So-net無料ブログ作成
Photo&Life ブログトップ
前の10件 | -

DxO Photo Lab リリース [Photo&Life]

名称も変わった「DxO PhotoLab」の優待アップデートの案内メールが届いたので早速インストール
dxoprolabo.jpg
その他の機能などはとくに確認していませんが、今回の目玉は部分的に画質調整=マスキングできるようになったことでしょう
少し調べてみたところでは、どうやらDxOが、NikSoftwareをGoogleから買い取り、U poinntコントロールをDxOに組み込んだためにマイナーチェンジではなく名称変更と合わせた新製品なんだろなと理解しました
デジカメWatch「DxO、「Nik Collection」をGoogleから取得 開発継続へ」
LightroomやPhotoshopでつかえた無料プラグインだった(らしい)Nik Collectionを今後も更新して使いたいならLightroomのプラグインでDxOを買ってね・・・っていうのがひとつの戦略なのかもしれません

現像用画面などのインターフェースはとくに変わらないのですが、まずは新機能のマスキング(部分調整)で段階フィルターを試してみる
IMG_5889_DxO (2)
IMG_5889_DxO
天窓の露出は同じで、通路側部分だけを明るくしたりコントラストや色温度をいじったりできるので、これまでハイライトとローライトをバランスをとりながら、階調補正していたストレスから開放されます
IMG_5888_DxO
スナップポートレートなどで肌部分だけマイクロコントラストを下げたり、色を整えたりと特定部分だけをマスキングして全体を大きく補正したりできますが、塗りと消しゴムをどれだけうまくつかえるかが重要なところですね
IMG_5888_DxO (2)
少しいじった感じでは、ブラシサイズの拡縮がCtrlやAlt、Shiftとマウスに割当てられていて、コツさえつかめば、「塗り」と「消しゴム」のサイズを変えて、きれいにマスキングできますが、一方で、フォトショップをつかっている錯覚を覚えてしまうと、画面サイズの拡縮や戻すときのCtrl+0のショートカットに慣れていると正直戸惑ってしまいます
AF6Z0406_DxO
その点、「段階補正」は、たとえば水平線を基準にハーフNDのよう補正するには、とっつきやすくきれいにグラデーションマスクがかかります
AF6Z0406_DxO (2)
うちに場合は、EOSだけならDPPだけで生きていけそうなのですが、LUMIXもつかうことと、いまのところDPPでつかうのは、風景写真で解像感を求めるときにつかうDLOとピクチャースタイル「ディテール重視」だけ
P1040932
P1040932_DxO
とまあ、そんな感じで、現像時にちょいとうまくトーンが合わないなというときには、マスク部分にブラーを掛けつつ、色温度と露出を調整
AF6Z0898_DxO-1
ジオラマ風処理もDxOだけで簡単にできるようになりますが、マスキングや調整レイヤー的な操作はフォトショップの経験がないと、ちょいとまごつくかもしれませんね
どうせならプリセットで「ジオラマ風」とかを入れたり、顔検出自動マスクとか・・は今後のアップデートに期待でしょうか

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信州紅葉ドライブ2017 朝食編 [Photo&Life]

いつもは関越のサービスエリアで朝食を済ませますが、この日は御代田の人気店へいってきました
IMG_5818DPP.jpg
EOS6D EF24-70mm F2.8L Ⅱ
朝7時開店のお店のようで、すでに満席のため、しばらく待ちました
IMG_5814DPP.jpg
ここに着いたら、太陽も浅間もみえず、ちょいと残念な感じでしたが、駐車整理のおじさんの話では、
IMG_5825DPP
「もう少し時間が経てば、このあたりも晴れてきますよ」
IMG_5808DPP
ということで、順番が来たら電話をくれることになっているので、朝食前の散歩がてら、この先にある用水路がきれいだというので向かいました

「御影用水」
思ったより遠かったのですが、さすがのこの曇天じゃあ、撮影気分は盛り上がらず
IMG_5812DPP
前後しますが、朝食を済ませた後は、ほんとに晴れてきて、クルマでここにやってきました
IMG_5852DPP
ま、青空が見えてると気分がまったく違いますが、紅葉の感じがもうひとつなのと、
IMG_5853DPP
引きすぎちゃうと、興ざめな電線が・・・
千ヶ滝から引いてきた水をそのままでは冷たすぎるので、ここで温めて水田に引いた・・・そうな(たぶん)

さて、朝食に戻ります
IMG_5824DPP
待つことしばし、
IMG_5829DPP

看板メニューは、自家製スープとパン?
IMG_5819DPP
IMG_5820DPP
残念ながら、この日は大好きなクラムチャウダーではありませんでした
IMG_5834DPP
ようやく入店。カメラの時刻情報では7時45分に着いて、店内入ったのが1時間後でした。
IMG_5837DPP
クラシカルな木造家屋です
IMG_5835DPP
オーダーは、家族それぞれ違うものを
IMG_5842DPP
「ポップオーバー」という、膨らんだパン
IMG_5841DPP
息子はフレンチトースト
IMG_5848DPP
自分は、「スープとエッグベネディクト」
IMG_5844DPP
店内は暗くて、17-40と6Dを持ち込んでライブビューで撮りましたが、6DとコントラストAFは、いまの時代遅すぎ
IMG_5836DPP
バリアングルは自分には余計ですが、デュアルピクセルAFとタッチフォーカスはいいよね
IMG_5856DPP
とか思いながら早食い一家は、あっというまに食べ終えて、用水路まわってから、とりあえず中軽方面へ
AF6Z1030DPP
青空も出てきて、写欲も出てきました
もう一回続きます

タグ:紅葉
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハロウィン [Photo&Life]

勤め先ビルのオブジェも有効活用しないままとりあえず一枚
IMG_4612.JPG
GX7MarkⅡ
早く上がれたら渋谷にでも撮影しに繰り出そうかと思ってたものの、おそくなったし、渋谷駅ホームの放送で「無理」を悟りました
P1040732_DxO
まあ、品川も新宿のストリートではまったくいつもどおり
P1040739_DxO
日本でハロウィンやってるのは、
P1040733_DxO
渋谷とディズニーリゾートとスポーツクラブぐらいでしょうか
P1040735_DxO
それでも、息子がいちおう付き合ってくれました
IMG_5715_DxO(retina)
EOS Kiss X7

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スリーサイズEOS [Photo&Life]

2017年9月現在の所有のDSLR(一眼レフ)は、「特大」、「中」、「特小」のEOS3モデルです
P1040477_DxO(retina).jpg
撮影:LUMIX GX7MarkⅡ
いずれもカタログ落ちの旧モデルだし、個々の撮影性能や付加機能にはそれぞれ不得手とする部分はありますが、その日のモチベーションや被写体によってどれかをチョイスしています
P1040482_DxO(retina).jpg
実際には、カメラとレンズとの組み合わせにもよりますが、手持ちのEFレンズにはISモデルもF1.4クラスの大口径もなく、基本的にはシャッタースピードで手ブレと被写体ブレを押さえ込む撮り方になります
P1040485_DxO(retina).jpg
これが、現行モデルになっても、SONYやPENTAX、PanasonicやOLYMPUSのようなセンサーシフト機能ないし、測距点の範囲も1DXといえども、画面のほぼ全域の任意の点で測距できるEVFミラーレス陣営にはかないません
IMG_5607_DxO(retina).jpg
その点、LUMIXのGX7Ⅱは、EVFをのぞきながらもフレーム全域に自由に設定できるタッチパッドAF機能や瞬時に左右の瞳を検出する機能に加え、大口径単焦点レンズでセンサーシフトで手ブレ補正が効くので、正直レンズの手ブレ補正やサイズや重量を優先するせいぜい、F2.8どまりのIS搭載レンズしか選べないリトルEOSよりも断然GX7Ⅱを持ち出すほうがいい場合がほとんどです

さて、今年の夏は、LUMIX用にズームレンズを買い足すよりも、X7の再活用を目論んでシグマの17-70ズームを新調したこともあってX7を持ち出すことが多かったのですが、ストロボを使わない夜のテーブルフォトでは、「F1.7・センサーシフトIS」搭載のLUMIXのほうが圧倒的に使いやすく、
IMG_5569_DxO
X7 SIGMA17-70
タッチ液晶による広角ライビューでの寄りを活かした撮り方がX7とシグマズームの得意とするところなのですが、ライブビューの使いやすさはEVF/背面液晶がストレスなく切り替わるLUMIXの使いやすさとは大きな差があります
P1040450_DxO
GX7MarkⅡ 20mmF1.7

デュアルピクセルAFが最大の武器になる現行EOSの一眼レフは、背面液晶とりわけバリアングル液晶ならなおさら、ミラーレスモデルのほうが撮りやすいことは間違いのないことで、EOS Mを選ぶ最大の理由もそこにあります
P1040445_DxO
GX7MarkⅡ 20mmF1.7
電源を入れて、ワンボタンを押してミラーアップのひと手間や、バリアングル液晶でいまどきタッチパッドがつかえないミラーレスなんて測距点の数がまったく活かせないうえに、大口径単焦点で手ブレ補正が効かないですからね
IMG_5521_DxO
EOS6D EF24-70mm F2.8LⅡ
フルサイズ用には手ブレ補正に頼らず、高感度頼みの方針ではあるのですが、
IMG_5573_DxO
X7 SIGMA17-70
それでも1/13秒でも安心して撮れる手ブレ補正ズームがあるといいわけで、次は6D用に24-70のF4・ISが大きさ、重さの点でもオールラウンダーなのでしょうが、ここはやっぱり、ときおり画角不足を感じるLUMIXの20mmを補完するための15mmレンズをプラスするのが、やはりベストチョイスでしょう
IMG_5514_DxO(Prime)
X7 SIGMA17-70
それでももっと撮影照度が厳しくなってくると、「高感度+大口径+手ブレ補正」の点では、フルサイズEOSでつかえる大口径手ブレ補正レンズが一本あってもテーブルフォトならLUMIXで十分だし、APS-Cの17-70を使い出すと、フルサイズ24-105ミリのレンジは確かに使い勝手のよさをも感じます

バックナンバー
20080904-170054.jpg
撮影2008年
冒頭写真を撮っていて、この頃の写真を思い出したので引っ張り出してみます
20080904-170909.jpg
撮影2008年
これまで多くのカメラとレンズを、メインとサブを使い分けながら乗り換えてきましたが、過去のカメラは買い直すことはありませんが、レンズはいちど手放しても、カメラが替わるともういちどつかってみたくなるもので、
20080909-071103
撮影2008年 EOS5D TAMRON272E
個人的な希望は、フルサイズでなくてもいいので、センサーシフト手ブレ補正のあるEFマウントのつかえるモデルの登場
20080906-130712_1
撮影2008年 EOS5D EF17-40mmF4L
とはいうものの、昔の写真を見返して、この時、いまのカメラとレンズがあったら、もっといい写真が撮れたはず・・・というような気持ちにはならないので、その時代や自分や家族の年齢とあわせてその頃のカメラとレンズをアーカイブしていくのが、この道楽の楽しみなとこなんだと思ったりもします

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Snapseed HDR [Photo&Life]

Googleアプリの「Snapseed」
IMG20170828 (18)S.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ JPEG・Snapseed
1DXのJPEG記録のCFカードからUBSケーブル接続でiPhone5へ取り込み、snapseedで「HDR風」
掲載画像は、パソコンでフォトショップで取り込みレイヤー合成で擬似ハーフND処理で手前の岸側だけ「スクリーン」で日射しの強さを強調してみました
IMG_3591
最近は撮影場所や食べ物などにも「インスタ映えする~」って接頭語がつけられているニュースなどを耳にしますが、
IMG_3717
そのためにスマホカメラから一眼レフやミラーレスへシフトしたりする若者が増えることは歓迎されことですね
IMG_3644
その点、Snapseedは、撮って出しJPEG一本勝負の昔からのカメラ愛好家がたまにつかうようなアプリではなく、スマホカメラでもデジタルカメラからの転送画像でも、SNSに載っける前のひと加工するにはもってこいのGoogle謹製のアプリ
IMG_3696
傾いた画像を補正すると、トリミングするのではなく、本来生まれる余白をフォトショップでいうところの、スタンプツールや自動背景合成をさらっとやってのけてくるところがすごく賢いところです

そんなわけで、SnapseedとiPhoneでの画像加工
IMG_3637
これまでもFacebookでシェアする程度でも、パソコン用の大画面でも耐えられるクオリティをキープしてアルバムとしてアーカイブしたいので、行楽先からのシェアはあくまでも速報程度での投稿にとどめ、
IMG_3665
基本は家に戻ってから、自分のアーカイブ用やブログ用のために、モニターガンマとコントラストとグラフィック制御でのカラーマネジメントされたモニターで、現像時やレタッチ時には目からの情報とヒストグラムの山を両方みながらRAW現像や画像加工を行います。
IMG_3661
そのうえで、SNS用にはフォトショップでSNS映えするようにコントラストで色の濃さを調整したり小さい画面用にトリミングしたりして最終的には、長辺2048かつ1MB未満にリサイズした画像をアップしています
IMG_3736
同じ写真でも27インチモニターとスマーフォンやタブレット程度では見え方や感じ方はまったく違いますが、光沢液晶でガンマ高めのスマホ画像には、トーン圧縮した「HDR(ハイダイナミックレンジ)」が映えることだけは確かです
IMG_3735
人物が入った写真をHDRにするとだと顔や肌がでこぼこになるので、Snapseedでは人物モードのプリセットが用意されていますが、それだと背景やオブジェクトがつまらなくなるので、オススメとしては次の手順
IMG_3664
1.HDR風で加工、効果が弱いと思ったら二度掛けします
2.人物で顔を検出して顔の部分だけに滑らか処理をかけてもらう

Snapseedのすごいところは、顔を検出した部分だけに滑らか加工やポージング補正までできること
フォトショップだと、顔部分だけをマスクしたりして処理することが100%ではないものの、スマホの小さい画面でもストレスなくできるインターフェイスもすばらしい
IMG_3729
HDRをつかわないときは、まずホワイトバランスのグレーポイント補正で色調と明るさの感じを整えてから、トーンカーブで暗部を持ち上げたりコントラスト補正調整というのがオススメ手順
snapseed.jpg
さらに、このほかにも傾き補正やディストーン補正(上下左右のあおり)ができるので、脚長加工なども思い通り

自分の場合は、パソコンで写真をいじったり見ることが基本なので、スマホのSnapseedもHDR風の味付けが中心になります
IMG_3707
もちろんHDRは万能ではなく、テーブルフォトには向かないし、多用すると自分でも他人からも飽きやすいとこですが、つかいどころはここ一発を基本にしていくか
IMG_3704
富士山はみえない霧のなかでの写真もこのとおりレスキュー
IMG_3703
箱根の山に泊まった翌朝は、未明からの雨風でやることないので宿でSanpseedでずっと遊んでいました
IMG_3698
帰宅後にiPhoneからパソコン転送した画像をみましたが、Snapseedの自動露出やHDRは嫌味がなく、photomatix要らずかもしれません
IMG_3651
もちろんHDR以外でもカメラからWi-Fiやケーブル雪像でSnapseedは活用していこうと思います

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フォーカスセレクト [Photo&Life]

帰省してます
44C8FC91-B56E-4B96-8824-A8AEEB26C41D.jpg
じっとしてないララちゃん(12歳)をフォーカスセレクトで
IMG_3143.JPG
iPhoneから投稿

夕焼け・鉄・HDR [Photo&Life]

夕飯の買い出しがてら6Dをぶら下げて線路脇にいってきました
IMG_4398_DxOHDR.jpg
EOS6D EF17-40  DxO/Photoshop
体験版のまま購入していないPhotomatix Essentialで読み込んでみたのですが、一枚画像のせいかトーンマッピングしても、どうにもしっくりこなくて結局フォトショップで自己流HDR仕上げ
IMG_4398_DxO_tonemapped.jpg
Photomatixの絵画風シリーズのプリセットやトーンマッピングによる調整や照明効果がピタリとハマってくれると、自己流よりもいい感じなんですが暗部が浮いてしまったりディテールは、しっかりRAWから起こしたほうがいい場合もあり、結局試してみる者あんまりつかわないんですよね
IMG_4398_DxO

もっともHDRってのは、撮影段階で露出変えて撮ったのを合成するわけなのですが、じっとしてくれない「鉄」を入れちゃうとそうもいかないですからね
IMG_4398_DxO(Prime)HDR

タグ:HDR

おためしスマートウォッチ [Photo&Life]

今年の父の日は、スマートウォッチを贈ることにしました
P1010616_DxO.jpg
撮影 GX7MKⅡ
父も自分もフィットネスとか運動はしないので凝った機能はつかわないだろし、とりあえず入門用でお試し
iWOWN i5っていう旧型のようです
安いので同じものを自分にも買って、予習しておくことにしました
P1010617_DxO.jpg
機能は、時計、歩数、LINEやメールの通知、携帯電話探し・・・といったところですが、すべてBluetoothで繋がっている状態が必要でしょう
Android用 iWOWNfit Pro
iPhone用 iWOWNfit Pro 
IMG_2815.PNG

iPhoneやAndroidで対応アプリを入れて、ユーザー登録して使います
P1010619_DxO
充電は、リストバンドから取り外してUSB端子につないで行います単機能ですが、個人的には、時計機能とプッシュ通知がでるだけで十分かな?と思っていますが手首をすばやく回転させると加速度センサー的に検知して消えていたLEDが表示されるのがなかなかのギミックですが、うまく検知してくれないことが多いので、指でタッチして時間を確認することになります
IMG_2814.PNG
一晩装着したままの結果です。どうやって深さを測っているのか?
AppleWatchだと、ほかにどんなことができるのかも未知なのでしばらく時計と万歩計としてつかってみてから考えます

こんにちは赤ちゃん [Photo&Life]

生後約2週間の赤ちゃん
AF6Z9158_DxO(retina).jpg
EOS-1DX EF135mm F2L
お祝いを兼ねて、EOSとGX7で記念ショットを撮らせてもらってきました
P1010427_DxO.jpg
GX7MK2 20mm 
寝てところや笑ってる写真をスマホカメラでたくさん撮ってるだろし、普段用も私がおすすめしたこの組み合わせなので赤ちゃん撮るにはもってこいでしょう
AF6Z9351_DxO
どうせならと一眼レフらしい写真にトライしようと1DXと135mmで動きを狙ってたくさんショットしてきました
AF6Z9300_DxO
ネコと変わらない大きさでしたので135ミリで全身ポートレートは入るのですが、赤ちゃんだけを撮ってもねぇ
AF6Z9344_DxO(retina).jpg
お母さんといっしょの写真が数年後、数十年後にみて記念になる写真なのかな?
DSC02484.JPG
Finepix700 1990年
さて、ことし18歳になるうちの息子も、ぎりぎりメガピクセルのデジカメ世代。ビデオもデジタルでデビューでしたが、同時は撮った写真を実家のじいちゃんにメールで送るにもサイズを小さくしたり、動画をシェアするなんてたいへんな通信速度だったかな?

27インチモニター [Photo&Life]

パソコンのモニターを買い替えました
AF6Z8952_DxO.jpg
前の23インチモニターは去年の夏あたりから、入力端子の種類によっては信号を受け付けなくなっていたのをだましだましつかっていたり、テレビ用のフルHD のISP 37インチビエラをつかっていたりして急場しのぎをしてきました、ついに入れ替えることにしました
AF6Z8953_DxO.jpg
数年に一回のメインモニター入れ替えの機会なので、同じ27インチでもキャリブレーション機能付きでWQHDの高解像度タイプや30インチぐらいのほうがいいなと迷ってはいましたが、プリント用やデザイン用途でもないし、とりあえずSpyderでキャリブレーションしてるから、27インチ・フルHD・非光沢・IPSで探してみましたが正直よくわからないのでとりあえずメーカー保証を受けられそうなところで決めたというところです
gigggg5.gif
解像度に関しては、水平方向は不満はないのですが、スマホの縦型モニターが主流にもなりつつあるいま、1080画素だと縦は少々不満もありますが、YouTubeなどをみるにはフルHDぐらいのほうが見やすかったり悩ましいところ

写真画像
1.AdobeBridge
gigggg.gif
カードリーダーに挿し込んだ画像の取り込みからRAWとJPEG、動画ファイルをフォルダごとに分類します
2.DxO Optics Pro 
gigggg1.gif
複数カメラで撮ったときも、日付名フォルダの下層にRAWファイルだけに分類し、RAW現像します
DxOのつかいやすいところは、Lightroomのような読み込みや、Silkypixのような下層フォルダが自動的にできたりしないところもあります
3.シーイメージ フォトのつばさ
gigggg2.gif
現像したJPEGをRAW用フォルダから保存用フォルダに移動させたあと、画像ビューワーでチェック
フォトのつばさを手放せない理由は、全体チェックやカット選びを、ワンクリックやショートカットキーで並べて等倍チェックもできるし、フォトショップにもすぐに飛ばせること
カメラや現像時の比較チェックには、同一画像を設定ごとに比べてRAW現像をやり直すこともあります
2010年以降更新されていないので、新規の方は手を出しづらいでしょうが、このビューワーが将来つかえなくなるのが心配しています
4.Adobe Photoshopフォトショップ(CS5)
gigggg3.gif
CS5で止まっていますが機能的に支障はありません。ブログやSNS用やネットプリントをオーダーするときにトリミングやリサイズをします
たまにつかうHDRもありますが、RAW現像よりも微妙な階調補正やマスクレイヤー処理も含め最後に出力するのはやっぱりフォトショップからでしょう
あと、PORTRAITプロやDxOViewPointとのやり取りも、フォトショップのプラグインから行います


動画用ソフトウェア
5.TMPGEnc MPEG Smart Render
gigggg6.gif
以前AVCHDでもEOSムービーでもMP4でもPremiereProに読み込んでカットつなぎ&編集してからYouTube等に載せていたのですが、スマートレンダラーをつかうようになってからは、もっぱらこれだけでカット&つなぎと簡単なタイトルいれています
4Kフォトで撮った画像もここから切り出しもできますが、カメラでやらないと撮影データが残らないので使い勝手は微妙
4K動画もPremiereでは4K出力できませんが、スマートレンダラーで出力してYouTubeに吐き出すにも非力なパソコンでも可能です
ただし、4K動画を見るにはうちのCPU(=Corei3の数年前のもの)ではちょいと無理んなんですよね
6.AdobePremierePro CS5
gigggg4.gif
少し手をいれた動画やマルチカメラをつないだりするときはPremiereです
PremiereProでマルチトラック編集をするときだけは、フルHDパネルよりもWQHDパネルがほしいと感じます
とまあ、モニター入れ替えレポートと写真&ビデオファイル用ソフトウェアのご紹介でした
肝心のモニターレビューですが、LEDで輝度ムラが少なく、同じ解像度ながら23インチよりも大きく、37型のように息苦しくなる大きさでもあらのみえる解像度もなく、画質チェック用としてはまずまず不満のない感じがしています
ガンマや明るさ調整でフラットな調整はやりづらい気はしていますが、これは前の23インチ三菱でも同じで、ガンマを追い込むには液晶VIERAのほうがやりやすい
いまは6万円台で買える、BENQの2700PTモニターもつかってみたかったのですが、まずは27インチでいいのか?のチェックも含めて今回の製品チョイスになりました

前の10件 | - Photo&Life ブログトップ