So-net無料ブログ作成

江ノ島・岩屋 [LUMIX G/LX]

去年秋の台風で被害を受けた江ノ島のヨットハーバーや岩屋洞窟
P1080327DxO_s.jpg
GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
洞窟は閉鎖中なのは知っていましたが、渡し船の弁天丸に乗り込み、海路でショートカットしてきました
LUMIXとNEXの混合ムービーは、TMPGEnc MPEG Smart Renderer5でLUMIXのMP4=60Pのフレームレートに合わせてみました
P1080306_DxO
いつも夜間や室内で開放付近で撮ることの多いSUMMILUXとGX7Ⅱですが
P1080316_DxO
ふた絞りしたSUMMILUXとGX7Ⅱのローパスフィルターレスセンサーの基本性能と
P1080317_DxO
DxOでのレンズブラーによるディテール仕上げによる遠景描写はなんの不満もないキレキレな印象です

さて、気になる岩屋洞窟は、高潮、高波のせいで陥落していました
P1080320_DxO
洞窟の閉鎖の理由はこの橋だけでなく、洞窟の奥にまで海からのものが流れ込んでいるためのようですが、もし修復しても壊れないように再建するのって費用も時間も掛かりそうです
P1080321_DxO
というわけで気になっていた岩屋洞窟の様子を見ることができました
DSC06974_DxO
DSC06975_DxO
ただまあ、洞窟には入れなくても、天気がいい日は、とっても気持ち良いところです

1月末の鎌倉大人遠足のときも、予定ではここで夕焼け集合写真を撮るプランでしたが、
DSC06973_DxO
女子たちが小町通りや駅の土産物屋での買い物、試食時間が長すぎで間に合わなくなりましたからね
DSC06981_DxO
とはいえ、春間近ですっかり日の入り時刻も遅くなり、このまま日没を待つにはまだ時間がありすぎなのでこのへんで撤収です
DSC06982_DxO
もちろん帰りは、階段を昇る陸路です
P1080334_DxO
がんばれ岩屋洞窟!復
P1080332_DxO
余談ですが、こういうシーンはミラーレスでも、やっぱりEVFでフレーミングして撮るべきだなあと思いました

タグ:鎌倉 江ノ島 GX7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉高校前通過 [LUMIX G/LX]

極楽寺から長谷まで歩き、江ノ島へ向かうことに
P1080280DxO_s.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
運良く先頭車両の席に座れたので写真とムービー撮ってみました
P1080293DxO_s.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
写真でみると、たくさんのカメラで狙われてる感があってスター気分になります
P1080265_DxO
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
この手前の江ノ島がみえてくる手前までムービーを回してましたが
P1080266_DxO
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
このあたりも、鎌倉高校前踏み切り通過も、ムービーをストップしてスチル連写で撮ったためにムービーとしては見せ場がなくてつまんなくなってしまいました
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
考えてみれば、NEX-5と二台持ってたからハイブリッドで撮れないこともなかったかな?
DSC06959_DxO
NEX-5 16mm フィッシュアイコンバーター

タグ:鎌倉 GX7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

江ノ電ロングショット [LUMIX G/LX]

七里ヶ浜駅から稲村ヶ崎駅まで
P1080222DxO_s.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ 45-150mm
単線区間なので、上下列車が交互にやってきて、シャッターチャンスは10分ごとに一回ですが、ロングショットになると通行人と重なることになるので、満足いく写真を撮るならカメラ仲間かひとりでくるべきですね
P1080223_DxO
江ノ島灯台が隠れちゃうともったいない
P1080227_DxO
自転車のこどもが手を降っているものの、海も灯台もみえないし、道路標識が中途半端
同い年のレイルマン中井さんに添削してもらう必要もなく、ま、またの機会に

P1080180_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 15mm
シャッタースピード1/4000秒でF4がぎりぎりでした
P1080183_DxO
そのまま鎌倉行きの江ノ電を待ちます
P1080192_DxO
いつものカスタム設定メモリーだと、連写モードに変えても電源を切るとリセットさせるのがよしあし
P1080193_DxO
連写したうちブログ用に残した一枚ですが、こんな写真が量産されるだけ
DSC06956_DxO
フォロースルーは魚眼NEXに持ち換えて撮りました
DSC06958_DxO
こどもが小さい頃はずっといっしょに小田急電車を観ていたのですが、自分も息子もそんなに粘れません
P1080195_DxO
手持ち動画も抑えてきました
それにしてもEOSにもいえますが、LUMIXもフルHDでの動画のAFと電子ISの安定感はものすごい進化を感じます

タグ:鎌倉 江ノ島 GX7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファミリー DE アマルフィイデラセーラ [LUMIX G/LX]

連続休暇の最後の土曜日。江ノ電で七里ヶ浜ランチにやってきました。
P1080127_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
七里ヶ浜アマルフィイデラセーラ到着は11:20頃
P1080093_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
「入店待ちで並んでるんだろうな?」と覚悟して階段を昇ってきたものの、
P1080098_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
世の中的には春休み前だったせいか、ほとんど待つことなく席に案内してもらえました
P1080099_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
前回、職場メンバーと来たときとは違って太陽はまだ真上で江ノ島方面は順光
P1080141_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
天気がいいので、この日の湘南散歩スナップカメラには、ひさしぶりにEOS-1DXに35ミリを付けてこようと準備してたのですが、やっぱり望遠レンズも広角も・・・という気持ちになるのを断ち切るために、LUMIXをチョイス
P1080153_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
GX7MarkⅡに15ミリを付けて、望遠には45-150ミリをバッグに入れてきました
P1080133_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 45-150mm
蛇足ながら、45mm☓2倍では富士山と江ノ島をフレーミングできず、フォトショップでステッチ合成
P1080108_Stech
LUMIX GX7MarkⅡ 45-150mm
さらに、富士山はしばらくすると見えなくなってしまいました
P1080106_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 45-150mm
それと、広角用にはNEX-5とフィッシュアイコンバーターを忍ばせてきました
DSC06945_DxO
NEX-5 16mm フィッシュアイコンバーター
NEX-5と16mmレンズにフィッシュアイコンバーターは、正月に友人から引き取ってきたものですが、たまにつかう分には魚眼広角としては実用性は十分
DSC06939_DxO
NEX-5 16mm フィッシュアイコンバーター
ただし、NEX-5の背面液晶のクオリティは、太陽下ではほぼフレーミング不能といっていいほど見えず、GX7Ⅱだけでなく晴天下での背面液晶の見やすさがまったく違うことを感じました
DSC06942_DxO
NEX-5 16mm フィッシュアイコンバーター
前回は逆光でストロボ発光したりと苦心したこともありますが、アマルフィイデラセーラからの眺望撮影のポイントは、眼下の建物を入れずに、壁から向こうは海と空だけを収めて、赤いパラソルを入れること
P1080128_DxO
これを標準画角のレンズで撮ろうとするといまひとつ絵になりずらく、テーブルフォトやポートレートと組みあわせするか、広角レンズをつかうこと
DSC06947_DxO
NEX-5 16mm フィッシュアイコンバーター
LUMIX用にもフィッシュアイコンバーターが出ていたので、中古で探すこともできるし、ひところつかっていた8mmフィッシュアイやロングセラーの7-14あたりもあるし、かっこよくいくならサードパーティもあるし、とくにGX7Ⅱモデル以降は、スチルも手ぶれ補正が効くようになったし、画角がせばまるものの強烈な動画スタビラライザー効果なる電子ISの恩恵に預かるのもありでしょうが、EOS6Dと17-40もあるのでうちの場合は過剰装備かな
という気分でひさしぶりにムービー撮りしてみましたが、ブラウン管の1080iの頃は1/60秒のために可変NDフィルターを常備していたりした頃もありましたが、記録もモニターも60p時代になったいまとなっては露出はカメラ任せです
DSC06950_DxO
というわけでこのあと、身軽なGX7スタイルで、午後の湘南散策へ続きます
P1080159_DxO

タグ:鎌倉 江ノ島 GX7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春休みカメラ購入相談 [LUMIX G/LX]

去年は夏休みの連続休暇が取れなかったので、この時期に1週間連続休暇をいただくことになりました
P1080030_DxO.jpg
GX7MarkⅡ SUMMILUX 15mm
ちょうど、こどもの卒業式もあり、両親の傘寿、喜寿のお祝いなどもこの一週間にまとめ、初日は人間ドックからスタート
P1080031_DxO
そんなわけで一連の人間ドック、胃カメラ検査を午前中に終えてから嫁さんと待ち合わせて平日ランチです
P1080026_DxO
話がそれますが、二人からカメラ購入相談を受け、ひとりは金持ってるおっさん
これからヨドバシにいくのでなにがいいかというので、GX7 MarkⅡのSUMMILUXのレンズキットを買わせました
P1080036_DxO
もうひとりの相談は、20代のカメラ女子から
P1080037_DxO
職場女子の妹さんからの相談で、いまつかってるカメラはGF6のダブルズームキット
要望はふたつ
・もっと、人物スナップをぼかして撮りたい
・一眼レフがいい
P1080043_DxO
ボケるボケないは、レンズと撮り方にもよるものの、Canonの「X9」が第一候補だというので、あとはレンズ次第なので、一押しはシグマの17-70か35mmマクロあたりか
P1080042_DxO
いちおうGF6のままで、SUMMILUXや45mmなども提案してみたが、「やっぱり一眼レフ」にしてみたい
ということで、それならやっぱり測距点が広い「X9i」でしょう
P1080044_DxO
あとは、レンズは店頭ではタムロンの16-300の高倍率を勧められたようですが、そんなおやじズームを女子がつかい、ポートレートレンジでぼかすのはちょっとねぇ
P1080054_DxO
念の為、おすすめするにあたり、いじったことのないX9iを触ってきましたが、たしかにX9よりもx9iをおすすめしたいところ
IMG_2758_DxO
ただ、やっぱり高倍率ズームは、女子ニーズ的にはやっぱりねぇ
IMG_2769_DxO
もちろん50mm F1.8を組み合わせるのがいいのでしょうが、GF6のダブルズームから、いきなり80mmレンジの単焦点は敷居が高いだろうし、手ぶれ補正がないレンズはお勧めしづらいわけで
IMG_2781_DxO
35mmマクロあたりも軽くていいけど、まあ標準ズームは一本は必要だろと、お勧めはシグマのコンテンポラリーの17-70
ただ、X9iとシグマズームだと6Dと24-105の中古とそんなに値段も変わらないから長い目でみてどうか?って感じですね

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ピンポイントフォーカス [LUMIX G/LX]

職場女子らのお誘いでウィークデイのホテルビュッフェ
P1070718_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
仕事が終わらなくて30分以上遅れてる1名へのお誘い写真を撮ってみました
真上からの照明だとカメラが影になっちゃいますね
P1070713_DxO
さて、ホテルビュッフェのテーブルフォトには、調達したばかりのEOS6D用の35ミリIS単焦点のデビュー戦にしようかと思ったものの
P1070714_DxO
この日は朝から雨もようで、折りたたみ傘とかいれちゃうと6Dと35ミリぐらいのサイズだと、ちょいとバッグの中身が窮屈なので、いつもどおりのGX7Ⅱを連れていきました
P1070734_DxO
先週の記事で次期モデル=MarkⅢについて思うところを書きましたが、この日撮影したすべてのショットはすべて背面液晶でチルトも一切なし
P1070729_DxO
EVFのいいところは背面液晶だと「引き」が取れないときに目の前までカメラを手間に近づけられることと、片手撮りのときに安定するので、EVF(LVF)はあったほうが便利だし、背面液晶がスライドしたりバリアングルよりもEVFがチルトするほうがローアングルなどはいいはずなのですが、実際にチルトしないと困る・・・というシーンは希なことも確か
P1070733_DxO
あと、これはLUMIX同士の比較ではないのですが、EOS6DMarkⅡとEF35mm のタッチフォーカステストをしているときに気付いたのですが、少なくともテーブルフォトではデュアルピクセルCMOSAFの6DMarkⅡよりも構造的にフォーカスの精度高いんですね
P1070732_DxO
ガラス越しの奥にフォーカスを合わせるときもLUMIXには「ピンポイントAF」をつかうとほぼどんな遮蔽物があってもピンポイントでフォーカスをもってこられます
P1070731_DxO
LUMIXの「ピンポイントAF」は、GF3やG3の頃から搭載されている機能ですが、ここ最近のモデルでは拡大時に全画面かPinP(ピクチャーインピクチャー)をカスタマイズできるなど、MFレンズでも有効な機能です
P1070736_DxO
自分の場合、GX7Ⅱでは設定を記録しておけるカスタム状態で、電源オンのときには顔認識AFでスタートし、一点フォーカスへの切り替えは背面液晶をタッチするだけで切り替わり、これはEVFのときのタッチパッドも自動で切り替わります
P1070719_DxO
その上で、接写やピント精度を高めたいときは、ピンポイントモードに切り替えることもできますが、これも十字キーを左に一回押すだけで、一番の右のメニューにあるピンポイントに切り替えができるのがすばらしいインターフェイスだと感じています
P1070737_DxO
同じようなことを、EOS6Dのライブビューモードでやろうとすると、顔認識オートからだとタッチしても一点に切り替えることができないし、せっかくの35ミリISのリングUSMによるリアルタイムマニュアルフォーカスに切り替えても、自動的に液晶画面が拡大してくれるような設定もなく、そもそもデュアルピクセルAFといっても像面位相差のレベルでコントラスト拡大検出のLUMIXのような100発100中の精度は望めないわけで、あらためて、LUMIXとりわけGX7Ⅱのすきのなさを認識
P1070738_DxO
もっとも一眼レフの場合は、電源を入れてからいちどミラーアップ状態にさせるワンテンポがそもそもミラーレスより遅れを取ってますからね
あくまでもテーブルフォトやマクロなどの静物でのフォーカス精度を語る場合の話ですが、あとはどんなに手ブレ補正が強烈でも避けられないカメラの前後ブレは、やっぱり8Kフォトのセレクトをつかうべきなんでしょうかね

タグ:GX7
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GX7 MarkⅢ 発表でちょっと言いたい感じなこと [LUMIX G/LX]

今年もCP+の時期だなと思ってたら、GX7の新型が発表されました

GX7マークⅢ

gx7mk3_main_pc01.jpg
もともと完成度が高いMarkⅡの後継だけに、どう進化したのかとみてみたのですが、
「6K向けに画素数が増えて、マルチアスペクトは非対応のまま。ビューファインダーがチルトタイプに戻り、あとはBluetooth対応と、AF-SとAF-Cの切り替えダイヤルとEV補正専用ダイヤルがついた」
といったぐらいでマイナーチェンジの範囲ですね
LUMIXファンとしては、いまのGX7Ⅱの完成度の高さからすると、あえて買い替えても得られることは少ないなあという印象なので、中古を含めてマークⅡがお買い得になるなら、GX7初代やその他のG7やGH4ユーザーまでの方には断然GX7Ⅱもおすすめです

さて、通勤カメラだけでなく、とくにEOSを持ち出すほどではないときは、GX7MarkⅡをいつも連れて行きます
P1070686_DxO
GX7ⅡもこんどのⅢも同じようですが、個人的には気に入らないところは、本体でのUSB充電に対応したからといって、ACチャージャー同梱をコストカットしちゃっているところでしょう
P1070687_DxO
あと、マークⅢでも、GPSは省略されてますが、スマホと連携して位置情報を埋め込めるようになるのかな?
いずれにしてもバッテリー小さいせいであまり持たないのがGX7シリーズの悩みどころですね
P1070690_DxO

新機能の「軌跡合成」

4k-photo_image06.jpg
4Kフォト連写で半自動的に比較(暗)合成するだけで、ストロボ撮影合成のような遊び機能がついてますが、焦点距離とアクション範囲がうまくあえばいい機能なのですが、フォーカスセレクトと同じように三脚なしでわずかでもカメラがブレると絵が汚くなるのは同じでしょう

Bluetoothは、EOS6DⅡで先行して体験していますが、iPhoneではひと手間接続に手間がかかるものの、アプリからWi-Fiを切り替えられることと、スマホ側からWi-Fi接続を切断できるようになってるのが便利なところ
P1070693_DxO
LUMIXでも同じなのかどうかわかりませんが、GX7 MarkⅡでは、カメラ側の操作はFnボタンを押すだけで、即Wi-Fiモードへ
その後、スマホ側でGX7からのWi-Fiを選択し直すことだけが手間ですが接続は安定して転送のための画像選択もやりやすいのでEOSアプリよりも使いやすい
が、一方でカメラ側のWi-Fiをきちんとオフにしておかないとずっと電波発信されていて、あとで気づくとバッテリーがすっからかんになりそうな状況になっていたことが数回あります
P1070694
本体ので電源レバーを切ってもWi-Fiがつながったままってのはどうなんだろうなと思いつつも、そもそもバッテリーサイズの小さいGX7では、さらに長期の旅行モードではBluetoothの待機モードの消費電力も気になります
EOS6Dの場合ではバッテリーも大きいので、GPSを入れっぱなしでなければBluetoothはさほど負担にはなっていない感じですが、考えてみればそもそも、撮影するのが本業のカメラで、Wi-FiやGPSの付加機能のせいで、肝心の撮影がバッテリー切れになるなんてアホくさい話
その点、バッテリーがうっかり操作で失われてしまうというリスクが、GX7MarkⅡにはありますので、そのあたりの改善をまずはファームアップでやってほしいところです
P1070684_DxO
もっとも、画像転送だけなら東芝FlashAirをつかうほうがいいようなところもあるのですが、JPEG+RAWで撮ってると転送する画像選択が面倒くさいので、Panasonicアプリ転送のほうが使いやすいところもあります
P1070683_DxO
あとは、GX7Ⅱが発表されたとき、顧客のニーズがなかったからチルトファインダーは止めたといっておきながら、復活させたところがなんかポシリーなくってPanasonicらしい
image03.jpg
個人的にもチルトは要らないけど、チルトすることで接眼センサーを上に向けてしまえがば、背面液晶撮影しようとしたときに、誤作動で消えてしまうリスクがなくなるには便利だったのが、この復活は賛成です
あとは別売りのハンドグリップとアイカップがマークⅡでもつかえるのか?
image62.jpg
最後に・・EV補正ダイヤルと2階建てになったモードダイヤル
自分の場合は動画以外は、Cのカスタム設定でFnで切り替えるからこんなダイヤルはそもそもいらないし、そもそも、こんなことやる前に動かないようにロックボタンを付けるべき
しかも、この手のダイヤルって、暗いところだと見えないから結局、液晶みながら補正したりモードみたりするんですけどね
でも、こういうアナログ的なものがあったほうがわれわれオヤジ世代のユーザーには人気があるというか、買い替え理由をひとつプラスできるとかいうニーズなんでしょうね
でも、GX7 MarkⅢを検討している方は、Ⅱより便利になってることは間違いないので、いっちゃいましょう
とくに初代GX7もってるひとは、チャージャーもバッテリーも共用できるので置いておくべきかもしれません

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

LUMIX ダブル単焦点スナップ [LUMIX G/LX]

大黒屋もとい大黒家の天丼をいただいてから、LUMIX片手に浅草をぶらり散策
P1070634_DxO.jpg
GX7 MarkⅡ 20mm
今回は息子不在のふたりの思いつきランチと街歩きなので、EOSを置いてLUMIXだけで出かけてきたので、カメラやレンズだけじゃなくバッグも軽い。
天丼はしっかり撮ったので、浅草だからと、ムリに「撮らなくっちゃ」というような気持ちもなく体も心も身軽でした
P1070632_DxO
20mm
それでもいちおうこの日の撮影テーマは、15ミリを買ってからは持ち出す機会が減っていた20ミリレンズとの撮り比べ
P1070633_DxO
20mm
前日に15ミリだけもって街スナップしていたら、やっぱり標準に近い20ミリのほうがいい絵になりやすいんだろうな思うことしきり
P1070636_DxO
20mm
15mmの2倍の30ミリは、標準よりもやっぱり広角なわけで、たとえば小さいこどもやペットにぐいとよりつつ、周囲の状況を背景にほどよくぼかして入れるような「一歩踏み込む」撮り方や引きの撮れないときにはもってこいなのですが
P1070635_DxO
20mm
横着してあまりフットワークつかわなかったり、混雑する仲見世みたいなところでは、ほどほどに情報が整理できる40ミリから50ミリぐらいのほうがまとまりがよかったりするもので、実際にはレンズ交換しちゃうか、単純に12-35のズームを付けてきてりゃいいわけなんですけどね
P1070637_DxO (1)
20mm
ともあれ、20mmと15mmは解像力も写りの感じもほとんど差がない、いいレンズなうえに軽くて持ち歩きも交換にも負担がほとんどありません

P1070639_DxO
20mm
この携行は、ローパスレスとセンサーシフトのGX7MarkⅡでつかうと、これまでの経験あるGH4までのどのLUMIXカメラより写りも歩留まりもいいです
というかAFや手ブレの歩留まりで外すことがほとんどありません
P1070640_DxO
20mm
そもそも20ミリがあるので15ミリをずっと買い控えしていたのに、去年15ミリを購入に至ったのは、GX7MarkⅡの動画モードの電子手ブレ補正がすばらしくて画角が狭くなることと動画用にAF-Cに対応させるためで、スチルではほんと画角以外の違いはありません
P1070644_DxO
20mm
撮ってきた写真をほとんど載せてますがファインダーでも背面液晶でもカメラそのものの小ささと軽さがフリーアングルで、いかにEOS6Dに軽いIS単焦点を付けても、GX7Ⅱとこの二本のレンズの機動力と自由さには敵わないでしょう
P1070646_DxO
20mm
最近のカメラ関連のインターネットや雑誌記事を読んでると、「一眼レフはミラーレスになれるけど、ミラーレスは一眼レフにはなれない」というようなキヤノンやニコン、あるいはPNETAXを擁護するようなものありますが、
P1070647_DxO
20mm
接眼の電子ビューファインダーをみながら、背面液晶を指でなぞって測距点を自由に動かして片手でも安定して撮れる離れ業は一眼レフにはできませんからね

さて、そろそろレンズを15ミリに付け替えます
P1070649_DxO
15mm F2.2・1/160秒 ISO200
SUMMILUXは絞り優先モードだとレンズの絞りリングで操作できるのが優れものなのですが、自分はPモードしかつかわないので無価値に等しいんですね
P1070650_DxO
15mm F2.5・1/200秒 ISO200
そもそもLUMIXのプログラムラインって、15ミリをつけても基本は1/60秒で極力開放を選択してきます
P1070652_DxO
15mm F2.5・1/200秒 ISO200
これがキヤノンのMだと、たとえば22mmを付けると画角的に1/30秒を選んでくるので、暗いシーンではセンサーシフトの手ブレ補正もないからブレちゃうんですね
P1070654_DxO
15mm F3.5・1/400秒 ISO200
マイクロフォーサーズはLUMIXしか経験がないのですが、絞りによる回折ボケはF5.6から確実に見えてきますから、実際にはF1.7のレンズで中遠景の描写に関しては、開放からF2.8ぐらいに任せて置くのが最善だという経験値はもっています
P1070660_DxO
15mm F4・1/500秒 ISO200
ともあれ、浅草から船で墨田川下りをしようかと思ったものの、時間がありすぎて、そのままスカイツリーまで歩くことにしました
P1070663_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
細紐のため上着の襟にひっかけておかないと、首が痛くなるストラップ以外は軽量なGX7Ⅱ
P1070665_DxO
15mm F4.5・1/800秒 ISO200
こうやって建造物や街並を撮っていくと、20ミリより15ミリですね
P1070666_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
鉄ちゃんなら、横着しないで向こう側の歩道に回って撮るか、20ミリに取り替えて多少整理するかするべきなのでしょうが、ここは横着してよくありそうなスカイツリーと東武電車コラボショット
P1070669_DxO
15mm F4.5・1/640秒 ISO200
スカイツリーのふもとまでやってきましたが、ここは多少なりとも広角がものをいいます
P1070672_DxO
15mm F5・1/800秒 ISO200

そもそも真下に来すぎるとてっぺんがみえなくなりますが、この日は、3:2のEOSショットとの混在もないので、縦も横のどっちの写真もオリジナルの4:3画角のまま現像しています
P1070673_DxO
15mm F3.5・1/540秒 ISO200
なお、ローパスレスのGX7Ⅱになって、カメラJPEG記録の超解像もいいけど、DxO Photolabのレンズブラーで調整して現像した画像のほうが解像感やシャープネスが自然になるのは、JPEG時のレンズの歪み補正がバイパスされることなんだろうなと思いますが、LUMIXと単焦点の能力を引き出すのはDxOがやっぱりお勧めになりますかね

タグ:浅草 GX7
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浅草「大黒家」天丼デビュー [LUMIX G/LX]

ピョンチャンオリンピックが開幕した2月の三連休
P1070621_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G20mm
むすこがスキー合宿にいったので、嫁さんとふたり、普段はいかないお店へ出かけてきました
P1070604_DxO
15mm
この日のお供カメラは、はじめは1DXを用意してたのですが、たまにはLUMIXだけでいってみようかとGX7Ⅱと20mm、15mmの二本のレンズをチョイス
P1070609_DxO
20mm
LUMIXに関しては長く20ミリをファーストレンズにつかってきているだけあってスナップにはこっちのほうが使い慣れた画角
P1070600_DxO
15mm
いっぽう、30ミリ換算になる15ミリは、歪みはあるものの、あおったり、俯瞰したりするにはいい絵が撮れます
P1070611_DxO
15mm
30分ほど並んだだけで店内へ
P1070613_DxO
はじめてなので、えび天2本とかき揚げの天丼を注文しつつ、
P1070616_DxO
15mm
待つ間に、板わさをいただいてきました
P1070626_DxO
20mm
待つこと15分ほどで天丼登場
P1070627_DxO
15mm
食べログとかでよく見る天丼。20ミリはちょいと深度が浅すぎるかな?15ミリに交換
P1070631
15mm 深度合成
ついでに、フォーカスセレクトで深度合成でも撮ってみるけど、これならiPhoneカメラでいいんじゃない?
P1070607_DxO
というわけで、今回は大黒家の天丼をいただいてきた話でおしまいです

タグ:浅草 GX7
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

型落ちLUMIXと大口径レンズの実力 [LUMIX G/LX]

最新モデルの東芝FlashAirを買ってからNEX-5を持ち出してきましたが、こんどはもうひとつの旧型ミラーレス
IMG_7846.JPG
撮影:EOS6D MarkⅡ Snapseed
NEX-5と同世代で我が家で余生を送っているのはGF1なのですが、とりあえずタッチパネルとEVFでKissX7亡き後、いちばん小型でグリップしてしっくりくるのがこのG5です
P1110042_DxO
LUMIX G5 SUMMILUX15mm F1.7
14MPのAPS-CセンサーにF2.8の16ミリレンズを付けたNEX-5の「手持ち夜景モード」で撮ったのと同じような構図での撮り比べ
P1110044_DxO
DxOでRAW現像するという前提になりますが、センサーサイズ約半分の面積の16MPとはいえ、レンズの明るさと描写力のサポートもあり、F2.8パンケーキのNEX-5よりも断然LUMILUXのほうが実力は上です
P1110045_DxO
もちろんNEX-5でもRAW撮影したものをDxOのProlabでも現像したとの比較でも感度800以下という条件があればLUMIXセンサーのほうが本来の実力を出しやすい気がします
P1110048_DxO
SUMMILUXの15mmは、もともとはGX7Ⅱ用に買い足したものですが、G5でつかっても描写力は十分ですが、G5とローパスレスセンサーGX7Ⅱの画質の差はJPEGではかなり大きいものの、DxOでシャープネスで細い線を引き出してやると解像感は結構、拮抗してきます
P1110050_DxO
GX7Ⅱに対するG5の利点と個人的な好みは、G5のほうが持ちやすくて電動ズームレバーを露出補正につかえることと、ファインダーのアスペクトが静止画向きで見やすいところ
P1110051_DxO
ただし、それ以外はすべてGX7Ⅱが圧倒的に優れていて、タッチフォーカスが静電容量式で瞳検出もあるし、センサーシフトの手ブレ補正にローパスレスで、JPEGとRAWとの解像感の差は小さく、撮って出しJPEGがノイズリダクションと解像感がいいバランスなところ
P1110053_DxO
NEX-5と同じように、光景のNEX-7やα6500だともっといいんでしょうが、やっぱりセンサーシフトの手ブレ補正と大口径のレンズがあって「なんぼのもの」感もありそうなので、これ以上のNEXシリーズへの投資は一時保留です

タグ:G5
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー