So-net無料ブログ作成

GP-E1 [EOS-1D]

台風到来の連休にヨドバシカメラへふらっと立ち寄ったときに、棚ズレ品相当の特売アイテムをGETしてきました
EOS-1DX専用の外付けGPSユニット=GP-E1で、通常の実売価格は2万円前後ですが、箱が色あせているってことでほぼ半額で売られていたのに出会ってしまったので、これは買わないわけにはいかないでしょう
IMG_5679_DxO(retina)
去年の今頃から、1DXのサブやカジュアル用途向けに6DとGPSをつかいはじめてから、やっぱり国内外の旅に出たときなどジオタグは残せたほうがいいわけで
ジオタグとWi-Fiのためだけに6Dを選んでしまうというのもなんだかねぇという気持ちもあったので、とりあえず外付けGPSユニットとiPhone用のUSBケーブルで、1DXが付加機能的に6Dに劣ることはなくなりましたのでめでたし!
IMG_5682_DxO(retina)
装着するのにゴムカバーをめくり、そのゴムカバーが気に入らないので、いっそ常設することにして取り外しちゃおうかととも思ったものの、このユニットがじゃまになるようなときのほうが多いのも想定されるため、「つかうときだけ装着」することにしました
P1040555_DxO(retina)
6Dシリーズや5D4のようにGPSユニットが本体に埋め込まれているほうが断然いいこともありますが、1DXⅡも、ちょいとおでこが膨らんで不細工だなと思ってたものの、いまとなっては羨ましいところでもあります
といっても、GPSとWi-Fiのためだけに買い換えるわけにはいきませんからね

前回に3台のEOSネタの続きになりますが、もし、現行EOSの一眼レフを選ぶとすれば、GPSやWi-Fiなどの付加機能だけでなく、AF操作性も含めたオールラウンダーで一台を選ぶなら、やっぱり6DⅡではなく5DⅣや1DXⅡになってしまうでしょう
IMG_5667_DxO
KissX7 SIGMA17-70
6DⅡも5DⅣもショールームと店頭試写でしかしたことありませんが、位相差のAFモジュールの差はいかんともしがたく、6DⅡのエリアは狭すぎるうえに、マルチコントローラーダイレクトや測距エリア選択ボタンがない・・・というか、必要ないくらいの測距点やエリアしか奢られていないのが残念でならない
IMG_5675_DxO
KissX7 SIGMA17-70
その分をライブビューのデュアルピクセルで埋めてくれっていうのは、なんかピンとこないわけで、前回触れたとおり、一眼レフとしての楽しさは、画質を重視しなければ、6Dとほぼ同じサイズで、ファインダーの広いエリアに測距点が広がっている、EOS80Dのほうがシャッターを切っていて断然ワクワク感があります
IMG_5663_DxO
KissX7 SIGMA17-70
この夏に導入した17-70ズームで出番を増やしたX7も、やっぱりファインダーとなよっとしたシャッターフィールが萎えるのはかわらず、軽量さはあるものの、IS搭載の標準ズームなら6Dに24-105で持ち出すほうがWi-FiもGPSもあってきっといいはず
AF6Z0680_DxO
EOS-1DX EF17-40 GP-E1
台風一過の翌日は、GP-E1のデビュー日和
AF6Z0681_DxO
EOS-1DX EF17-40 GP-E1
広角レンズも、16-35のF4ISやF2.8の3型も気になるところですが、17-40の軽さとサイズ感はとくに1DXでは捨てがたく、少なくとも6Dよりも1DXのほうが解像力もあり、もちろんフォーカスエリアの差やF4開放でのピント精度も勝負にならないので、携行性を気にしなければ17-40にはEOS-1のAFモジュールとローパスフィルターがベストコンビでしょう
AF6Z0701_DxO
EOS-1DX EF17-40 GP-E1
さて、これまで魚眼も含めて広角レンズをつかってきましたが、個人的には広角レンズで撮影する最大の醍醐味は、ファインダーの大きさなんですよね
IMG_5695_DxO
EOS 6D 17-40 430EX Ⅲ RT
NIKON1やLUMIXのEVF広角もなんかわくわくしないし、EOS MやX7の広角ISレンズでも実用性はあるものの楽しくないので、個人的には80Dと10-18ズームなんて楽しめそうだなと思っていはいるものの、
IMG_5694_DxO
EOS 6D 17-40 430EX Ⅲ RT
6DとX7を80D一台にまとめてみようかというのは、けっこう勇気もいるわけで、それならセンサー手ブレがついたGX7Ⅱに7-14のLUMIXレンズあたりが実用的にはベストチョイスなのですが、テーブルフォトから室内撮りまでいまどきはやっぱりISO1600から3200が気兼ねなく使えることも大事なわけで自ずとフルサイズになってしまいます
IMG_5687_DxO
EOS 6D 17-40 430EX Ⅲ RT
そう考えると、道楽としてのシャッターを切る楽しさは1DXがやっぱり最高だし、テーブルフォトならコントラストAFの6Dでもピント精度も測距エリアも十分です
P1040515_DxO
LUMIX GX7Ⅱ  F1.7・1/2秒 ISO100
さらに蛇足なりますが、全部入りのGX7ⅡもGPSがないのですが、その分にセンサーシフト手ブレ補正がありますからね
P1040516_DxO
LUMIX GX7Ⅱ
いろいろ考えると、次のターゲットは、はとりあえずGX7用に15mmを常備するかストロボでしょう

nice!(2)  コメント(0) 

霧の大涌谷 [EOS-1D]

箱根一泊の翌日は未明から雨まじりの風ビュービューでした
AF6Z0477_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40
前日は快晴とはいえなかったものの、夕暮れの芦ノ湖を最後に大涌谷は翌日のイベントに取っておいたのが失敗だったかなと思ったのですが、霧で噴煙も紛れて山影まったく見えない状態から、突如雨とともに神風が吹いていきなり現れました
AF6Z0473_DxO
写真をみると冴えない天気なのですが、何しろ直前がこんな感じでしたから、
AF6Z0457_DxO
霧が一気に晴れて、いざ合戦!ってこんな感じだったんだろうかと、運がいい日にやってきたなと思ったぐらいでした
AF6Z0455_DxO
というようなわけで、24-70と135ミリや双眼鏡を取りにクルマに戻り、
AF6Z0490_DxO
ブラタモリの録画番組で予習してきた場所を見ることができました
http://www.nhk.or.jp/buratamori/map/list71/route2.html
AF6Z0493_DxO
ブラタモリといえば、毎回スチルはEOSとEFレンズ
AF6Z0492_DxO
うっかりしてましたが、ここは電線が通っていてフォーカスエリアが引っかかりがちだということがわかりました
AF6Z0487_DxO
135ミリもなんだか冴えませんでした
AF6Z0486_DxO
晴れていたらロープウェイで来る計画もしていたのですが残念
AF6Z0459_DxO.jpg
また劇的に日射しでも差して来ないかなという期待は叶わず、黒たまごとおみやげを買って、早々と山を降りて帰途につきました

帰り道
AF6Z0502_DxO
ママのリクエストで停めにくい駐車場にクルマを寄せてから、ベーカリーに寄ってみましたが、
AF6Z0503_DxO
残念ながら休業日でした
AF6Z0505_DxO
人気のフジヤホテルもスルーして、下界まで降りたらすっかり晴れてるじゃん
AF6Z0506_DxO
100%夏らしい旅行にはなりませんでしたが、トップシーズンのみなさんよりは恵まれてましたかね

P1040434_DxO(retina)
日帰りと違って、ゆっくり巡った箱根一泊の旅でした
P1040435_DxO(retina)
帰宅後、黒たまごは、マヨネーズとあえていただきましたが、ただのゆで卵より味が濃厚でした

タグ:箱根
nice!(2)  コメント(0) 

箱根旧街道 甘酒茶屋 [EOS-1D]

2017年の家族旅行は、近場の箱根に行ってきました
AF6Z0317_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm
旧街道の「甘酒茶屋」。冷夏というか毎日雨ばかりの8月だったので、夏らしい「かき氷」を口にできてよかった
AF6Z0309_DxO
朝8時に川崎市内をクルマで出発し、ほとんど渋滞なく進んだので夕方のチェックインまで時間がありあまってしまい、熱海に寄ってから、箱根への山を登ったり降りたり
AF6Z0310_DxO
我が家の箱根伊豆方面ドライブといえば、たいてい、昼前や午後から出発して、空いているターンパイクを駆け上がり、大観山から芦ノ湖を撮ってから車窓を楽しむってパターンなので、用もなく旧街道を走行するなんてこともひさしぶりのこと
AF6Z0327_DxO
この日はそんな「スローな」箱根めぐりができそうだったので、ほんとはクルマじゃなくて徒歩とバスで移動して、こういう茶屋で一休みする気分を味合うのも楽しみ方なんでしょうね
AF6Z0323_DxO
なお、甘酒茶屋の店内は暗めというより、はっきりいってかなり暗いです
AF6Z0328_DxO
昔ながらの茶屋のイメージなのでしょうがスマホカメラとかでインスタ写真とか撮るのは厳しい照度でしょう
AF6Z0306_DxO
さて、この時点でまだ13時前
AF6Z0330_DxO
東名海老名のサービスエリアで遅めのブランチをガッツリ食べてきたし、うぐいす餅も食べてしまいました
AF6Z0304_DxO
すぐとなりの休憩所と資料館でさらに一休みしたものの、
AF6Z0336_DxO
蛇足ですが、この資料館もまた暗くて、感度設定を手動でISO10000まで上げて館内を撮影
AF6Z0342_DxO
外に出ても感度を戻し忘れてしばらく感度10000のまま撮ってしまいました
AF6Z0351_DxO
このあと、いちど旧街道を湯本まで下り、こんどは駅伝ルートで再び元箱根へ
AF6Z0368_DxO
箱根神社に詣でつつ、湖岸の鳥居の撮影順番待ちに並びました
AF6Z0373_DxO.jpg
去年はもってなかった広角ズーム
AF6Z0375_DxO.jpg
鳥居の余白がないのが残念なところですが、
「広角レンズの場合は、背景を決めたらカメラに近づいてもらいましょう」
という基本講座のような写真が撮れました、
ママに撮ってもらうときも、1DXだと縦グリップでゾーン固定して渡せるので、中抜けになるリスクもありません
AF6Z0382_DxO.jpg
箱根旅行シリーズ続きます

タグ:箱根
nice!(1)  コメント(0) 

真夏の昼下がりシーサイドスナップ [EOS-1D]

午後3時。海の公園側にクルマを停めて、八景島へ歩いてアプローチ
AF6Z9920_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm
単眼鏡代わりに息子に渡したX7と200ミリ
久しぶりに、磯臭い匂いと湿気混じりの熱い空気が心地よし
AF6Z9917_DxO
EOS-1DX  EF17-40mm
湿気たっぷりの暑い徒歩スナップに、「特大」「特小」のEOS二台と広角ズームと望遠単焦点の4パターンの組み合わせから、どれかひとつにって身軽にスナップしたいなと思案したものの、結局は全部持ち歩くことにしました
IMG_5106_DxO
X7  EF200mm
そもそも、八景島には急きょ足を向けたので、6Dや他のレンズは置いてきてるし、カメラバッグは、KATAのスリングバックパックだったので真夏に背負うには、背中が熱いんですよね
IMG_5109_DxO
1DXから持ちかえると小さくみえるファインダーでも、夏の日差しの下では電子式ファインダーよりもずっとみやすいし、何より手ぶれ補正のない望遠レンズで撮るには接眼ファインダーは必携機能
IMG_5107_DxO
X7  EF200mm
換算320ミリの1800万画素の画像は、格別とはいえないまでもレンズの描写力を損なわない程度にそこそこ安定しています
AF6Z9921_DxO
X7  EF200mm
画質の点では、フルサイズかつ1DXの200ミリよりも見劣りする部分もありますがのは、一番大きいのはやっぱりAFやAEの総合的な歩留まりでしょう
IMG_5110_DxO
X7  EF200mm
X7と単焦点望遠レンズでの「会心の一撃」は、そんなにヒットするものではありません
AF6Z9922_DxO
EOS-1DX 17-40mm
IMG_5113_DxO (2)
X7  EF200mm
繰り返しになりますが、この炎天下、ましてや望遠になると、背面液晶だけのミラーレスカメラだけでなく、
IMG_5114_DxO
X7  EF200mm

たとい高性能は有機ELのビューファインダーを搭載していても一眼レフのほうよく見えます

さて、このあたりからレンズ交換
AF6Z9924_DxO
EOS-1DX  EF200mm
というより、ボディ交換でしょう
AF6Z9927_DxO
IMG_5115_DxO (2)
AF6Z9925_DxO
ちなみにこの日は、揃いのシャツを着て、水鉄砲をもった男女のグループが大勢いました
AF6Z9937_DxO
朝早くからずっと外にいたのに、ここまで歩いてきただけでくたびれてしまってあまり写欲もなかったけど、
AF6Z9933_DxO
やっぱり重い思いをしても望遠レンズと1Dを持ち出してきて正解です
AF6Z9935_DxO
1DXと17-40なら水とかぶっかけられてもきっと平気だし、
AF6Z9940_DxO
といいながらも、このなかに入っていく元気も勇気もなく
AF6Z9942_DxO
とりあえずクーラーの効いた施設に向かいたくて足を早めました
AF6Z9938_DxO

このあと、お土産屋で涼んだあと、せっかくひさしぶりの八景島なので水族館へいったのはバックナンバーのとおり
IMG_5119_DxO
AF6Z9948_DxO
水族館では200ミリも、高感度に強くないX7はバックパックにしまいました
AF6Z0210_DxO
その昔は、HDVカメラで撮っていたのを、いまどきは一眼動画で
画角は狭くなるけど動画IS搭載の6DMarkⅡなら17ミリレンズとも相性ばっちりなんだろなと思いつつ、X9に動画ISを省略されちゃってるので買い換える理由がひとつ足りないのもねぇ

イルカショーをみたらもう夕暮れのはじまり
AF6Z0216_DxO
EOS-1DX EF17-40mm
花火までは、まだ数時間あるのでさすがに時間をつぶそうという気持ちはなく、帰途につくことにします
AF6Z0220_DxO
EOS-1DX EF17-40mm
再びレンズ交換
AF6Z0225_DxO
EOS-1DX EF200mm
これまで一度だけハンディカムのでっかいVXを持って乗り込み、すさまじい横Gで、カメラがふっとばされそうになった覚えのあるサーフコースター
AF6Z0227_DxO
光量が落ちてきましたが、まだまだシャッタースピードにも感度アップにも余裕があります
AF6Z0233_DxO
EOS-1DX EF200mm
AF6Z0231_DxO
EOS-1DX EF200mm

IMG_5138_DxO
X7 17-40mm
そろそろ駐車場なので、カメラはX7と17-40だけにして、1DXと200ミリをバッグにしまったとたんに、ネコに遭遇
AF6Z0234_DxO
EOS-1DX EF200mm
この日の「締め」のネコは、これ以上近寄れず警戒されて逃げられてしまいました

nice!(0)  コメント(0) 

イルカショー本気撮り  [EOS-1D]

ひさしぶりに1DXらしいターゲット撮影
AF6Z0115_DxO.jpg
EOS-1DX EF200mm F2.8L

たいした腕のない身でも、レンズに被写体が飛び込んでくれば文字通り「十中八九」の歩留まりで捕まええくれます

そんなわけで、水族館の順路を回り、次の開演までまだ30分以上あるけどのんびり待つことにしました
AF6Z0034_DxO
息子が小さい頃は、もっぱらビデオ回してましたから一眼レフでイルカショーを撮影するのははじめてかも??
AF6Z0039_DxO
いちおう17-40を付けたX7もスタンバイ
IMG_5130_DxO
さて、イルカの動きを予測して、200ミリ一本勝負でフレーミングできるか??
AF6Z0055_DxO
まずは、オープニングのイルカ乗り&水かぶりショー
AF6Z0058_DxO
AF6Z0085_DxO
白イルカのリフティングもジャストフレーミング
AF6Z0078_DxO
AF6Z0102_DxO
X7や6Dだったら、的に置きピンして待ってたところでしょうが、1DのAFフレームならそんなことしなくてOK
AF6Z0129_DxO
両目で状況をおいながら、フレームインするのを光学ファインダーで補足して、あとはシャッターを切るまでの反射神経が課題
IMG_5136_DxO
「引き」で撮るならX7でも楽勝です

普段は3枚に押さえている連写枚数リミットを解除し、AF特性も「急にあらわれた被写体追従優先」にセッティング変更
AF6Z0154_DxO.jpg
フレームの広さもやっぱり強みですが、水面から顔を出したあたりからシャッターを切ったつもりですが、こんなに遅れてます
AF6Z0155_DxO
そのまま、サーボでフォローしてくれてますがちょいと遅れてますね
AF6Z0127_DxO.jpg
これなんかは、飛び出てきたところを反射神経ショット
AF6Z0182_DxO
あともう少し左に振ってたらプロ級だったのに・・・惜しい
AF6Z0181_DxO
ともあれ、一世代前となったけど、さすがはフラッグシップEOS-1
AF6Z0195_DxO
セイウチくんがつくったシャボン玉にもなんなくピントがあうのも地味に力強いわけでして
IMG_5137_DxO
あれよというまにショーも終わりました
AF6Z0191_DxO

nice!(0)  コメント(0) 

広角・高感度 水族館フォト [EOS-1D]

横浜市内の用事のあと、時間ができたので、八景島まで足を伸ばしてきました
AF6Z9967_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm F4・1/160秒 ISO2500
17-40は、F4で暗いけど寄れるし、高感度と動きモノAFにつよい1DXとのコンビネーションはなかなかイケてました
AF6Z9970_DxO
JPEG記録をピクチャースタイル風景にしていたので、背面液晶だと真っ青になってましたが、
AF6Z9975_DxO
1DXのオートホワイトバランスは、いい感じで大きくブレることなくそのままRAW現像できました
AF6Z9977_DxO
難的現る・・・
AF6Z0016_DxO
きれい好きな働きものを、オートフォーカスでずっと追っかけてましたが口に含んだ砂を吐き出すスピードが速くて1/125秒程度では止められずじまい
暗いところのAF検出は1DXや6Dよりもずっと優秀な、4KフォトのGX7Ⅱでもこの暗さじゃ無理でしょう

さて、ひさしぶりのいまどき水族館で目につくのは、プロジェクションマッピングと
AF6Z0004_DxO
カメラ女子ブームなのか、一眼レフ、ミラーレス問わず、女子カメラマンが以前よりずっと多いこと
AF6Z0009_DxO
水槽のなかで泳ぐサカナには、手ブレ補正レンズもまったく役に立たないし、
AF6Z9985_DxO
水槽のガラスにぴったりくっつけても歪むし、ピント合わせはタッチフォーカスでもきびしいでしょう
AF6Z9987_DxO
AF6Z9986_DxO

なお、低照度では、1DXよりも6Dのほうが強いはずですが、
AF6Z9991_DxO
これくらいならまだまだ-3EVの力を借りずとも1DXの位相差でいける
AF6Z0001_DxO
我がEOSも感度条件の封印を解いて12800まで開放して、シャッター下限は1/125を守ります
AF6Z0026_DxO
一眼レフでの広角水族館撮り、近寄っていく下限がわからず数回レンズの先端ごとガラスにぶつかってしまいました
AF6Z0030_DxO
ずばり、こういうとこは一眼レフ越しよりも、位相差を超えるライブビューでの高速AFが肝
AF6Z9957_DxO
ガラス面密着して水面に合わせてノーファインダー撮りなので、デュアルピクセルCMOSAFには速さでは負けてない?
AF6Z0007_DxO
イルカショー編へ続きます

タグ:水族館
nice!(2)  コメント(0) 

EOS フルサイズとAPS [EOS-1D]

ひさしぶりに200ミリ出動
IMG_5077_DxO.jpg
たまにしかつかわない望遠域だけど、ほんとはIS搭載の純正ズームを揃えておくべきなのですが、この中古格安の200ミリ初期型モデルは描写は絞れば一級品だし、コストパフォーマンスは最高だし
AF6Z9831_DxO
さらAPS-Cでつかえば320ミリなので、1DXに200や135の望遠を付けて出かけるときは、サブには標準や広角用に6Dを持ち出すのですが、この日はさらに望遠かも?の機会に備えてX7をお供に付けました
AF6Z9846_DxO
EOS-1DX 200mm F5・1/1000秒 ISO200
同じ18メガセンサーのフルサイズ1DXとX7ですが、フォーカスの食いつきなどを考えなくずとも、描写はやっぱり1DXが数段上です。
IMG_5090_DxO
X7 17mm F5.6・1/1000秒
一方で17-40をX7につかうと、広角の流れが大きいレンズでもおいしい真ん中をつかえるAPS-Cの利点もありますが、グリップが短いX7だとちょいと装着バランスが悪いんですよね
IMG_5096_DxO
X7 200mm F5.6・1/1000秒 ISO2000
ひまな時間が多くて蝉撮影
2段絞っての最高解像力と手ブレ補正マージンで感度オートのままうっかり上げ過ぎちゃって失敗
AF6Z9825_DxO
EOS-1DX 200mm F2.8・1/1000秒 ISO100
フルサイズ1Dや6Dならまったくノープロブレムの感度2000は、APS-Cでは日中でも耐えられないですね
IMG_5105_DxO
X7 200mm F9.5・1/750秒 ISO3200
X7でタッチパネルでライブビュー。像面とコントラストのハイブリッドAFでも動く被写体でなければ実用上不便は感じないのですが、それよりも明るい場所での液晶はホントに見えないので、絞り優先やシャッター優先うまくないのでMモードのオート感度にしたままだったので、うっかりセーフティシフト(感度)を発動させてしまっているのに気づかなかったようです
AF6Z9912_DxO.jpg
EOS-1DX 40mm F4・1/125秒 ISO100
X7からX9は、代わり映えしないのでX9iや9000Dにステップアップさせてみたいところですが、6DⅡが画素数アップしたのでクロップでつかえば、APS-C機は要らないんじゃない??

nice!(0)  コメント(0) 

135ミリとフラッグシップ [EOS-1D]

体育館での室内運動会
AF6Z9607_DxO.jpg
EOS-1DX EF135mm F2L  F2.5・1/400秒 ISO2500
1DXと6Dのカメラ2台に、17-40mm、24-70mm、135mmを揃えて撮ってきましたが、激しくはないものの屋内での動きモノって大口径中望遠とフラッグシップの安定性を感じました
AF6Z9618_DxO.jpg
モデル末期で手に入れた1DXですが、MarkⅡのフリッカーによる露出のブレは確かにありますが、こんなイベントも滅多にあるわけでなく、ファインダー撮影ではなんら不満点はありません
IMG_4504_DxO.jpg
EOS 6D EF24-70mmF2.8LⅡ F5.6・1/180秒 ISO3200 430EXⅢ
かたや6Dは中央一点のAFロックと遅いながらもライブコントラストAFでも撮ってきましたが、6Dは「MarkⅡ」になってもみましたが、左右にせまい45点測距エリアだと画面端にフォーカスポイントを置きづらそうだし、デュアルピクセルCMOSのライブAFを多用するんだろうなとシミュレーションしてきましたが、1DXと組み合わせて使う分には、高速ライブAFよりも、バリアングルよりも、センサーシフトの手ブレ補正がほしいなと感じました
でもやっぱり未知のデュアルピクセルCMOSセンサーなので、自分でつかってみてなんぼの世界
6DMarkⅡは先送りにして、新型X9や9000Dあたりで体験してみたい気分が盛り上がってきています

若いツバメたち [EOS-1D]

土曜日にみかけたツバメくん達
AF6Z9448_DxO.jpg
EOS-1DX EF200mmF2.8L
AF6Z9446_DxO.jpg
出勤前でしたが、急いで200ミリを装着して撮影
AF6Z9444_DxO
AF6Z9451_DxO
飛び立つのをしばし待ってましたが、ちょいとだけ移動しただけでした
AF6Z9452_DxO
200mm F4・1/640秒 ISO100
トリミングできない4Kフォトには負けてませんが、シャッタースピードがおそすぎましたね
AF6Z9453_DxO
200mm F4・1/640秒 ISO100

タグ:ツバメ

おおさんばしデッキ 135ミリ [EOS-1D]

おおさんばしデッキ
AF6Z9425_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm
クルマのトランクから三脚と17-40を持ち出してきました
AF6Z9424_DxO
EOS-1DX EF17-40mm
暗いのでHDR
AF6Z9423_DxOHDR.jpg
スローシャッターつかうのでF4レンズのデメリットはないものの、暗いものはくらい

135ミリで対岸を撮るためにできるだけ離れることにしますが、
AF6Z9415_DxO
それでもちょいと長すぎなので、スナップショットに切り替えますがいかんせん、1DXのAFは暗いとこは苦手
AF6Z9417_DxO(Prime)
-2EVを誇る6DやLUMIXに劣る唯一のウィークポイントです
AF6Z9436_DxO
風も強いし、これといった成果もなく引き上げる前に、
AF6Z9433_DxO
カップルとランドマークをがっちり拡大LVで撮らせてもらいました
AF6Z9441_DxO
三脚で縦撮りしやすい雲台がほしいところです