So-net無料ブログ作成
検索選択

広角・桜 [EOS-1D]

近所のしだれ桜AF6Z8850DPP.jpg
EOS-1DX EF17-40mm

24ミリがあれば十分な広角も、枝ぶりを広く収めるには広い画角も活躍します

IMGP9200_DxOs.jpg
5DMarkⅢ EF16-35mm F2.8L Ⅱ (2013年)

4年前は16-35ミリと5DMarkⅢ


 

P1030176.jpg
GF2 Fisheye 8mm (2012年)

ひところは、魚眼レンズやF1.4の24ミリ単焦点もつかっていました


動画撮るなら広角ズームでも1段明るいF2.8がいいのです・・・


さらに遡ってHDVビデオ時代



ソメイヨシノは、来週の散り際がが撮り頃になりそうな感じでした

AF6Z8845DPP
EOS-1DX EF17-40mm


タグ:

フィリピン遠征 [EOS-1D]

フィリピンにいってきました

IMG_2933_DxO.jpgEOS6D EF17-40mm

撮影ツアーといっても観光やポートレートとかじゃなく、現地工場を紹介するビデオ撮影なので、海とかビーチとかのショットはなく、もっぱら車窓からのストリートスナップばかりでしたが、インパクトでエネルギッシュな街でした

AF6Z8347_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

海外に出るのは9年前の韓国出張以来で、パスポートの10年の有効期限もぎりぎり半年残ってました

AF6Z8356_DxO
EOS-1DX EF24-70mm 

今回の持参した撮影機材はビデオ用にの6Dと予備機とスチル用に1DXを機内荷物に持ち込み

AF6Z8368_DxO
EOS-1DX EF24-70mm  

めったに出番のないKATAのスリングバックパックが役に立ちました(バックナンバー

AF6Z8423_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

機内持ち込み用とは別に現地での移動用にトートバッグも持ち込みましたが、旅の準備においてはとにかくバッテリーと充電器は忘れないようにと、

IMG_3185_DxO
EOS6D EF17-40mm

旅慣れてない分だけいろいろ気を使ったりして、正直いくまでのほうがくたびれました

IMG_3231_DxO
EOS6D EF17-40mm 

レンズは、フィリピン用に調達した17-40と24-70のズーム二本とに、タムロン90ミリに借りてきたシグマの35ミリF1.4

AF6Z8419_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

日本に置いてきちゃいましたが車窓スナップは、こんなにずっと渋滞しているんだったら135ミリや双眼鏡を持ってくるべきでした

AF6Z8443_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

そんな感じで、移動中はずっと車窓からレンズを突き出してのスナップですがレンズを向けて文句をいってきそうな国ではありません

AF6Z8441_DxOEOS-1DX EF24-70mm

夜スナップ用にF1.4のシグマを借りてきましたが中央一点でも思ったよりAFが遅かった印象

AF6Z8472_DxO
EOS-1DX SIGMA 35mmF1.4 ART

-3EVを誇る中央測距点の6Dも、PENTAXやPanasonicよりも弱い気もするし、

AF6Z8473_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

実際、1DXとf2.8ズームのほうがAFも早かったというのが印象でした

AF6Z8475_DxO
EOS-1DX EF24-70mm

ともあれ、今回の撮影ツアーの移動はずっと私有車でドライバーもいてくれるのでカメラはクルマに置いていけるしと、セキュリティ面での不安がはまったくなかったのですが、プライベートだったら6Dと1DXをどっち持ってこうと思うかな??


EOSムービー 日没後のマニラ市街
EOS6D EF17-40mm

パトカーのサイレンのような音は、救急車の音なのですが、街中渋滞でなかなか先へ進めないので、こっちで急病になったらきっとやばいです

IMG_3554_DxO
EOS6D EF17-40mm

男3人で歩いてへんな路地にさえ入り込まなければ、ホールドアップの目には合わなさそうですが、日本とはまったく違う緊張感で臨むべきでしょう

IMG_3524_DxO

最終日は、マニラ湾の夕日見物がてら、徒歩で買い物、夕食、フットマッサージにカラオケにもいってきましたが、さすがに1DXはホテルの金庫に入れてきました

IMG_3535_DxO

6DのGPS情報がやっぱり便利で、1DXマークⅡがほしくなりましたが、GPSユニットだけでも買っておこうかなという気持ちになりました


さて、メインのプロモーションビデオ収録AF6Z8532_DxO2.jpg

現地調達を半分当てにしていたスチル用に三脚の脚は手に入らず、持参したジッツオのトラベル用三脚にビデオ用雲台で臨みましたが、やっぱり剛性感や高さが足りなかったりしましたが、

IMG_1925.jpg

台車をドリー代わりにしたり、本物のリフトに乗ったりと、なかなか手作り感のあるビデオ撮影ができました

IMG_3668_DxO

さて、日本に帰ってきたらやっぱり寒くて、まだ疲れが抜けないのは年のせいでしょうか

AF6Z8514_DxO

ホテルのエレベーターにて、どこにいてもやることはいっしょですね

AF6Z8515_DxO
EOS-1DX TAMRON 90mm(272E)


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 浜離宮~浅草 水上バス [EOS-1D]

浜離宮から乗船した水上バスAF6Z8238_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm F4L

竹芝で、はとバスツアーの方が大勢降り乗りしていったりと東京観光の王道ルートでしょう

AF6Z8232_DxO

はじめての乗船なので勝手がわからないながらも、デッキ後部の席に陣取ってガラス越しにレンズ向け

AF6Z8235_DxO

真横の岸辺を狙ったり、船首側まで出張してみたり、

AF6Z8242_DxO

それでも窓ガラス越しでしか撮れないのと

AF6Z8249_DxO

17-40ミリしか持ってきてないのがちょいと後悔

AF6Z8250_DxO

それよりも、家を出てきた時点で25パーセントを切っていたバッテリー残量が気になり始め

AF6Z8265_DxO

気持ち節約気分のまま

AF6Z8271_DxO

スカイツリーをずっと追っかけて浅草へ到着しました


浅草はいつもどおり賑やかでしたがAF6Z8275_DxO

人形焼だけおみやげに買って、

AF6Z8276_DxO

いそいそと雑踏を離脱

AF6Z8277_DxO

天丼にもひかれましたが、お昼食べて間もないので、ティータイム

AF6Z8283_DxO

せっかくなので、おしるこを頼んでみました

AF6Z8284_DxO


浅草の人力車

AF6Z8279_DxO

外国人の方には日本情緒たっぷりでしょうか

AF6Z8281_DxO

フォトジェニックな町並みに花を添えてくれます

AF6Z8289_DxO

この日は、神宮外苑から歩いて青山一丁目から新橋、浜離宮から浅草まで水上バスで、銀座線の始発に移動してきた感じですが

AF6Z8293_DxO

最後はまた銀座で下車して、嫁さんの買い物にお付き合いして

AF6Z8297_DxO

千代田線を乗り継いで帰途に着きました

帝国ホテル内
AF6Z8298_DxO

万歩計は1万5000歩程度でたいした運動はしていませんが、徒歩と公共機関での東京めぐり、なかなか充実した一日でした


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 浜離宮編 [EOS-1D]

はじめてきました浜離宮AF6Z8189.jpgEOS-1DX EF17-40mm F4L

冬枯れなのでフォトジェクニック感は薄いのですが、

AF6Z8187_DxO

梅と菜の花畑でカメラマンが数名集っていました

AF6Z8186_DxO

AF6Z8184_DxO

AF6Z8188_DxO

 


AF6Z8204_DxO

 

水辺を気持ちよさそうに散歩するネコと遭遇しましたが、

AF6Z8197_DxO

交換レンズ持ってきてないのでちょいとトリミングしてこんな感じ

AF6Z8202_DxO

テレ側の描写は確かに広角側よりもさらに解像感としては甘い・・・かな

AF6Z8192_DxO
17ミリ

AF6Z8193_DxO
40ミリ

午後2時40分発の浅草行きがあったので、水上バスに乗ることにしました

AF6Z8212_DxO

横浜港ののシーバスしか乗ったことありませんが、竹芝に寄ってから隅田川を上って浅草まで約1時間の船旅

AF6Z8214_DxO

オープンデッキではないので撮影は窓ガラス越しになっちゃいますが広角感はいかがでしょうか?


1DX 軽量広角ズーム 東京スナップ 聖徳記念絵画館 [EOS-1D]

快晴の土曜日。信濃町駅で降りて外苑から東京散策スタートAF6Z8149_DxO.jpgEOS-1DX EF17-40mm F4 L USM

はじめの目的地は国会議事堂っぽい建物の美術館

AF6Z8148_DxO

その昔は、「かっぱ天国」という名の子供向けプールとして使われていたこともあるそうです

明治維新というか明治天皇にまつわる日本画と洋画の壁画が展示されています

というわけで、館内は撮影禁止なのでせっかくの久しぶり広角レンズも外観と玄関口からだけ

AF6Z8155_DxO

そうなんです、ちょいと重い1DXとズームとしてはめっぽう軽い17-40ミリのコンビで2キロ未満の軽装備

AF6Z8154_DxO

「重箱の隅」をつつけば欠点は確かにあるレンズですが、 レンズの歪みや収差の補正に強いDxO Optics Proの力も借りて、

AF6Z8158_DxO

まっすぐなものはまっすぐに

AF6Z8146_DxO 

広角レンズらしく、パースを効かせたり

AF6Z8159_DxO

ピクチャースタイル「風景」とデジタルレンズオプティマイザーで青空も建物もくっきりと

AF6Z8149
DPP DLO ピクチャースタイル風景

さて、このあとの目的地は未定

AF6Z8160_DxO

冬枯れのイチョウ並木もデジタルレンズオプティマイザにピクチャースタイル「ディテール強調」

AF6Z8164DETAIL
DPP DLO ピクチャースタイル「ディテール強調」

 

アンシャープマスクはオフにしてますが、総合的にはDxOのほうが好みの輪郭が出せている気がします

AF6Z8166

南下して銀座線の通りに出たので、次の目的地は、新橋経由で浜離宮に向かうことになりました


新春ブルーアワー [EOS-1D]

東京タワー&増上寺の帰り道に恵比寿に寄ってみましたAF6Z8074_DxO.jpg
EOS-1DX EF17-40mm 

17:15 仕事帰りには寄れない時刻なので空が青くて、半月もきれいで、ちょいと離れた光る星はなんだ?

AF6Z8079_DxO

クリスマスが終わったのでツリーは撤収されてましたが

AF6Z8078_DxO

代わりのイルミネーションとバカラのシャンデリアは光ってました

AF6Z8081_DxO

お店はすべて正月3日からなので人はまばら

AF6Z8077_DxO

シャンデリア ポートレートもじっくり撮れそうな感じでした

AF6Z8091_DxO


いまどきの EF17-40の選択理由 [EOS-1D]

年明けに広角ズームで撮影する用途があり、前からウォッチしていた17-40を中古美品で調達AF6Z7773_DxO.jpg


製造年記号が2004年製と干支が一回り分前の個体ですが光学面や外装も極めて程度のいい品でした

AF6Z7774_DxO.jpg

この17-40のズームは、EOS20Dをメインで使っていた頃には、当時のEF-Sレンズで評判のよかった17-55mm ISに手を出さずに、満を持してて新品購入したはじめての「L」レンズ

その後は、5Dシリーズではスチルもムービーでもつかうようになり、F2.8の明るさと周辺画質を求めて、16-35のⅡ型に買い換えたものの、24-70Ⅱの購入資金の一部に化けちゃったので、この手の広角ズームはひさしぶり

画質や明るさを優先するならこんど出た16-35のⅢ型やF4のISを選ぶべきなんでしょうが、17-40って、なんといっても500グラムに満たないしとにかく軽いんですね

IMG_4503_DxO.jpg

でかくて重い1DXも総重量2kg以下に収まる上に、装着しても自立するし、全長不変の防塵防滴仕様

さらに軽い6Dと組めば通勤カメラとしてもさらに持ち出しやすくなったり、中望遠の135mmF2メインで持ち出すサブとしても、40ミリパンケーキだと不自由なことも多いので、寄れる17-40ミリは外出先でも便利なことは間違いありません


明るさがF4でIS非搭載ながら、24-70よりも寄れるし、ストロボと組めばF2.8の必要もないAF6Z7736_DxO
EOS-1DX EF17-40mm 

もちろん周辺画質は、過去に自分の撮影した画像を最新のDxOで再現像したりして検証済のとおり、16-35のF4ISには敵わないのは承知の上

AF6Z7721_DxO
EOS-1DX EF17-40mm 

一方で、16-35mmのF2.8Ⅱとは周辺の流れも含めてものすごく差があるわけでもない

IMG_2622_DxO
EOS 6D EF17-40mm  

16-35を手放して24-70にしてからは、24ミリ以下の超広角域は、単焦点の20ミリもつかいましたが、もっぱらEF-SやEF-Mの広角ズームで賄ってきたのでフルサイズ用としてはひさしぶりになります

IMG_2616_DxO
EOS 6D EF17-40mm  

個人的には広角ズームは24ミリぐらいだと、16:9にクロップされるムービー用に必要な画角と捉えています

AF6Z7782_DxO

一方で、APS-Cで使えば標準ズーム代わりにもなりますが、X7とのバランスはそんなにいいわけでもなく、どうせならデュアルピクセルCMOS AF対応の80Dとかで使ってみたいところですが、

IMG_4519_DxO
X7 EF17-40mm

そもそも、 次期6Dサイズで搭載されてくるでしょう

 


巷では酷評されていものの、中古で5万円前後で数年間不変の価格帯のレンズ

 

AF6Z7775DLO
1DX DPP DLO ディテール重視

DLOとDxOのレンズ補正は中心部ではどちらもほぼ文句なしで、周辺部は心持ちDLOのディテール重視がいい感じかな

AF6Z7775_DxO (2)
DxO レンズブラー

どっちにしてもDLOでもDxOでもレンズ情報をもとにした補正力の恩恵は大きい

AF6Z7775_DxO
DxO 補正なし

これは16-35のF2.8Ⅱ型でも同じ傾向なので、16-35のF4ISの半額以下で2/3の軽さ

IMG_4513DLO
X7 EF17-40mm DLO

さらに、F2.8のⅢ型からは値段が1/4で重さも半分近いですから風景メインでなければいまでも十分ありでしょう

IMG_4513_DxO
X7 EF17-40mm DxO

一方で、X7と組むと相当に軽くて、夜用でなければ18-55のキットズームより撮っていて気持ちがいい感じがします

20081108-140236


タグ:17-40mm

多摩センター イルミネーション 三脚撮り [EOS-1D]

クリスマス三連休初日の多摩センター駅

AF6Z7648_DxO.jpgEOS-1DX EF135mm F2 F2.2・1/60秒 ISO200 Tv

休日なので三脚と1DXを持ってきました

AF6Z7654_DxO
135mm F2.2・1/60秒 ISO250 Tv

1DXで縦位置撮りするには心もとないグリップ雲台でしたが1/60秒で手ブレ抑えて撮れるのが快適

AF6Z7613_DxO
135mm F2・1/13秒 ISO100 M

基本感度で絞りとシャッターのフルマニュアルで明るめの露出にもっていったら1/13秒まで落ちちゃってブレはぎりぎり

AF6Z7616_DxO135mm F2.8・1/8秒 ISO100 M

高台からの撮影は、まいどキティちゃんの後頭部のフレーミングと露出がひとつの課題だったりします^^

AF6Z7628_DxO
24mm F3.2・1/13秒 ISO200 

AF6Z7633_DxO
24mm F5・1/2秒 ISO100

絞りや露出による明るさ云々よりも、スローシャッターで通行人にブレが出せるのが三脚撮りの最大のメリット

AF6Z7638_DxO
24mm F4・1/3秒 ISO100

もちろん、低感度で撮れることで現像時の耐性や

AF6Z7664_DxO
135mm F2.2・1/60秒 ISO100

動画でなくとも焦点距離に関係なくLEDのフリッカーの影響のでないシャッタースピードで撮れますからね


三脚と135ミリをクルマに置き、身軽になって出直し

AF6Z7691_DxO
24mm F3.5・1/50秒 ISO800

必然的に感度が上がってますが、3200程度ならぱっと見の違いはないようにも見えますね

AF6Z7686_DxO
70mm F3.5・1/125秒 ISO3200

安定の三脚オペレーションもいいけど機動力も大事

AF6Z7689_DxO
70mm F3.5・1/125秒 ISO3200

1/60秒だと70ミリ側で手ブレが心もとないけど、高感度&高速シャッターでで手ブレを抑えるよりも

AF6Z7688_DxO
70mm F3.5・1/125秒 ISO3200

LED照明のシャッタースピードはやっぱりフリッカースピード以下で撮るほうがいい感じもします

AF6Z7671_DxO
70mm F2.8・1/125秒 ISO3200 

AF6Z7676_DxO
24mm F2.8・1/40秒 ISO200

ブルーLEDが意外に明るい

AF6Z7679_DxO
70mm F2.8・1/50秒 ISO400

センター1点の-3Vの6Dよりも、測距点の自由度とサーボ、ワンショットが一発で切り替えが効く1DXのほうが断然撮りやすい

AF6Z7681_DxO
70mm F2.8・1/50秒 ISO250

普段は通勤用に6Dで撮るときに感じる操作性のストレスは皆無です

AF6Z7620_DxO
24mm F2.8・1/8秒 ISO800

最後に三脚&超低照度

AF6Z7621_DxO
24mm F2.8・1/8秒 ISO800

感度低めのRAW画像からなら、あとから暗部を持ち上げても耐性があるかと思ったら、さほどでもなく

AF6Z7625_DxO
70mm F3.2・1/6秒 ISO200

このあたりは80Dや1DXⅡの新しいセンサーのダイナミックレンジや基本感度でのベースのS/Nがどれくらいよくなっているのかは気になるところです


みなとみらいイルミネーション2016 [EOS-1D]

みなとみらいのイルミネーション
AF6Z7448_DxO.jpgEOS-1DX EF135mm F2

MARK IS Happy Blue Christmas

AF6Z7442_DxO

こどもの行事ついてでに夕方からみなとみらい入り

AF6Z7455_DxO

カメラを入れたスリングショットのバックパックはクルマに置き、交換レンズは上着のポケットで1DXとレンズ2本を持ち出して日没を待ちました

AF6Z7462_DxO

横浜美術館横の通り道の街路樹がブルーライト混じりのイルミネーションで豪華に輝いてました

AF6Z7459_DxO

このあたりは、自分が勤めていた頃はずっと工事中だった場所なので新スポット

AF6Z7449_DxO

MARK IS Happy Blue Christmas

AF6Z7450_DxO

横浜進化系イルミネーション??

AF6Z7453_DxO

みなとみらい周辺から、ナビオス、赤レンガ、山下公園まで徒歩で回れるイルミネーションスポットが多い、横浜はいいですね


定番その1 ランドマークプラザAF6Z7422_DxO

今年は、くるみ割り人形です

AF6Z7425_DxO

AF6Z7427_DxO


定番その2 クイーンズスクエア

AF6Z7415_DxO

みなとみらい勤務していたのが、かれこれ6年以上前になりますが、ここのクリスマスツリーも年に一度は撮りにきています

AF6Z7417_DxO
24mm

今年はイルカとかがたくさん泳いでいました

AF6Z7406_DxO
135mm

入り口付近から135ミリでアプローチすると歪みがまったく出ないですね


定番 その3「観覧車」
AF6Z7493_DxO

LEDの照明パターンに変わってはじめてのクリスマスシーズンかな?

AF6Z7496_DxO

駐車場に戻る道すがら、マリンルージュが光ってたので足早に近づいてガチャリ

AF6Z7497_DxO

このあとクルマに乗り込んで、まだ時間が早いので朝早くから家を出ていたのでおくたびれモード

AF6Z7501_DxO

赤レンガ倉庫まで走らせてみましたが、わざわざパーキングして降りる元気なく帰途につきました


王禅寺 紅葉 [EOS-1D]

ここ数年の紅葉撮りルーティンの地元の名刹『王禅寺』
AF6Z7226_DxO.jpgEOS-1DX EF135mm

日が陰ってくる15時ぐらいを狙って、出向いたのですが夕日よりも朝日向きかな?

AF6Z7218_DxO

去年は1Dsで今年は1DX。レンズは24-70ズームに135ミリを加えて、三脚も出動したのですが、

AF6Z7228_DxO  
EF24-70mm F2.8 LⅡ

1DXを縦位置撮りするには、付けてたグリップ雲台のボール径では役不足でした

AF6Z7259_DxO
EF135mm F2L

服装は寒いと思って、上着を着すぎちゃったので大汗をかきながら、三脚で絞りと感度を稼ぎながら普段より遅めのシャッターを切りつつ、縦フレーミングは手持ちで撮りました


AF6Z7243_DxO

1DXと去年の1Dsとの撮り比べの感じでは、感度オートに余裕があるので、ブレに余裕があるせいか1DXの方がシャープな感じもします

AF6Z7223_DxO

とくに縦位置でマルチコントーラーが使える1DXの操作性の進化も感じます

AF6Z7256_DxO

135ミリはやっぱり縦で撮りたくなることが多く、

AF6Z7257_DxO

135ミリF2の深度は極薄で、手前の葉っぱのさらに手前の葉っぱしか深度内にありません

AF6Z7255_DxO

AF6Z7258_DxO


1DX MarkⅡの発表を待ちきれずにフラッグシップに逝ってもうすぐ1年

AF6Z7237_DxO

もしMarkⅡだったら、三脚に載せたときにLUMIXのように液晶でタッチフォーカスしてるんでしょうね

AF6Z7242_DxO

その点では我が家のEOSの中ではX7が一番新しい

AF6Z7232_DxO

デュアルピクセルCMOS AFがどれほどのものかは未体験ですが、

AF6Z7233_DxO

AFに関してはとくに三脚に載せたときには、タッチAFやもちろんGH4の空間認識&瞳検出AFがやっぱり優れていると感じます

AF6Z7236_DxO

まあ、静物の場合には、ピントの精度は1DXといえどミラーレス陣営には敵わないので、見やすいファインダーで手持ちで気持ちよくく、物量が投入されたシャッターメカで撮っていくことが、アマチュアの一眼レフの楽しみでしょう、


バックナンバー


IMG_2676_DxO
EOS-1DsMarkⅢ EF24-70mm 2015.11

1DsⅢはDxOでRAWから起こす限りは1DXと遜色なく、あとは露出傾向が1DXのほうが安定している気がします

P2450014_DxO
LUMIX GH4 12-32mmF3.5-5.6 2015.11

GH4のマイクロフォーサーズは、基本感度が高く、ベースのS/Nが弱く、曇りや日陰のときに、低感度でも暗部ノイズが目につくことが時々あったことが気になるところですがもともとが深度が深いところがいいところ

IMGP0169_DxO
PENTAX K-5Ⅱs FA31mm limited2015.12

K-1がもう1年早くでていれば、1DXに行かずにPENTAXオーナーだったかもしれませんが、FA31はつかいこなせないまま短命だったのが気がかりですが、FA43のほうが楽しかった気がしています

IMG_1223_DxOX
5DMarkⅢ EF28mmF2.8 IS  2014.12

あらためて5DⅢとIS単焦点の写りを見返してみましたが、レンズの解像力は24-70の広角側に比べてやっぱり一段落ちますね

AF6Z7214_DxO
EOS-1DX EF135mm

ことしは、1DXと6DのEOS強化年度になってますが、レンズを考えつつ、このままEOSメインのままの年越しになると思います



タグ:紅葉 王禅寺