So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚記念日 雪の出勤 [PENTAX]

7:00AM
IMGP1691_DxO.jpg
K-01 40mmXS F2.8・1/80秒 ISO1250

フォトショップでナンバープレートを偽造加工する必要なく、雪が積もってました

IMGP1693_DxO

それにしても、ニュースのとおり、きょうの通勤は、くたびれました

IMGP1694_DxO

幸いにも小田急は動いていて、電車を1本見送ってから乗り込み、1時間以上かけて新宿に到着

IMGP1695_DxO

いつもだったら隣駅で急行に乗り換えるのですが、各駅停車ですら、容易に乗り込めないのに、いったんホームにでちゃったら、いつ乗れるのかわかんないし

IMGP1696_DxO

乗り換えなどで大量に降りる駅じゃないと、先頭付近に並んでいないと乗れないはずなので、寒いホームで待つか、混んでるけど暖かい電車でだらだらいくか・・?

その分、いつもより早めに駅についたんですが、電車きてないし、時間がおそくなればなるほどリスクは高まるばかり


帰り道
IMGP1699_DxO

雪だからK-01がいいだろうとチョイスしたのに、夜には雪景色はなく写真的にはつまんないけど、無事にすんなり帰宅できて助かりました

IMGP1700_DxO

きょうは、結婚記念日なのでケーキを買いにデパートへ立ち寄り

IMGP1697_DxO

モザイク通りこんなオブジェがあったとはつゆ知らず

IMGP1698_DxO


ケーキが地味なので結婚記念日のろうそく買ってみたら、なぜだが5年間違えてました

AF6Z0711_DxO

阪神淡路の震災の日の翌日だし、年考えても「26」ってのは気が早すぎだけど、せっかくなのでローソクつけてみました

AF6Z0709_DxO

ケーキは、たぶんこれ http://www.siegeskranz.co.jp/

AF6Z0710_DxO

撮ったのは1DX。出掛けに撮って、玄関に置いてあったので、暖房の効いた部屋に持ち込んだら、ファインダーが曇ってました

AF6Z0716_DxO
1DX 24-70

それにしても、フルサイズは深度が浅いすね

P1080205_DxO
G5 12-32

タグ:K-01

DA40mm XS [PENTAX]

PENTAX K-01マーク・ニューソンオリジナル仕様のDA40mmXS
IMGP1686_DxO.jpg

40mm F2.8・1/13秒 ISO3200

なかなか合焦しない理由が、暗いからか、距離が足りないのか

IMGP1678_DxO
F2.8・1/15秒 ISO3200

FA43リミテッドより寄れるし画角もわずかに広いはずなんですが、そもそもテーブルフォトには向かないのは当然なわけですが、

IMGP1685_DxO
F2.8・1/30秒 ISO3200

事前にわかってりゃ、K-01をもっていくことはなかったんですけどね

IMGP1676_DxO
F5.6・1/320秒 ISO100

遠すぎず、近すぎずで画角とフレーミングが決まると、撮ってて楽しいK-01なんですけどね


タグ:K-01

恵比寿イルミネーション FA31リトライ [PENTAX]

前回のFA43のリトライでFA31を装着して恵比寿ガーデンプレイスへ寄り道してきましたIMGP1483_DxO.jpg
K-01 FA31Limited

43ミリと31ミリではフレーミングが違ってきますが、どっちにしても手持ちだと冴えないので毎度のフォトショップで脚色しています。

IMGP1473_DxO (2).jpg

FA31で気になる電飾周りのパープルフリンジや一部の色だけ妙に飽和する感じも全部ならされちゃいます

IMGP1438_DxO.jpg

画角の違いはあれども、通行人というか人が途切れるのを待ってるとなかなかシャッターが切れないので、正面からメインのキャンドルイルミネーション狙うなら遠目から望遠のほうがいいんじゃないでしょうか?

IMGP2382_DxO-1psd.jpg
撮影:11月20日 K-5Ⅱs/FA43mm

レンズもカメラの性能もあんまり関係なくなることも確かなんですが、手ぶれ補正の助けを借りた低ISO感度でアンダー気味に押さえておくと、後処理の耐性があるので、イルミネーションでもやっぱり高感度に強いセンサーは重要です

IMGP1459_DxO.jpg

あえてぼかしてにじませてますがK-01とFA31の描写はしっかりしています

IMGP1448_DxO.jpg

43ミリのときには収めきれなかった横幅も余裕あり

ライトアップした建物って暗いし、白飛びしやすいので一番いいのはHDRで撮っちゃうことだと思っています

IMGP1452_DxO (HDR).jpg

Flickrオリジナルサイズ

今回は、テーブルトップ三脚を持ってきてたので、基本感度できっちり絞ってセルタイマー撮影してからオリジナルサイズでHDR処理してみるとやっぱりいいキレが出てきます


以下、DxOでのストレート現像作例

IMGP1467_DxO
F2.5・1/25秒 ISO800

IMGP1465_DxO
F2.2・1/8秒 ISO800

IMGP1466_DxO

F2.2・1/25秒 ISO800

IMGP1471_DxO
F2.2・1/25秒 ISO800

IMGP1478_DxO
F1.8・1/25秒 ISO800

IMGP1488_DxO

駅からちょいと歩くのが面倒ですが、露出が難しく、カメラ性能や撮り手のセンスを問われる恵比寿ガーデンプレイスって感じがします


おもはらの森とビルズ初体験 [PENTAX]

「おもはらの森」にいってきましたIMGP0511_DxO_HDR.jpg
K-5Ⅱs FA31 Limited Photoshop

地味なのでPhotoshopの定番処理「スクリーンレイヤー、ぼかしフィルター」かけて、HDRで微調整してるので実際にはこんな明るくはありません

オリジナル現像
IMGP0511_DxO_2


さて、たしかLINEニュースで知った「おもはらの森」のイルミネーション

東急プラザ表参道原宿店の屋上庭園のことでした
http://omohara.tokyu-plaza.com/about/

IMGP0506_DxO

職場女子2人と話してたら「(世界一の朝食)ビルズでパンケーキも食べにいきましょう」

ということになったのでとりあえずレンズは、まだ使いこなせないFA31リミテッドをチョイス

IMGP0501_DxO

手持ち開放付近で撮るなら特段写りに差のないK-01と迷いましたが、万能さでK-5Ⅱsにしましたが、どっちにしても、ビルズの店内も「おもはらの森」も画角不足でした

IMGP0533_DxO

FA43のような光芒が出にくいのでイルミネーション撮りに関しては、FA31はこれといった個性もなく、正直持ち出しやすいGM1に15mmレンズを揃えておくほうがいいよねとずっと思い続けています

IMGP0504_DxO_2.jpg

それでも、単焦点+シェイクリダクションがPENTAXの強みで、シャッタースピードが1/20秒を切っても躊躇なくシャッターを切れるのがいいところ

IMGP0564_DxO.jpg

ただライブビューでつかおうとすると面倒くさいし、AFが遅いK-5Ⅱsなので、今回みたいな撮り方だったらK-01のほうがよかったですね

IMG_5847.jpg
iPhone5s

X7で一眼レフに慣れてる女子とRX100をつかってる女子

IMGP0561_DxO.jpg

K-5Ⅱsでライブビューで撮りたいというので「LV(ルイビトン)のボタンを押して」って伝えるものの、フォーカスポイントもタッチパネルじゃないから難しいんですよね

IMGP0520_DxOHDR.jpg

ま、K-01もタッチパネルではありませんが、ライブビューで撮るなら初めて撮る人でもだんぜんつかいやすいことも確かです


ビルズ店内
IMGP0424_DxO

暗いし、ここでもAPS-Cの31ミリは狭い

IMGP0432_DxO.jpg

「すんごく、ちっちゃいですよ」と事前に教えてくれました、物種にハンバーガーをオーダー

IMGP0442_DxO.jpg

たしかにこれで2000円なら、モスバーガーの「匠」シリーズは妥当な値段だなと

IMGP0436_DxO.jpg

デザートにパンケーキもあるからいいかと思ったものの、パンケーキも取り分けるには少ない

IMGP0478_DxO.jpg

個人的には鎌倉・イワタコーヒーのホットケーキに軍配かな

IMGP0482_DxO

そんなわけで、世界一の朝食ビルズでディナータイムを体験してから、おもはらの森にいったわけですが

外にでて、表参道の喫煙所で一服してたら、21時で街頭イルミネーションが消えてしまい撮影しそこねました

IMGP0573_DxO

満腹感に程遠く、たこ焼きを食べて帰りました

IMGP0579_DxO.jpg

この時期、いちょうがこんなにライトアップされてるとは

 


ナイトスナップ研究 [PENTAX]

金曜日、早帰り

IMGP0397_DxOOSD.jpg
K-5Ⅱs FA31 Limited

RAW現像してからフォトショップの「シャドウ・ハイライト」で微調整
これが一番やりやすいんですよね

IMGP0396_DxO
K-5Ⅱs FA31 Limited

水曜日の忘年会のあと職場に置いてきた、カメラを1台ずつ持ち帰ってきてるので2日続けてちょいと寄り道です


まずは、忘年会では出番なく持ち帰ってきたGH4と35-100ズーム

P2450252_DxO
54mm F2.8・1/50秒 ISO200

今回記事の主題は、FA31とK-5Ⅱsですが、きのうはGH4と望遠ズームを撤収してきたので先にちょいと掲載

きのうは寒くて雨降りまえでそそくさと数カット撮っただけなのでちょっとだけ

P2450253_DxO
54mm F2.8・1/50秒 ISO200

LumixのGH4センサーは、基本感度が200だし、もともとのS/NはK-01/K-5Ⅱsよりも1から2段くらい落ちる印象

P2450257_DxO
100mm F2.8・1/15秒 ISO400 -2.3EV

35-100とフォーサーズセンサーの組み合わせは、開放から2.8でも安定しているし、とくに100ミリ側がいいのが最大の強みなので、4Kをマルチアスペクトでカバーする10Mぐらいのセンサーサイズで夜のビデオにも強いGH4sみたいなものがでてこないものですかね?

P2450247_DxO
100mm F2.8・1/60秒 ISO800 -2.7EV

ヴィーナスエンジン処理のJPEG記録では超解像とNR処理でそつない絵が出てきますが、遠くのものをかっちり解像させようとすると低照度では苦しく、いずれにしてもDxOのレンズブラーは必須

P2450248_DxO
100mm F2.8・1/80秒 ISO800 -1.3EV
RAW現像時の暗部のトーンを持ち上げようとすると基本感度でもノイズが残っているのが苦しいところです


さて、PENTAXの手ぶれ補正付き単焦点

IMGP0390_DxO
K-5Ⅱs FA31 Limited

忘年会でのスナップポートレートではさすがと感じたFA31リミテッドも、街中スナップとりわけイルミネーションが入るとどうも拍子抜けの印象が拭えないままでおります

IMGP0393_DxO
K-5Ⅱs FA31 Limited

FA43は感度を犠牲にしても絞って光芒を出す撮り方ができたのですが、FA31は絞ってもあまりいいことなく、開放付近では色にじみが多めに残るので、これは個体差なのか?

IMGP0402_DxO

ただまあ、換算50ミリ以下になるので、FA43やDA40ミリよりはフレーミングに自由度があります

IMGP0404_DxO

ライブビューでの使い勝手はK-01のようなわけにいきませんが、LUMIXの20ミリやX7とISなしレンズに比べて、「ぶれない」感は撮影時より十分感じられます

IMGP0403_DxO

週末なので、このあたりは三脚カメラマンの出現率も高い

IMGP0407_DxO

でもまあ、風が強い日は三脚に載せてもあまりいいことありません

IMGP0408_DxO

なお、FA43に比べて、寄れるはずですが、思ったようには寄れないFA31

少なくとも、EOSフルサイズにF1.4の24ミリで撮ってたときのような感じには及ばないかな

IMGP0392_DxO

さらに、FA31でもっとも目につくのは、パープルフリンジ、色にじみ
これはローパス弱めのK-01やK-5Ⅱsのせいなのか?

IMGP0387_DxO
31mm F1.8・1/80秒 ISO3200 

また、K-5Ⅱsの分割測光も好みでなく、露出補正を多様しますがRAW現像時のトーン補正の耐性が強いのはいいところ

IMGP0386_DxO
31mm F1.8・1/160秒 ISO3200 

ちなみに、忘年会撮影用にスタッフが手ブレしないように、感度アップポイントを早め設定に変更したままだったことに気が付きました


高島屋のショーウィンドウ
IMGP0384_DxO

31mm F2.5・1/160秒 ISO400 

引いて半段絞りと

IMGP0385
31mm F2.5・1/125秒 ISO200 

寄って開放

IMGP0382_DxO
31mm F2.0・1/160秒 ISO200 

なんの気なしのワンカットですが、この距離から開放付近で撮った腕時計の文字盤がほぼ解像してるのは立派

IMGP0381_DxO
31mm F2.0・1/160秒 ISO500

かたや、太陽も人工光源にも弱いし、

IMGP0379_DxO
31mm F2.0・1/160秒 ISO640

DxOで補正掛けてもとりきれない電飾まわりのパープルフリンジは、フィルム時代レンズの宿命なのか?
でも、FA43では補正で撮りきれてた気がするし、そもそも開放付近はあまりつかわなかったかな?

IMGP0377_DxO
31mm F1.8・1/25秒 ISO3200

ここから先は、フルサイズEOSの領域

IMGP0411_DxO
31mm F1.8・1/15秒 ISO1600

さしあたって、夜に弱い1DsⅢのピンチヒッターとしてのK-5&FAリミテッドの御役目は十分でしょう

あとは、α7sの世界を見てみたい気もしますが、そんな金あったら1DXにいっちゃいますからね


忘年会好適 [PENTAX]

勤務先の忘年会の総幹事&オフィシャルカメラマンしてきました
IMGP1307_DxO(Retina).jpg
PENTAX K-01 FA31mm

総勢300名超の大規模開催なので準備期間やイベント企画がたいへんでしたがとりあえず無事終わりました

IMGP1313_DxO(Retina).jpg

社内広報向けのオフィシャルは、若いスタッフにタムロンズームをつけたK-5Ⅱsを預け、そつなくパーティの様子が抑えられてましたが、

IMGP1309_DxO(Retina).jpg

不慣れなだけにこういう料理写真や飾り付けとかは頭になかったようで、開場前に自分が撮った写真しか残ってなく、ちゃんと指示しておくべきでした

IMGP1308_DxO(Retina).jpg

ちなみに、ほとんどが人物写真なので掲載できませんが、FA31リミテッドの開放付近で撮ったスナップポートレートの写りは最高クラスした

IMGP1314_DxO(Retina).jpg

K-01とFA31のコントラストAFは、最新LUMIXのような瞳検出もタッチフォーカスもなく、近接スナップでは深度も浅いので誰にでも撮れるってものでもありませんが、

IMGP1306_DxO(Retina).jpg

100枚ほど撮ってアンシャープマスクをかけ直してもも救えないくらいフォーカスターゲットを外したは2枚だけ

IMGP1325_DxO(Retina).jpg

あとは、女子写真部員見習いに預けておいたG5/20ミリは、リサイズかければほとんどのカットでリサイズかければ手ブレは無視できる範囲に収まっていて、この手の撮影には大口径レンズのスモールセンサーは強い

IMGP1390.jpg  

ただまあ、Pオートだとほぼすべて開放になるAE設定は良し悪し

sss.gif

EOS Mと22ミリで感度、AEオートだったら、デフォルトが1/30秒のプログラムラインオンリーで手ブレしまくってたところでしょう

IMGP0358.jpg

かたや、標準ズームレンズをつけてビギナーのスタッフに、オフィシャルカメラとして預けたK-5Ⅱsはこんな感じでした
k-5-tam2.gif

とりあえず絞り優先固定ですがほとんどが標準画角で撮ってたようです

IMGP1370_DxO(Retina).jpg

ともあれ、前ピンと開放での写りや収差が気になるので調整に出そうと思っていたFA31リミテッドですが、年末年始と出番がありそうなので、サービスセンター送りは年明けまでペンディングにしましょう


タグ:K-01 FA31

FA31・K-5Ⅱs本気撮り [PENTAX]

イルミネーションはもひとつ冴えない新コンビに活を入れるべく三脚担いで撮ってきましたIMGP1173_DxO.jpg

まず、JPEG雅(みやび)とDxO

IMGP0142
JPEG

IMGP0142_DxO
DxO

IMGP0142_DxO.jpg

FA43でもいままでつかったDAレンズ以上に、JPEGとRAWの差が大きく感じられます

IMGP0139_DxO
F8

プロテクターのせいではなく、光源が入ってくるとゴーストとフレアはそれなりにでます
FA43のほうが耐性があったのはフードのおかげか?


開放付近
IMGP0161_DxO
F2

パープルフリンジを補正してますが、菩薩の肩にぱっちりにじみが出てました

IMGP0192_DxO
F2

IMGP0193_DxO
F2

寄れることもあってボケは綺麗にでますね

IMGP0194_DxO
F2.2

AF調整は暫定の+5のままですが、とりあえず合っているようです


このあいだ、1DsⅢとGH4で撮ったものと比べてみると
IMGP0184_DxO

絞った分だけ深度が深くて、ローパスなしのAPS-C16メガの解像感は安定してます

IMGP0178_DxO

もっとも1Dsと24-70ズームも三脚使って、F16あたりまで絞り込んでDLOかければこれくらいの画面全体的なフォーカス感は出てきそうなんですが、同じことは今後登場するであろうフルサイズPENTAXでも起こりそうなわけで

IMGP0169_DxO
K-5Ⅱs FA31Limited

とりあえず、APS-C最強クラスのK-5ⅡsとFA31

軽量なのでスリックのカーボンとグリップ雲台程度でも取り回しもいいですね

IMG_2676_DxO
EOS-1Ds EF24-70mm

P2450014_DxO
GH4 G VARIO 12-32


IMGP0149_DxO

IMGP0162_DxO

IMGP0158_DxO

IMGP0155_DxO

IMGP0152_DxO

 


もいちど、JPEGとの比較

IMGP0156.jpg

JPEG(左)とDxOレンズブラー(右)

IMGP0156−cameraJPEG
JPEG

うーん、発色はオリジナルカラーだけどFA31の解像力はまったく引き出せてません

IMGP0156_DxO
DxO

ぱっと見の鮮やかさは雅(みやび)がよく見えるんですが

IMGP0175_DxO
F2.5

開放付近でもイルミネーションよりはネイチャー向きな感じ

IMGP0164_DxO
F10

絞って撮るとさすがK-5Ⅱs。FA31も評判通りです。

IMG_5536.jpg


タグ:FA31

FA31リミテッド K-01とK-5Ⅱs [PENTAX]

通勤バッグに入れて持ちだしてみましたIMGP1179_DxO.jpg
K-01 FA31

わずかながら、K-01のほうがコンパクトで軽いし、ライブビューに慣れてるからK-5よりなんかしっくりきます

IMGP1225_DxO

43ミリより広い分だけ自由度はあるけど、イルミネーションはなんかもの足りない

IMGP1200_DxO
K-01

自分に撮っては「ボケあし」とかカタチとかは、さほどプライオリティが高くないせいか?

IMGP1212_DxO
K-01

最近はシンクロつかうようにしています

IMGP1201_DxO
K-01

うーん、きらきらが・・・さみしい

IMGP1202_DxO
K-01


日をかえて撮り比べ

IMGP1204_DxO
K-01

IMGP0116_DxO
K-5Ⅱs

FA43の光芒は出てきませんね


それでも、テーブルトップ三脚つかって、絞って撮ると葉っぱの解像感はさすが

IMGP0125_DxO
K-5Ⅱs

でもやっぱり通勤に持ち出すにはK-5Ⅱsは重いかな

IMGP0120_DxO-1
K-5Ⅱs

時計の文字盤のキレと手持ちでも安定性はK-5Ⅱですが、イルミネーションもライブビューとコントラストAFのほうが正直撮りやすい

IMGP0127_DxO
K-5Ⅱs

IMGP1216_DxO
K-01

ジュエルミネーション2015(とまどいのFAリミテッド編) [PENTAX]

FA31リミテッドのこけらおとし、「よみうりランド・ジュエルミネーション」

IMGP0068_DxO.jpg
K-5Ⅱs FA31 F2・1/20秒 ISO1600 -1EV

なんというか、FA43やDA70で撮ってきた感覚からすると圧縮効果もボケも光芒もおとなしく「ふつう」の仕上がり

IMGP0061_DxO.jpg
31mm F2.8・1/30秒 ISO800  スポット測光

風が吹いて電球が揺れてたせいなのか、前後のボケも引き出せずかたちもなんか汚い

IMGP0045_DxO
31mm F2.5・1/30秒 ISO640  スポット測光

そもそも引いて撮るイルミネーションは、描写力云々を求めるものじゃなく、露出とボケと光芒のカタチ

IMGP0054_DxO.jpg
31mm F2.5・1/40秒 ISO500 Photoshop 

そもそも、忠実な露出で撮れても面白くないのがイルミネーションではありますが、

IMGP0016_DxO
31mm F2.5・1/40秒 ISO1250

GM1とキットレンズに負けてるようでは、一眼レフを持ち歩く価値はないわけで、撮ってきた画像みたらすべてのカットをNGにしちゃうくらいでした

IMGP9993_DxO
31mm F2.5・1/15秒 ISO1600 

ただ、それでも-3EVを誇る暗所AF性能はさすがだったかな

IMGP0066_DxO.jpg
31mm F2・1/25秒 

もちろん夜景ポートレートで撮るとなると、標準画角の大口径レンズらしさは出てきますから、

IMGP0101_DxO
31mm F1.8・1/30秒 ISO1250

今シーズンは、このFA31に合ったイルミネーションの撮り方を研究してみたいと思います


FA31リミテッド [PENTAX]

復帰したK-5Ⅱsの常用レンズを迷ってましたが、かねてから最強描写力の評判高いFA31mmにしましたP1080060_DxO(Retina).jpg

重さ345gとこれまでつかってきた100g台のリミテッドシリーズとは違います

LUMIXの12-35の売却資金を充てることにしたので、軽くてかっこいい防塵防滴の20-40ミリと最後まで迷いましたが、ジャンクFA43も処分することにしたからローパスレスK-5Ⅱsを活かすには、やっぱりこいつにいっとかないとね

P1080056_DxO(Retina)

よくも悪くも固定されたフードのFA31

シグマの17-70mmは実家に送り返し、ズームは代替で預かりもののタムロン17-50を引き取ることにしました

P1080057_DxO(Retina)

2006年発売のかつてのハイコストパフォーマンスF2.8ズームタムロンのA016(SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II)よりも、さらにロングセラーの定番の2001年発売モデル

これもってたら、フルサイズPENTAXもスコープ

P1080064_DxO(Retina)

フィルター径は58mmなので、ステップダウンリングかませて、フォクトレンダーULTRON用のドームフード付けてみたけどなんかかっこ悪くて、最近気に入っているコッキンのゴリガラス超薄型プロテクターをおごることにしました

IMGP9937_DxO

K-01に装着して通勤用に持ち出せそうですが、やっぱりK-01にはFA43が似合う

試し撮りしたらどうもピントずれてて、K-5のピント調整で+5補正加えてます

せっかくの銘レンズなのでサービスセンター持ち込んできっちり合わせてもらうつもり

IMGP9957_DxO
K-5Ⅱs FA31mm F5.6・13秒 ISO125

なお、きっちり絞った遠景解像力は評判通りなものの、はじめてFA43で撮ったときのような感動はなく、ちょいと拍子抜け

IMGP9995_DxO

イルミネーション手持ち撮りにでかけてみましたが、F1.8の明るさは便利なものの、パープルフリンジ気になるし、FA43のような光芒も出てこないし、

IMGP0082_DxO

適当にシャッター切れば何をとってもすごいという安易なレンズではなさそうです

P2490186_DxO

ま、それでもPENTAXの一眼レフならやっぱり大口径の単焦点

P2490197_DxO.jpg
撮影LUMIX GM1 12-32

とりあえず撮影重量1kg未満で、DMarkⅢ+28mmISの夜仕様ベストコンビより300gは軽い

短めにしたストラップでぶら下げて、測光、露出に戸惑うK-5Ⅱsといっしょに使いこなしていこうと思います