So-net無料ブログ作成
LUMIX G/LX ブログトップ
前の10件 | -

LUMIX ダブル単焦点スナップ [LUMIX G/LX]

大黒屋もとい大黒家の天丼をいただいてから、LUMIX片手に浅草をぶらり散策
P1070634_DxO.jpg
GX7 MarkⅡ 20mm
今回は息子不在のふたりの思いつきランチと街歩きなので、EOSを置いてLUMIXだけで出かけてきたので、カメラやレンズだけじゃなくバッグも軽い。
天丼はしっかり撮ったので、浅草だからと、ムリに「撮らなくっちゃ」というような気持ちもなく体も心も身軽でした
P1070632_DxO
20mm
それでもいちおうこの日の撮影テーマは、15ミリを買ってからは持ち出す機会が減っていた20ミリレンズとの撮り比べ
P1070633_DxO
20mm
前日に15ミリだけもって街スナップしていたら、やっぱり標準に近い20ミリのほうがいい絵になりやすいんだろうな思うことしきり
P1070636_DxO
20mm
15mmの2倍の30ミリは、標準よりもやっぱり広角なわけで、たとえば小さいこどもやペットにぐいとよりつつ、周囲の状況を背景にほどよくぼかして入れるような「一歩踏み込む」撮り方や引きの撮れないときにはもってこいなのですが
P1070635_DxO
20mm
横着してあまりフットワークつかわなかったり、混雑する仲見世みたいなところでは、ほどほどに情報が整理できる40ミリから50ミリぐらいのほうがまとまりがよかったりするもので、実際にはレンズ交換しちゃうか、単純に12-35のズームを付けてきてりゃいいわけなんですけどね
P1070637_DxO (1)
20mm
ともあれ、20mmと15mmは解像力も写りの感じもほとんど差がない、いいレンズなうえに軽くて持ち歩きも交換にも負担がほとんどありません

P1070639_DxO
20mm
この携行は、ローパスレスとセンサーシフトのGX7MarkⅡでつかうと、これまでの経験あるGH4までのどのLUMIXカメラより写りも歩留まりもいいです
というかAFや手ブレの歩留まりで外すことがほとんどありません
P1070640_DxO
20mm
そもそも20ミリがあるので15ミリをずっと買い控えしていたのに、去年15ミリを購入に至ったのは、GX7MarkⅡの動画モードの電子手ブレ補正がすばらしくて画角が狭くなることと動画用にAF-Cに対応させるためで、スチルではほんと画角以外の違いはありません
P1070644_DxO
20mm
撮ってきた写真をほとんど載せてますがファインダーでも背面液晶でもカメラそのものの小ささと軽さがフリーアングルで、いかにEOS6Dに軽いIS単焦点を付けても、GX7Ⅱとこの二本のレンズの機動力と自由さには敵わないでしょう
P1070646_DxO
20mm
最近のカメラ関連のインターネットや雑誌記事を読んでると、「一眼レフはミラーレスになれるけど、ミラーレスは一眼レフにはなれない」というようなキヤノンやニコン、あるいはPNETAXを擁護するようなものありますが、
P1070647_DxO
20mm
接眼の電子ビューファインダーをみながら、背面液晶を指でなぞって測距点を自由に動かして片手でも安定して撮れる離れ業は一眼レフにはできませんからね

さて、そろそろレンズを15ミリに付け替えます
P1070649_DxO
15mm F2.2・1/160秒 ISO200
SUMMILUXは絞り優先モードだとレンズの絞りリングで操作できるのが優れものなのですが、自分はPモードしかつかわないので無価値に等しいんですね
P1070650_DxO
15mm F2.5・1/200秒 ISO200
そもそもLUMIXのプログラムラインって、15ミリをつけても基本は1/60秒で極力開放を選択してきます
P1070652_DxO
15mm F2.5・1/200秒 ISO200
これがキヤノンのMだと、たとえば22mmを付けると画角的に1/30秒を選んでくるので、暗いシーンではセンサーシフトの手ブレ補正もないからブレちゃうんですね
P1070654_DxO
15mm F3.5・1/400秒 ISO200
マイクロフォーサーズはLUMIXしか経験がないのですが、絞りによる回折ボケはF5.6から確実に見えてきますから、実際にはF1.7のレンズで中遠景の描写に関しては、開放からF2.8ぐらいに任せて置くのが最善だという経験値はもっています
P1070660_DxO
15mm F4・1/500秒 ISO200
ともあれ、浅草から船で墨田川下りをしようかと思ったものの、時間がありすぎて、そのままスカイツリーまで歩くことにしました
P1070663_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
細紐のため上着の襟にひっかけておかないと、首が痛くなるストラップ以外は軽量なGX7Ⅱ
P1070665_DxO
15mm F4.5・1/800秒 ISO200
こうやって建造物や街並を撮っていくと、20ミリより15ミリですね
P1070666_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
鉄ちゃんなら、横着しないで向こう側の歩道に回って撮るか、20ミリに取り替えて多少整理するかするべきなのでしょうが、ここは横着してよくありそうなスカイツリーと東武電車コラボショット
P1070669_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
スカイツリーのふもとまでやってきましたが、ここは多少なりとも広角がものをいいます
P1070672_DxO
15mm F5・1/800秒 ISO200

そもそも真下に来すぎるとてっぺんがみえなくなりますが、この日は、3:2のEOSショットとの混在もないので、縦も横のどっちの写真もオリジナルの4:3画角のまま現像しています
P1070673_DxO
15mm F3.5・1/540秒 ISO200
なお、ローパスレスのGX7Ⅱになって、カメラJPEG記録の超解像もいいけど、DxO Photolabのレンズブラーで調整して現像した画像のほうが解像感やシャープネスが自然になるのは、JPEG時のレンズの歪み補正がバイパスされることなんだろうなと思いますが、LUMIXと単焦点の能力を引き出すのはDxOがやっぱりお勧めになりますかね

タグ:浅草
nice!(0)  コメント(0) 

浅草「大黒家」天丼デビュー [LUMIX G/LX]

ピョンチャンオリンピックが開幕した2月の三連休
P1070621_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G20mm
むすこがスキー合宿にいったので、嫁さんとふたり、普段はいかないお店へ出かけてきました
P1070604_DxO
15mm
この日のお供カメラは、はじめは1DXを用意してたのですが、たまにはLUMIXだけでいってみようかとGX7Ⅱと20mm、15mmの二本のレンズをチョイス
P1070609_DxO
20mm
LUMIXに関しては長く20ミリをファーストレンズにつかってきているだけあってスナップにはこっちのほうが使い慣れた画角
P1070600_DxO
15mm
いっぽう、30ミリ換算になる15ミリは、歪みはあるものの、あおったり、俯瞰したりするにはいい絵が撮れます
P1070611_DxO
15mm
30分ほど並んだだけで店内へ
P1070613_DxO
はじめてなので、えび天2本とかき揚げの天丼を注文しつつ、
P1070616_DxO
15mm
待つ間に、板わさをいただいてきました
P1070626_DxO
20mm
待つこと15分ほどで天丼登場
P1070627_DxO
15mm
食べログとかでよく見る天丼。20ミリはちょいと深度が浅すぎるかな?15ミリに交換
P1070631
15mm 深度合成
ついでに、フォーカスセレクトで深度合成でも撮ってみるけど、これならiPhoneカメラでいいんじゃない?
P1070607_DxO
というわけで、今回は大黒家の天丼をいただいてきた話でおしまいです

nice!(2)  コメント(0) 

型落ちLUMIXと大口径レンズの実力 [LUMIX G/LX]

最新モデルの東芝FlashAirを買ってからNEX-5を持ち出してきましたが、こんどはもうひとつの旧型ミラーレス
IMG_7846.JPG
撮影:EOS6D MarkⅡ Snapseed
NEX-5と同世代で我が家で余生を送っているのはGF1なのですが、とりあえずタッチパネルとEVFでKissX7亡き後、いちばん小型でグリップしてしっくりくるのがこのG5です
P1110042_DxO
LUMIX G5 SUMMILUX15mm F1.7
14MPのAPS-CセンサーにF2.8の16ミリレンズを付けたNEX-5の「手持ち夜景モード」で撮ったのと同じような構図での撮り比べ
P1110044_DxO
DxOでRAW現像するという前提になりますが、センサーサイズ約半分の面積の16MPとはいえ、レンズの明るさと描写力のサポートもあり、F2.8パンケーキのNEX-5よりも断然LUMILUXのほうが実力は上です
P1110045_DxO
もちろんNEX-5でもRAW撮影したものをDxOのProlabでも現像したとの比較でも感度800以下という条件があればLUMIXセンサーのほうが本来の実力を出しやすい気がします
P1110048_DxO
SUMMILUXの15mmは、もともとはGX7Ⅱ用に買い足したものですが、G5でつかっても描写力は十分ですが、G5とローパスレスセンサーGX7Ⅱの画質の差はJPEGではかなり大きいものの、DxOでシャープネスで細い線を引き出してやると解像感は結構、拮抗してきます
P1110050_DxO
GX7Ⅱに対するG5の利点と個人的な好みは、G5のほうが持ちやすくて電動ズームレバーを露出補正につかえることと、ファインダーのアスペクトが静止画向きで見やすいところ
P1110051_DxO
ただし、それ以外はすべてGX7Ⅱが圧倒的に優れていて、タッチフォーカスが静電容量式で瞳検出もあるし、センサーシフトの手ブレ補正にローパスレスで、JPEGとRAWとの解像感の差は小さく、撮って出しJPEGがノイズリダクションと解像感がいいバランスなところ
P1110053_DxO
NEX-5と同じように、光景のNEX-7やα6500だともっといいんでしょうが、やっぱりセンサーシフトの手ブレ補正と大口径のレンズがあって「なんぼのもの」感もありそうなので、これ以上のNEXシリーズへの投資は一時保留です

タグ:G5
nice!(1)  コメント(0) 

GF1「PURE」 [LUMIX G/LX]

正月3日目の外出のお供のカメラは、普段は眠っているGF1と20ミリパンケーキをチョイスしました
P1050403_DxO.jpg
GF1 20mm F1.7 シーン「ピュアカラー」 DxO PhotoLab
初期世代のLUMIXシリーズのマイカラー「ピュア」。いまのLUMIXには搭載されなくなったモードなのでGF1世代でしか撮れないレアなカラーでしょう
P1050402_DxO
JPEGだけでもなく、DxOPhotoLabで現像しても同じトーンでレンズ補正などを加えて現像ができます
P1050408_DxO
息子とふたり、新宿あたりの書店とヨドバシ視察へ出向きましたが、まあ風がなんと冷たいこと
P1050430_DxO
GF1というか20mmレンズで撮っていて感じたことは、このところGX7と15mmで街スナップしているときは「寄れないのでなんか冴えない」と思うことが多いのに、20mmだと「広角不足を感じる」ことが多いということ
P1050416
もともと20mmはGF1のキットレンズだし、GX7Ⅱは15mmがキットのひとつですが、10mmの違いこそあれど、どちらも写りはいいし、20mmはスチルスナップなら初期型でも性能十分
P1050415_DxO
ただし、カメラのほうが、GF1はタッチ液晶でないため、シャッターをなんども半押ししてフォーカシングしてるし、旧世代液晶は、屋外だととっても見えづらいことも感じました
その点、GX7Ⅱは液晶も幾分見やすいだけでなく、LVFでタッチパッドAFが自然にできるのが進化というものでしょう
P1070176_DxOS
8年前のバックナンバー
P1010349
2010年1月 GF1 20mm
GF1も「タマミ」のことも懐かしいけど、この頃ははじめてのミラーレスや魚眼レンズ、フルサイズ5DとEOSムービーがはじまったばかりの頃で、過去ログもいまよりもずっとカメラライフを楽しんでいるのが懐かしいところです

タグ:GF1
nice!(2)  コメント(0) 

2017年カメラ振り返り GX7Ⅱをほめたい [LUMIX G/LX]

ことし最後の飲み会テーブルフォトはLUMIXで
P1070065_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm F1.7
振り返ると2017年初に初代GX7がやってきて、その後GX7MarkⅡへチェンジし、そしてSUMMILUX15ミリが加わって「通勤常用カメラ」としては、もはやこれ以上、望むべき改良点はないかもというくらいの完成度です

GH2からGH3のあいだが空きすぎたために、LUMIXから完全撤退していた時期もありましたが、中古のG3をもらったのをきっかけにLUMIX復活したのが3年前で

IMG_0346_DxOX

その後、20ミリレンズほしさに、GF1を買い直したり、こどもの中学の卒業式を撮るためにG5、GH3と再びLUMIXへ復帰してきました
IMGP2277_DxO.jpg
さらに、GH4と大三元ズーム二本を揃えてスチルもムービーも強化しましたが、
IMG_9533_DxOX.jpg
EOSを1DXに乗り換えるべく、GH4やPENTAXを整理しちゃって、GF1とG5のオールドLUMIXとGM1だけを残してましたが、去年の夏にLX100を入手
P1080383_DxO(Retina).jpg
LX100は、4K、手ブレ補正、大口径ズームと万能でしたが、電動の沈胴レンズの動作がやや緩慢なところがもうひとつで、EOS6Dと引き換えに短命に終わりました
IMG_2858_DxO.jpg
GX7が発売されたときは、ミラーレスは、KissのX7やEOS MやPENTAXのK-01もあったし、「カタチ」がLUMIXらしくなくファインダーが16:9液晶とGH4とはだいぶ劣る感じだったりで関心がなかったのですが、実際につかってみると安定したグリップや電池の持ち、Wi-Fi搭載と20mmレンズと組んだスナップカメラとしての実用性は抜群でした
P1050374_DxO.jpg
GX7マーク2 2017.5.
というわけで、昔からのLUMIXと最近LUMIXをつかってきた上でのGX7MarkⅡは、やっぱり隙のないカメラで一眼レフ志向の方以外で風景、スナップ、テーブルフォト、あとはレンズ次第でポートレートでもいけるもっともお勧めできるカメラだと思います

そんなわけで、仕事納めの最終日
P1070075
ローパスレスフィルターのおかげでJPEGでもRAWでも解像感があります
P1070074
AEもホワイトバランスもそつなく、広角より15mmの単焦点の明るいけどそこそこの非写界深度が得られて、センサーシフト手ブレ補正とスローシャッターのおかげでISO800に抑えて高画質のままパンフォーカス的にもそれなりにいけます
P1070076_DxO
実際には、わずかに周辺を切り捨てているJPEG画角に対し、RAW+DxO Labとの比較では解像感も差はでますが、比べなければJPEGでも十分以上にシャープでノイズリダクションも巧みです
P1070056
それでも、個人的に改善要望を出すとすれば、シャッターまわりのダイヤルはもうひとつ馴染めないので、前面に独立させつつ、「GR」のようなシーソータイプのレバーで露出補正やISO感度変更ができるといいですね
EOS6DもMarkⅡになって、すばやくタッチフォーカスができるようになっても、ファインダー撮影との切り替えも、バリアングルを開いたり反転させたりするひと手間が、やっぱり惑わず使いやすさの点で元祖ミラーレスに100日以上の「長」があります
あとLVFも3:2アスペクトでもう少し見やすいといんですけどね

nice!(0)  コメント(0) 

ミナミルミ 2017-2018 バスタエリア [LUMIX G/LX]

たしか3シーズン目になるピンクLEDのミナミルミのピンクスポットを避けてバスターミナルエリア
P1060095_DxO.jpg
GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
新宿南口のイルミネーションのキーは、やっぱりドコモタワー
P1060089_DxO
タカシマヤもオープン当初から建物そのものがイルミネーションともいえますが
P1060092_DxO
長年のバスターミナル工事が終わって、ミナミルミ(旧サザンライツ)も、すっかり様変わりしました感があります
P1060098_DxO
撮り鉄も反射するイルミネーションとコラボレーションねらいも楽しめます
P1060100_DxO
もっともまっすぐ撮ると自分が映っちゃいますけどね
P1060101_DxO
今年のタイムズスクエアはクリスマスツリーの代わりに火の鳥が・・・
P1060093_DxO
とまあ、自分にとっての定番スポットで2月までやってますが、やっぱりクリスマスイルミネーションはクリスマス前じゃないとね

ピンクエリアP1060110_DxO
P1060113_DxO
P1060112_DxO
もっとも、ホワイトバランスひとつで、「脱ピンク」は容易いのですが、
P1060103_DxO
このあたりはお好み次第
P1060103
GX7MarkⅡもSUMMILUX15mmのどちらも、今シーズンからデビューですがセンサーシフト補正のおかげで感度400で撮れるし、ローパスレスフィルタのJPEG画質もすばらしいです

nice!(2)  コメント(0) 

15ミリ イルミネーション [LUMIX G/LX]

東京タワーを正面にしたイルミネーションガーデンなのですが、寒すぎて座ってる人は誰もいない
IMG_6162.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm Snapseed/Photoshop
1/8秒のシャッタースピードできっちり止まってくれるセンサーシフトISの恩恵は、EOSシリーズにはない安心感があります
P1060071_DxO
F1.7・1/8秒 ISO200 -0.3EV
DxOで現像すると他のLUMIXレンズと同じく、JPEGでは映らない本来のセンサー画角のままになります
P1060078_DxO
今夜はローアングルも試してみますが、
P1060079_DxO
レンズプロテクターも付けてないけど空にゴーストがでますね
P1060073
先週の飲み会で覚えたパノラマ撮りもしてみました
P1060084
GX7MarkⅡは、すばらしいカメラです

nice!(2)  コメント(0) 

忘年会シーズン [LUMIX G/LX]

今週は忘年会続きで連日午前様でした
IMG_6058.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm Snapseed
居酒屋、カラオケ、洒落たお店までいろいろでしたが、GX7と換算30ミリレンズ一本すべてまかなえました
IMG_5837.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm Snapseed
若い連中に預けたりして撮った写真は、帰りの電車でiPhoneに転送してからSnapseedでHDR処理とリサイズしてLINEシェアといまやカメラとWi-Fi機能は当たり前の時代です
P1060029_DxO
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
通信機能に関しては、GX7はBluetooth待機モードはないけれど、カメラ本体のWi-Fi起動はワンボタンだし、アプリのインターフェースはCanonよりLUMIX用のほうが、まだまだ使いやすく感じます
IMG_5954.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
キヤノンのWi-Fiアプリは、うちのiPhone5s固有の問題なのかもしれませんが、はじめ便利だとおもったBluetoothレディモードもうまくいかないことが多く、結局カメラ側とスマホ側を両方操作しているのが現状ですが、少なくとも初代6Dでは動画とWi-Fiが排他だった頃よりはマシになりました
P1060018.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
あと、はじめてつかってみたGX7Ⅱのパノラマモードは、なかなかにいい感じにつながってくれました

nice!(1)  コメント(1) 

ズミルックス おもはらの森 [LUMIX G/LX]

2017年の「おもはらの森」は、GX7Ⅱとズミルックス15ミリ
P1050676_DxO.jpg
GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm  F1.7 1/25秒 ISO800
オートホワイトバランスだともっと暖色系なんですが、「森」のイメージ的にはこれくらいが好みの仕上げです
P1050682_DxO
15mm F1.7 1/20秒 ISO800
GX7Ⅱと大口径&センサーシフト手ブレ補正のアシスト力は最強
P1050691_DxO
15mm F1.7 1/50秒 ISO800
15ミリの画角は十分とはいえませんが、過去には、PENTAXのK-5ⅡsとFA31でも撮ったときより窮屈感はありません
P1050684_DxO
15mm F1.7 1/25秒 ISO800
柵越しにカメラを突き出せば表参道が俯瞰できるのですが、
P1050690_DxO
二重の壁で体勢がけっこうきついので、この場所はハイアングル対応ライブビューと安定する手ブレ補正付きが活躍するスポットです
P1050679_DxO
15mm F1.7 1/50秒 ISO800
腕を伸ばしてもコレぐらいが精一杯なので、一脚にでも載せてアプリのリモート撮影とかも許されるかな?
P1050677_DxO
15mm F1.7 1/60秒 ISO320
P1050707_DxO
15mm F1.7 1/60秒 ISO640
昔からの元祖イルミネーションの表参道ですが、同じ場所でも向きや画角でにぎやかさがまったく違います
P1050695_DxO
15mm F2・1/25秒 ISO400 絞り優先
この季節は老朽化のため歩道橋も登れないように規制されてるし、平日でも横断歩道で写真撮ろうとすると立ち止まらないように注意されるので、せいぜい1~2秒のシャッターチャンス
P1050696_DxO
15mm F2・1/15秒 ISO400 絞り優先
このあいだ三脚撮影用にカスタム設定メモリしておいた、絞り優先、感度固定モード
P1050697_DxO
15mm F2・1/15秒 ISO400 絞り優先
もう少し引きたいところですが、UT-63Qを通勤に引っ張り出して、風の弱い日にクルマも通行人も流して、トライしてみたいと思います

nice!(1)  コメント(0) 

ウィークデイ 望遠LUMIX イルミネーション [LUMIX G/LX]

2017年のイルミネーションシーズンの主力はGX7ⅡとSUMILLUX15ミリなのですが、サブ用に45-150も携行
P1050704_DxO.jpg
LUMIX GX7Ⅱ 45-150 
望遠側は開放F値が暗いから、画質破綻覚悟で3200以上にしないとブレちゃうので、しっかり撮りたいら三脚かF2.8ズームですね
P1050701_DxO
97mm F5.5 1/20秒 ISO1600
LUMIX用のお手軽望遠ズームは、沈胴タイプの35-100、45-150、45-175の三種類ですが、ほんとのところは35-100のF2.8の、さらにデュアルIS対応がきっと威力は最強クラス

おもはらの森から撮り下ろし
P1050689_DxO
150mm F5.6 1/25秒 ISO800
表参道も200ミリ望遠でぐいっと引き寄せるほうが密度感がでるので、暗い廉価望遠でも三脚をつかえば安定するのですが、柵越しに手をのばして撮るような場所では三脚が万能ということでもありませんね


ドラマ撮影の定番の品川シーズンテラス
P1050645_DxO
LUMIX GX7Ⅱ 15mm F1.7・1/60秒 ISO800
広角標準だと東京タワーが遠すぎるので中望遠以上で撮りたいところです
P1050646_DxO
LUMIX GX7Ⅱ 45-150  45mm F4・1/8秒 ISO800 -0.7EV
90ミリ相当ですが、これ以上望遠で暗くなると手ブレがやっぱりきびしいのと、そもそも東京タワーと距離が離れ過ぎてフレーミングが難しい場所です
P1050640_DxO
通勤圏内でないと立ち寄るのが面倒くさいところですが、シーズンテラスも今年はだいぶ頑張っています
P1050652_DxO

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - LUMIX G/LX ブログトップ