノンの一眼レフが大中小と三台あるからつかってやらないという気分になるんですよね

IMG_3883_DxO

もうすぐ桜の季節ですが、今年の春は個人的には「持ち出せるフルサイズマウント」の6Dが新しく、 広角から標準は24-70ズームに17-40も加わっているからこれといって単焦点のニーズもなく、

IMG_3887_DxO

望遠寄りもズームこそ持っていませんが、マクロ90ミリから135ミリ、200ミリとそろっていて、不満があるとすればレンズよりも、6Dのほうです

IMG_3890_DxO

6Dって写りはもちろんシャッターフィールも好みなのですが、測距点は真ん中しかつかわないし、タッチパネルのX7にも負けてるし、6Dの欠点を隠すには思い切ってツァイスやフォクトレンダーのマニュアルフォーカスがいいように思うものの、MFとフォーカスエイドでも1DXのほうが使いやすいはずだしと、やっぱりマニュルフォーカスはやめておきましょう

IMG_4957_DxO

やっぱり6Dの機動力と高感度画質を活かすには、28ミリISを買い戻すか、未体験の35ミリISかタムロンのVC単焦点あたりで夜桜スローシャッターの切れるレンズを用意すべきかな?


3.11の記録 [Photo&Life]

6年前の3月11日 15:30R1023508CRW.jpgGRDigital3

この時点では、まさかこんなに大災害だったとは知らなかった時間帯

R1023509_1

とりあえず避難はしてみたものの、このあと帰宅は諦め、オフィスフロアまでのエレベーターは翌朝まで戻らず

R1023511CRW

どの方角への道路も、夜通し、クルマのテールランプが動くことがなかったことを覚えています

R1023521.jpg

このあと、数日してツイッターとフェイスブックをはじめたことも記憶しています


ミラーレスカメラの満貫色機能 [LUMIX G/LX]

大口径単焦点レンズを背面液晶タッチフォーカスで手ブレ補正P1730861_DxO(retina).jpgLUMIX GX7 20mm F1.7 1/80秒 ISO200

アイセンサーが作動しないように上にチルトさせてから液晶タッチ

シャッターの感じがもひとつで、メカ的な撮影フィールは楽しく感じられないGX7ですが、いまどきのデジタルカメラに求めるすべての機能が揃っています

P1730872_DxO

Mark2は高いし、そもそも夜間や室内撮りならミラーレスでビューファインダー搭載モデルは自分には不要なので、長年ウォッチしたままのAPS-Cの「GR」をつかってみたいなと思ってるのですが、F2.8で暗いのに手ぶれ補正もなく、タッチフォーカス効かないのがねぇ

IMG_4958_DxO

まだディスコンではないホワイトのKiss。ミラーレスと比べても軽量でタッチフォーカスもつかえるイケてるリトル一眼レフですが、キットの40ミリやお買い得の50mmF1.8のようなISなしレンズでは手持ちライブビューには向かないし、ファインダー撮りでは測距点が少なく、EVF付きの多点測距やコントラストAFのミラーレスに負けています

IMG_4960_DxO

そうした中、春には測距点を増やした新AFと像面位相差でリニューアルされる9000DやX9はぜひともつかってみたいところなんですが、常用カメラとしてはやっぱりちょいと大きく、正直80Dや6Dとそんなに変わらないかも

IMG_4959_DxO

D3100とNIKON1 V1以降、触っていないニコンですが、EOSに比べて背面液晶がでかくて、キットレンズが沈胴で小さく、大きさの割に軽量さもあってよくできていて、ちょいと気が惹かれるところがありました

IMG_4959_DxO

とくにこれからの必携機能は、Wi-Fi転送から進化したBluetoothでのスマホ連携

すぐに狂う内蔵時計も本体にGPSがなくともスマホから位置情報を得られるってのが新しい?


おまけ

IMG_3224CRWs.jpg

NIKON1の初代V1ってサイズもファインダーもスタイル的にはとってもいいカメラだったなあと見返してみましたが、タッチフォーカス、手ブレ補正、手ブレ補正も明るい単焦点もなかったりと、「夜」や「室内向け」ではなかったですね

IMGP6576_DxO.jpg

同じくタッチフォーカスはなかったけど操作性抜群で、秀逸レンズが揃っていて、重いこと以外は最強のミラーレスだったK-01

いまからなら戻れる・・・か?でも、K-S2もK-70もKPもねぇ、興味がわかないんですよね

掲載ついでに、NIKON1やK-01のブログ記事のバックナンバーを見返しましたが、

IMG_9685-2_DxO.jpg

同世代のX7やEOS Mも交えて来ましたが、LUMIXも含めてどれも一長一短なところがありましたね

X7はやっぱりこの28mmのISがベストマッチだったので、これを6Dで使い直してもよいかな?という気もしています 


新・旧 純正・シグマ LUMIX [LUMIX G/LX]

GX7に20ミリレンズを委ねてから、出番がとんと減ってしまっていたシェルホワイトのLUMIX「G5」
P1730850_DxO(retina).jpg
撮影:GX7 20mm

シグマの初代DNの30mmF2.8を装着し、東芝Flashair(二世代目)をスロットに押し込み、液晶を反転収納して通勤バッグに入れて持ち出してきました

P1090339_DxO
G5 SIGMA30mmF2.8 DN DxO OpticsPro

テーブルフォトには画角が狭い上に寄れないし、明るさもF2.8なので夜スナップにはあまり向かない初代のシグマDNですが、RAW画像をDxOで現像しようとしたら対応カメラとレンズデータのダウンロードがはじまったので、この組み合わせは、2ヶ月も経つのにはじめて撮ってみたようです

P1090339
JPEG

露出はプログラムAEから-1.3EV。

G5の電動ズーム兼用露出補正レバーは、あらためて使ってみるとっても使いやすい美点のひとつだと思い出す。

P1090340_DxO

LUMIXのGシリーズはタッチフォーカスの先駆者だし、サイズがコンパクトなのにビューファインダーでも背面液晶のどちらでも撮りやすく、G5までのビューファインダーは液晶だけど、GX7のように基本が16:9ではなく4:3なので面積が大きくみやすいのが美点だったりします。

P1090341_DxO

補足すると、G5までは背面液晶も静電容量式ではなく感圧式の旧タイプだし、G3から始まったタッチパッドAFにも対応しているが、相対式は選べず絶対位置オンリーだったりと、旧世代ゆえの使い勝手や反応の悪さはあります

P1090342_DxO

その他、動画は60pのAVCHDには対応しているものの、M動画モードはつかえなかったり旧世代感があるものの、スチル画像の画質はRAWから現像する分には、GX7ともGH4とも差はまったくないかな?と感じているぐらいで不満はありません

P1090343_DxO

その他、LUMIXシリーズで一番好きなところは、カスタム設定メモリで電源オンから起動時の初期設定をメモリできること

P1090344_DxO

カスタム設定をメモリしておける機能はPENTAXのK-01も秀逸でしたが、LUMIXはAFモードを顔認識オートにしておいても、タッチパネルの指一本で一気にフォーカス一点に移行できるし、そのときのAFフレームもサイズまでカスタム設定メモリごとに記録できることは、EOS Mなんかしかつかってなかったら気づかない使い勝手だと思っています

P1090344_DxO

G5のあとは、G6はボディがローコストで造りが貧弱すぎたり有機ELのファインダーが見えづらかったり、G7からはスタイルがふつうのカメラっぽくてLUMIXらしさがなくなり、G8に至っては、ほぼGH4サイズになってしまっているし

でもね、4Kはいらないけど、Wi-FiとM動画はほしいよね、できれば5軸手ブレ補正もね

GX7Ⅱはそつのないカメラなだけに、G5のようなデザイン的な遊び感覚が希薄だし、GF7やGF9はデザインがまったくつまらなくて露頭に迷ってるし、G7、G8は確実によくなってるけどでかくなりすぎ

LUMIXで高感度ノイズは厳しいけどどれをつかっても機能としえはいいカメラなだけに、Gシリーズが正統派デザインの路線を進んでいくのは正直歓迎できないんですよね


ロマンスカーEXEα [Photo&Life]

リニューアル車両をみかけたので、カメラもって近くの踏み切りまで撮りに行ってきましたAF6Z8768_DxO.jpg
EOS-1DX EF200mmF2.8L

こどもが小くて電車と動物に夢中だった頃なら、いっしょに1時間とか電車の見えるところにいたものですが、自分ひとりじゃそんなに「鉄」好きでもないのでさらっとね

AF6Z8792_DxO

オフィシャルサイト
http://www.odakyu.jp/romancecar_exe/

Youtubeみてたら、ファンの方の動画がいろいろ出てきますね



さて、1DXで撮って、iPhoneへUSBケーブルで転送作戦の続き

IMG_2207.gif

スムースな転送のコツは

  1. ダブルスロットで振り分け記録
  2. iPhone転送用のスロットはJpegのSサイズにしておく
  3. Sサイズの圧縮率は大きめにしておくと500KBぐらいで収まります
  4. OTGで取り込むときは、RAW記録側のCFカードを抜いておくこと

これでUSB接続して、「すべてを読み込む」でスタートすると、画像数数10枚ならほぼ数秒でiPhoneへ転送完了

面倒くさいのは取り込まない重いRAWファイルが入ったカードを抜いておかないといっしょに取り込まれちゃうことですね

JPEG用のカードを取り出して、CFカードリーダーで取り込むという手もありますが、1DXからもSNS用に写真が取り込むために6DやGX7等を持ち出す必要がなくなりました

次は、1DX用のGPSの調達ですね


OTG作戦 Lightnig to USB Camera Adapter [Photo&Life]

CFカードダブルスロットの1DXから外出先でiPhoneにOTGで画像転送するケーブルを買いました

IMG_4925_DxO(retina).jpg
EOS Kiss X7 EF17-40mm

オプションのWi-Fiアダプターは高いし、1DXをマークⅡに買い替えるわけにはいかないし、ちょう同じくWi-Fi非対応のX7が実家から戻ってきたので、重かった腰を上げて有線戦法を取ることにしました

  IMG_4938_DxO

白い50cmのminiUSBも買ったので、X7とRAW+JPEGで撮影してさっそく試転送 

IMG_4926_DxO

On The Go って死語なのかと思ってましたが、普通の写真アプリで取り込みができてWi-Fiをカメラ側もiPhone側もオンにして・・・なんてやってるまにつないじゃえばこっちのほうが早いですね 

IMG_4936_DxO

それでも、X7だとRAW+JPEGがLサイズしか選べないので、転送に時間がかかりますが、家に帰って1DXでJPEG=Sサイズのをカードスロット2から取り込もうとしたら、あんまり早くないので、パソコンからiPhoneの中身をみたら、なんとまあカードスロット1のRAWもいっしょに転送されてました

IMG_4937_DxO

写真アプリ以外に、もっと気の利いたアプリがないものかと調べてみるものの、検索結果のほとんどが、「iPhoneの写真をPCに転送」する手順ばかりヒットして、ほしい情報にたどり着きませんでした


せっかくなので、もうちょい寄り道

IMG_4927_DxO

GX7Ⅱのシャッターはやっぱりいいけど、ファインダーがチルトしてアイセンサーを上に向けられないから、やっぱりチルトしてくれたほうがいいなと思いました

IMG_4928_DxO

M5もいいけど、スチルの手ブレ補正が効かないんじゃあ、やっぱり食指は伸びません

IMG_4932_DxO

15-85mmを拝借して、つけてきた17-40を試し撮りしましたが、15-85ってやっぱり割高感を感じます

経験的には、LUMIXのGシリーズにF2.8通しの標準ズームを組み合わせるのがサイズ的にも写りでもやっぱり最強感があるかなと思いました

IMG_4933_DxO

もちろんペンタにも20-40という、ルックス最高なズームとボディ手ブレ補正もばっちりの20-40ズームは、K-5Ⅱsのときに購入を検討して、好奇心からFA31を買ってしまったのですが、

IMG_4935_DxO

ボディが重めのPENTAXには軽いレンズを組みわせたいところです


そんな感じで先週のCP+につづいて、店頭視察IMG_4924_DxO

新製品のトレンドはWi-FiからBluetoothやNFCへ

IMG_4929_DxO

M10っていまとなっては地味感がありますが、ISレンズとさせ組めばいいカメラだと思うんですよね

IMG_4923_DxO
X7 EF17-40mm 17mm F4・1/30秒 ISO250

X7とF4ズームは手ブレ補正もなく、Mと同じく、17ミリ側のプログラムラインは1/30秒を割り出してくるけど、ファインダーで撮れるのと重さがある分、EOS Mと22mmのように、とってもブレやすくて気をつかうという警戒感はさほど高くない

IMG_4920_DxO
X7 EF17-40mm 17mm F4・1/30秒 ISO800

もちろん、X7と組わせてキットズームと17-40を撮り比べても広角側の実力は大差はなく、テレ側が17-40の明るさが効いてくるのが強みで通勤バッグ内での収まりもまずまずです



2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ