So-net無料ブログ作成

視野率とアスペクトブラケットブラケット [LUMIX G/LX]

前にも触れていますが、GX7 MarkⅡのRAW
P1010709_DxO (1).jpg
GX7Ⅱ 20mm F1.7・1/15秒 ISO400
背面液晶で隙間がでない3:2で記録しても、DxOでRAW現像するとセンサー本来の4:3現像になります
P1010706_DxO (1).jpg
GX7Ⅱ 20mm F1.7・1/15秒 ISO400 RAW 4:3

縦撮りすると横に広く撮れるので、アスペクトブラケットと考えれば、あとから救われることもあるわけです。
P1010706.jpg
GX7Ⅱ 20mm F1.7・1/15秒 ISO400 JPEG

計算すると垂直方向に12.5%伸びるだけのはずが、DxOだと水平方向横にもわずかにJPEGでは切り捨てられるエリアが記録されています
P1010685.jpg
一眼レフでこだわられるファインダーの視野率100%というのものが無意味に思えてくるわけで
おまけネタですが、4K フォーカスセレクト風
P1010681.jpg
ふつうにタッチフォーカスで2枚撮っただけですが、LUMIXのフォーカスセレクトって、画質を4K=800万画素に落としてまでフォーカスセレクトを積極的につかうものか?というのはやっぱり疑問で、スイングパノラマと同じようなギミック機能だと思っています

回折(かいせつ)補正 [LUMIX G/LX]

深度を稼ぎつつ、LPFと回折補正の効果を試そうとF16まで絞ってみました
P1010652_DxO-1
GX7MarkⅡ 20mm F16・1/13秒 ISO400 DxO
って結局はJPEGとDxOとほとんど見分けがつかず・・・
それより感度が400制限にしてるせいもありますが、絞り込みとスローシャッターが手ブレ補正のおかげで簡単に撮れるのがGX7Ⅱのひとつの持ち味なんだなと思いました

GX7 MarkⅡ~マニュアルフォーカス [LUMIX G/LX]

家族3人で焼肉ランチ
P1010631_DxO.jpg
GX7MK2 20mm
GX7MarkⅡで一番押しやすい位置にある「Fn1」は、初期設定だと自慢の4Kの「フォーカスセレクト」になってるのですが、ほとんどつかわないのでWi-FiやLVF切り替えとかにしてましたが、いまは「フォーカスモード」にしています
P1010631_DxOtrim.jpg
Fn1を押してMFモードに切り替え、レンズのフォーカスリングを回すと自動的に拡大マニュアルフォーカスができるので、網の奥の炭火にフォーカスをあわせるのも朝飯前です
P1010629_DxO
画像記録のアスペクトは4:3ですが、Flickrからここのブログにアスペクトの異なる縦画像を貼り付けようとすると水平方向のサイズが違ってくるので、現像時にクロップすることにしました
P1010622_DxO
もっとも、ブログへ貼り付ける写真の順番やサイズとかにこだわってるのは自分だけなんですけどね

GX7 MarkⅡ~夜景ムービー [LUMIX G/LX]

横浜おおさんばしデッキ
AF6Z9432_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40

三脚を持ってきてたので、気になっていた動画時の「電子式」手ブレ補正での画角変化や画質の弊害の有無を確認してみました
撮っているときは気づきませんでしたが、インターコンチネンタルホテルの側面にプロジェクションマッピングしてるんですね
明確に画質や動きに差異はないようにみえますが、Premiereに読み込んでみると、補正マージンのためにクロップされる割合はジャスト10%だということがわかりました
P1010588_DxO
GX7MK2 20mm F1.7
ただ、三脚に載せて撮るんだったら動画はできるだけ明るいレンズの開放で感度を稼ぎ、スチルは絞って低感度スローシャッターをつかうべき
P1010586_DxO
GX7MK2 20mm F1.7・1/10秒 ISO400
信号待ちの車窓から
P1010598_DxO
GX7MK2 20mm F1.7・1/13秒 ISO400

1/10秒前後だと、ブレカットがでますが十分に優秀
P1010599_DxO
GX7MK2 20mm F1.7・1/10秒 ISO400
ただ、夜スナップを想定するとやっぱりF1.7クラスはほしいところです

夜空 [LUMIX G/LX]

21時過ぎまで居残ってたおかげで露ほども雨には降られずに帰宅しました
P1010539_PSDs.jpg
GX7 MK2 20mm 1/3秒 ISO400 -0.7EV
RAWから現像して最後のトーンは、フォトショップでちょいと追い込みましたが、それよりもセンサーシフト手ブレ補正さまさまです

GX7MK2用レンズ視察 [LUMIX G/LX]

GX7MarkⅡのシャッターフィールとセンサーシフトの手ブレ補正機能がいいので、ひさしぶりに単焦点レンズ視察
P1010528_DxO.jpg
GX7 MK2 8mm FISHEYE
8ミリ魚眼でムービー撮りしていたのはGH2やGX1の頃だったかな?
いまさらマイクロフォーサーズ用のレンズをあらためて強化するつもりはないのですが、20ミリレンズがAF動画にはいまいちなのでレンズ視察にやってきました
そんなわけで、レンズを変えながら動画AFチェック
店頭は、14mmと15mmの動画時のサーボAFの違いやレンズ音のチェックをしたかったのですが正直よくわからずじまいでしたが20ミリよりは動画AF向きでしたが、12mmのF1.4はなかなかに惹かれました
P1010531_DxO
GX7 MK2 12mm F1.4
ブログのバックナンバーにはルミックスのGF1、オリンパスのP1の頃からマイクロフォーサーズのレンズ新製品発売を待ちながら過ごしてきたものが残ってますが、純正のズーム系は35-100は秀逸
P1010530_DxO
GX7 MK2 8-18mm
8-18なんてすごいレンズも揃ってるし、一時期GH4やG5で愛用していた12-35ミリをGX7につけてみましたが、マイクロフォーサーズの標準ズームだとF2.8ってのはもうひとつ感あり
P1010518_DxO
GX7 MK2 42.5mm F1.7
14ミリと15ミリは正直どっちもどっちで、けっきょく20ミリに落ち着きそうなので、ほしいかなと気になったは42.5mmF1.7のほう
P1010534_DxO
PENTAXの43mmも70mmも手元にないいまでは、マイクロフォーサーズの街中スナップには広角大口径よりも中望遠のほうが写欲もわきそうですが、GX8のファインダーを覗いてみると、やっぱりGX7とは物量投入の違いを感じてしまいました
P1010510_DxO
大口径標準レンズとセンサーシフト手ブレ補正
P1010516_DxO
今回の視察では対象外でしたが、普段からあまりつかわないキヤノンの90ミリマクロあたりの代わりに、GX7と42.5ミリの中望遠を揃えておこうと思っています

休日晴天都会スナッピング [LUMIX G/LX]

休日ですが仕事でした。天気がよかったので、乗り換えついでに表参道をちょいぶらり
P1010489_DxO.jpg
GX7MK2 20mm
GX7MK2が届く前日に、EOS6Dと40ミリレンズで出かけましたが、街中スナップなら通勤バッグに関係なく小型ミラーレスのほうがしっくりきますね
バックナンバー「40ミリ 休日都会スナッピング」 
P1010490_DxO
MK2になってから、RAW現像時のシャープネス系の初期設定値を変えたらJPEGとの解像力との差が明確になりました
P1010491_DxO
パナソニックではじめてというか、APS-Cより小さいセンサーではじめてのローパスレスフィルターモデルですが、
P1010493_DxO
モワレは確かに出る場合がありそうです
P1010499_DxO
これから梅雨時、そして夏になっていきますが、慣れつつあるGX7のLVFと自分好みのシャッターフィールでの晴天下スナッピングはなかなかにいい感じでしが、15ミリ42.5ミリの単焦点レンズを揃えられると最強かな?

GX7の微かな違和感 [LUMIX G/LX]

出勤前の立ち食いそば
P1010326_DxO.jpg
紅しょうがの天ぷらがけっこう気に入っています
P1010387_DxO.jpg
暑くなってきたので、冷たいそばを頼むようになりましたが天ぷらは「しょうが」を指定
余談ですが、GX7MK2で唯一違和感を感じているのが、アスペクト比
背面液晶が3:2、LVFが16:9なので、「4:3」だとサイドカットされて小さくみえるので、3:2が撮影時はいいのですが、RAWだと4:3で記録されてるので、そのまま現像してJPEGと並べて比べると広角レンズで撮ったように見えるんですよね
P1010389_DxO
マルチアスペクトでもないし、もとが4/3なんだから4:3が本来のアスペクトなのでそのまま撮ればよいのですが、16:9の動画モードに切り変えた瞬間、電子式手ブレ補正によるトリミングも加わって、レンズを取り替えたかのように画角が狭くなるんですよね
GH4を除き有機ELよりも液晶ファインダーのほうが見やすいのでGX7のファインダーは嫌いじゃないんだけど、GH4でファインダーが確か4:3ベースだったので普段は3:2で撮って、動画に切り替えてもさほど違和感を感じなかったんですけどね

GX7 MarkⅡ~EF望遠レンズトライアル [LUMIX G/LX]

GX7MK2と200ミリのEFレンズで撮ってきました
AF6Z9014_DxO.jpg
安物のマウントアダプターですがセンサーシフトの手ブレ補正用に焦点距離を入力し、さらにムービーでは電子式手ブレ補正がプラスされます
P1010343
F2.8 1/2000秒 ISO200
愛用のDxOも、マウントアダプターではお得意のレンズ補正データも組み合わせデータもないのでとくにいいところなく、ローパスレスセンサーと超解像「中」程度のJPEGで十分実用的ですが、EF200mmって遠景を撮るには2段ほど絞りたいところ
AF6Z9015_DxO
さらに、手持ち動画になると、グリップの浅いGX7では動画を回しつつマニュアルフォーカスを行うのはなかなかに困難なので、今年のCP+のアウトレットで調達してきたCULLMANNのサポートポッドと三脚座と組み合わせて撮ってみました
換算400ミリプラス16:9用にクロップされてるので実質的には430ミリぐらいかな
さらにクロップによる電子ズームも併用できますがそこまで望遠用途というわけでなく、そもそもサポーター程度では揺れすぎちゃうし、強度不足の雲台や三脚でもきびしいかな?
なにより絞り機構のないアダプターのため200ミリF2.8の開放深度で、ゴールへ向かって走ってくる被写体をMFでフォローするのはなかなかの上級テクが求められました
AF6Z9053_DxO.jpg
2種目目は素直に1DXへ切り替え。焦点距離は半分、重さは1kg以上増量。その分、サーボでのフォーカスフォローも、ちんたら短距離では明らかに「役不足」ってものでした

GX7 MarkⅡ~手持ちムービー [LUMIX G/LX]

動画時に電子式の手ブレ補正がつかえるGX7MKⅡ
これまで歴代のGH系でのLUMIXムービーでは、8mmの魚眼レンズを除いては手持ち動画はもっぱらPOWER O.I.S搭載レンズをチョイスしてきましたが、20ミリレンズでの手持ち動画がこれだけ安定しているのはすばらしい
もちろん電子式で補正量も十分あるだけに、画角が狭くなるのはトレードオフですが、それよりも、20ミリはAF動画には向いていないし、思ったより寄れないのがね~
こうなると、動画用に14ミリか12-35あたりを買い戻してみようかと思い始めてしまいます
もっとも、スナップムービーといえども、三脚併用のほうが安定感はありますけどね

タグ:GX7