So-net無料ブログ作成
Photo&Life ブログトップ
前の10件 | -

節分2018 [Photo&Life]

ことしの節分は土曜日
IMG_7725.JPG
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm
去年の今頃はフィリピン旅行中だったので、恵方巻きや豆まきは必然的にスルーしちゃうしかなかったわけで、このアプリも2年ぶり
IMG_7726.JPG
酢飯が苦手な息子に合わせた、わがや特製の牛肉巻
P1070443_DxOs.jpg
黙々と一気に食べました
IMG_7704.JPG
豆まきは、さすがにこどもじゃないので盛り上がりませんがいちおうルーティンなので
P1070452
普段はつかわない4Kフォトモードで撮影して切り出してみましたが、ビデオライトぐらいつかわないとね
P1070446_DxO
そもそも巻く、豆そのものが袋詰めの横着になってますから気合もはいっていませんが、GX7Ⅱのとりわけ暗所での4KフォトモードのAFの遅さは、GH4の頃と変わってないですね
IMG_7726.JPG
このあたりは4K画質とマルチアスペクト対応したGH5Sは4K時のAFもよくなっているのかな?

タグ:節分
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雪かき [Photo&Life]

首都圏大雪デーから一夜明けて
P1070412_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G12-32mm
仕事休んで雪かきをしたいところですが出勤です
P1070414_DxO

坂道に囲まれた住民はクルマなんてとんでもなく、歩きも慎重にね
P1070417_DxO
と思ってたにも関わらず、さっそく下り坂で尻もちをつきました
P1070418_DxO
みなさん少し早めの出勤のようで、自分にとっていつもの電車がちょいと混んでましたがほぼダイヤ通りの翌朝
P1070419_DxO
ビルの影でほぼ一日中陽が当たらない場所ばかりなのでしばらく雪が残りそうです
P1070420_DxO
前回の大雪のあとで備えておいた雪かきグッズが活躍してくれたようです
DSC06691_DxO

タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

関東大雪日 迂回ルート [Photo&Life]

大雪の影響で帰宅がどうなることかと思いましたが、新幹線で大回りしてきたルートが大当たりでかなり快適に帰ってこられました
P1070367.jpg
GX7Ⅱ 15mm
品川駅は山手線と新幹線以外はあまり動いてなさそうで大混雑ムード
18:30
P1070353
山手線がすぐにやってきたものの、原宿のホームドア故障とかでなかなか発車しないので、こりゃこの先やばいと思い電車を降りて新幹線ルートに切り替え
P1070354
嫁さんから電話やLINEで情報を得ながら、まずは新横浜までいってあとは、そこから考えようかととりあえず新幹線ホームへ
18:55
P1070357
どのみち、新宿からの小田急はすごいことになってそうだし
P1070356
こだま自由席はガラ空きで、超快適な15分
P1070359
この先を気にしつつも、とりあえずすんなり新横浜へ到着
19:04
P1070361
懸念していたJR横浜線でしたが、運良く待つこと数分だけでやってきてくれました
19:06
P1070363
時間はかかりましたが、停まることなく無事に町田まで運んでくれました
19:37
P1070364
町田までくれば、あとは上りの小田急線に乗るだけ
19:38
P1070365
ここまで奇跡の1時間。山の手動いていて新宿に突入してたら間違いなくまだ乗れてないはず
P1070366
すっかり気が大きくなって、ちょいとトイレを借りつつヨドバシカメラへいくとさすがに人がいない
P1070368
お客さんがほぼ皆無のデジカメフロアで、G9Proを触らせてもらい、せっかくの記念なので、NEX用にFlashairの最新モデルを買ってきました
19:51
P1070370
雪の日は、やっぱりストロボ搭載のLUMIXですね
P1070373
ポイント動かなくて止まっていたらしい小田急も回復
19:55
P1070375
このあと無事、最寄り駅まで帰り着くことができました
20:25
P1070380
まあここまで2時間ですが、あとは、写真撮影を楽しみながら歩いて帰るだけ
P1070381
さて、明日の朝は道も電車もどうなることやら
P1070389
ともあれ、きょうのルートは運良くいろいろラッキーでした
P1070390
いまだに、苦労されてている人が多いことと思いますが、これ投稿したらもう寝ます

タグ:
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

結婚記念日 備忘録 [Photo&Life]

23回目の結婚記念日です
P1070340s.jpg
GX7MarkⅡ 15mm F1.7
おととし、ローソクを買い間違えたので今回は間違いなく・・・
P1730485_DxO(retina).jpg
GX7 20mm F1.7
備忘録としては、カメラとレンズも入れ替わっています
いまのところまったく欠点のない、GX7ⅡとSUMMILUX、1年後もこのままか???

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プライベート ブライダル撮影 [Photo&Life]

最前列 新婦父親席から
IMG_1434_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF17-40mm
新婦父親としてどこまで機材持ち込みが許されるのか調べてみたけどはっきりせず、息子にカメラバッグを置いておいてもらいつつ、バージンロードはGX1MarkⅡとSUMMILUXでムービー撮りしてもらいました
P1070249_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm F1.7
ま、ビデオもスチルも業者に頼んでいるのですが、この娘の物心付く前から日常からすべてのイベントをビデオや写真に収めてきた身としては、手ぶらで座ってるわけにはいきませんでした
AF6Z1311_DxO.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
6DMarkⅡのEOSムービーは、画角が狭くなることと、内蔵マイクがUSMの作動音を拾っちゃうのがネックではありますが、デュアルピクセルAFと電子ISのサポート付きのフルHDの60Pは、これまでの動画撮影機材として最高クオリティでした
AF6Z1315.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
ただ、左手で6DⅡで動画を撮りながら、24-70の1DXで片手撮りって、シャッター優先にし忘れててやっぱり手ブレさせちゃってて二兎は得られずじまい
IMG_1449DPP.jpg
EOS6D MarkⅡ EF17-40mm
IS付きのF4ズームを調達しておくべきでしたが、雲ひとつない晴天だっただけにシャッター優先でスタンバイしておけなかったのが唯一失敗でした
P1070256_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ SUMMILUX15mm F1.7
親族って写真に映らなきゃいけないわけで、カメラ預けて撮ってもらうわけにもいかず、このあたりはプロ任せ
AF6Z1396_DxO.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
披露宴がはじまっても、モーニング姿でそんなに目立つわけにもいかないよなと思いつつも、
ま、主賓や来賓じゃないけど、親族側ってのもおもてなし側でもあるものの、主賓のあいさつにお礼いって乾杯が終わっちゃえばラストまではとくに出番もないわけで顔なじみのこどたちにも挨拶がてら楽しくやってきました
AF6Z1433_DxO.jpg
EOS-1DX EF135mm F2
それでもはじめは遠慮がちに135ミリで遠目から撮ろうとしたものの、結局、親族席からは障害物が多すぎて足を使わないとやっぱりムリです
AF6Z1436_DxO.jpg
そんな感じのプライベートブライダルショット
動画はオートフォーカス化したEOSムービー最新鋭の6DMarkⅡと17-40に、息子が撮ってくれるLUMIX
スチルは、もっぱら430EXⅢをつけた1DXと24-70ズーム
AF6Z1448_DxO.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
テーブルフォトはもっぱらストロボもライブビューもつかわずプラス補正、「一品・ワンテイクカット」で手際よく収めていきます
AF6Z1482_DxO(PRIME).jpg
この2枚は、うちのカメラはストロボ非発光で露出はまったく同じなのですがワンショット目が、業者カメラのスピードライトの発光とばっちりシンクロして露出オーバーになってました
AF6Z1483.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
業者カメラマンは5DⅣの二台持ちとなぜか7DⅡに35mmとかの単焦点付けてライブビューで撮ってたのでエンドロール専用のムービー素材なのかな???
AF6Z1544_DxO.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
このあともお色直しの退出、再入場や余興などは6DⅡムービーと1DXスチルでちょい撮りしてたのですが、ベストポジションかぶっちゃうし、撮影のじゃまをしないように業者の「おまけカメラマン」として楽しませてもらいました
IMG_6671C.jpg
といっても、自分の家族写真もあるわけでそのときは幼なじみに撮ってもらいました
AF6Z1601_DxO_1.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
蛇足ながら、会場はスマホカメラだらけ。なかには自分のスマホを「撮ってくださいと」となんの抵抗もなく業者に頼んでしまう若者もいて、こいつらにとっては、撮影機材を含めたプロ撮影のスキルとかっていうのは、まったく関係ないんでしょうね

IMG_1493_DxO.jpg
無事披露宴も終わり、モーニングから平服に着替えて、こんどは二次会のスナップ&集合写真係としてひと働きしてきました
AF6Z1678_DxO.jpg
二次会は当然業者もいないしビデオも回らないので、こっちのほうがマメに撮るべきなのですが、
AF6Z1709_DxO.jpg
なんだかんだで朝からずっとスタンバイ状態で疲れてきてたし、
IMG_1523_DxO.jpg
そもそも、結婚式の二次会とかビンゴゲームとかって何十年ぶりだし、このグダグダ感がオヤジにはちょいと辛い
IMG_1552_DxO(PRIME).jpg
集合写真を撮り終えて、無事ミッション完了。なんだかんだで150枚ほどのショットと総計20分ほどの動画回してましたが、バウンスがつかいづらい空間だったので、どうせなら、きちんとしたデフューザーやLEDライトとかを準備しておけば楽しめたはずですが、ま、こんな機会はプライベートではそうそうないですからね
IMG_1575_DxO.jpg
この日は後泊。反射しないようにカーテンの向こうに三脚に載せた6DⅡをWi-Fiリモートシャッターで長秒露光
翌朝はタイムラプスでも遊んでみましたが曇っていたし太陽がちょいとズレていて失敗に終わりました

タグ:ブライダル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フルサイズキャンペーン [Photo&Life]

6DMarkⅡの購入者特典の品が届きました(おそい)
P1110016_DxO.jpg
SDカードの64MBはもっていないのでありがたいけど、バッテリーは、GPSを入れっぱなししていたとしても、さすがに3本を使い切るようなことはそうそうないでしょうが、6DⅡで長いイベント動画とかを頼まれてもこれで安心です
ストラップは保管しておきます

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

謹賀新年2018 [Photo&Life]

ことしもよろしおねがいします
IMG_1231.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017年カメラ振り返り [Photo&Life]

年の瀬なので、2017年のカメラライフを振り返ります
P1100051_S.jpg
2016後半から2017年初旬から加わったEOS 6DとLUMIX GX7は、どちらも「MarkⅡ」になっています
P1100049_S
どちらも現行カタログモデルだけあって、Wi-Fi機能をはじめとする付加機能から、AFや手ブレ補正などの基本機能が充実していて、このままあと5年、10年つかっても何に不自由ない仕様になっています

EOS6Dと広角ズーム
P1070001_S
EFレンズは、2016年のクリスマス頃にEF17-40を買い直し、この1年よく使いました
P1060119_S
EF17-40は、2月のフィリピン旅行用に1DXに付ける軽量小型レンズとして調達したものですが、6Dに付けても短くてかさばらず通勤カメラや宴会撮りでも広角ズームは大いに活躍してくれました
IMG_2933_DxO.jpg
2017年2月 EOS6D EF17-40mm F4
6DMarkⅡになって、ライブビュータッチフォーカスが俄然つかいやすくなり、その分、広角といえども手ブレ補正搭載レンズが使いやすいはずなのですが、動画ISの電子手ブレ補正が強力なので、広角レンズにはISはさほど魅力がなく、ひさしぶりにF1.4やF2クラスの広角~標準レンズを一本加えたいと思っています

1DXと6D
P1070003_S
シャッターフィールをはじめメカニカルさに惹かれて一生つかうつもりでモデル末期の新品で手にしてから実質的に2シーズン目の1DXですが、6DがMarkⅡになっても、一眼レフファインダー機としてつかいどころは今後も変わらないでしょう
AF6Z0987_DxO.jpg
2017年11月 EOS-1DX EF24-70mm F2.8L Ⅱ
ことしはブログにはあまり載っけていませんがスナップショットをたくさん撮ったこともあって、1DXの速写力や仕上がりは初代6Dとは比較にならず、また6DⅡになっても縦位置撮り、マルチコンローラーダイレクトでのファインダー測距エリアのつかいやすさはまったく違います
IMG_5678_DxO(retina).jpg
初代1DXで不満を感じるところは、Wi-FiとGPSがなく、CFデュアルのため、汎用のFlashAirがつかえなかったり、GPSユニットも装着すると突起になってじゃまなところ
IMG_4925_DxO(retina).jpg
iPhoneへの転送はケーブル接続で対応できるし、GPSはまあつかいたいなら我慢でしょう
P1040477_DxO(retina).jpg
なお、6DやGX7の影に隠れてあまり出番のなかったX7は、最後にシグマズームを与えて存在意義をアピールしてみましたが、三脚を新調して、ことしのイルミネーションで活躍するはずでしたが
IMG_5729_DxO.jpg
2017年11月 EOS KissX7 SIGMA 17-70mm F2.8-4 Contemporary
エビスイルミネーションを最後に、6DMarkⅡ調達資金のために手放すことになってしまいました
P1070005_S
そんなわけで、2017年末はリトルEOSもAPS-C機もまったく不在ですが、なにかの折には6DⅡやLUMIXが十分代わりをつとめてくれます

LUMIX
IMG_1034_S
2017年は新旧GX7を使いましたが、チルトファインダーと握りやすさは初代ですが、ローパスレスセンサーや動画ISなど多くの面でMarkⅡが優れています
IMG_1033_S
最近、SUMMILUX15mmが加わってGX7MarkⅡは、もはや最強。6DⅡに35mmF2を買ったとしても出る幕がないかもしれません
IMG_1035_S
GX7Ⅱから。とくにすばらしいのは動画IS。小さい子供もネコもいない我が家ではそれほど使用頻度はないものの、GX7Ⅱの優れたAF性能と動画ISを生かしたいがために、15mmレンズを買ったわけですがスチルスナップでは20mmのほうが、いい構図が多い気がします
IMG_1036_S
G9PROが、これから売り出し中のLUMIXシリーズですが、GX7Ⅱ以降のLUMIXは、空間認識AF、ローパスレスフィルター、センサーシフト&動画ISと、とくに単焦点レンズをつかったときはGH4以前のモデルとは使い方や撮り方が変わってきています
P1110001_S
自分の場合LUMIXデビューはGF1が先なので、LUMIXはこのスタイルが好きですが、大きくなったG9もシステム全体ではEOSやNIKONよりはまだまだコンパクト
DMC-GF1.jpg
2009年12月 GF1デビュー
モデルを重ねるごとにダウンサイジングするのがマイクロフォーサーズの行く道と思われていましたが、時代もニーズも変わることを感じてしまいますが、GF1はいまだにGX7よりも持ちやすくボタン操作や配列も優れています

アクセサリー
P1070011_S
ベルボンのウルトレック付属の雲台とプレートがよかったので、スリックのカーボン用にもうひとつ購入しました
P1070012_DxO
ウルトレックは、太くて重いので通勤バッグには収まりは悪いけど、縮長30cmはときに役立つでしょう
AF6Z8828_DxO.jpg
あと、ことしはひさしぶりにビデオ専用のボールレベラーの三脚を買い直しました
IMG_5045_DxO.jpg
スチル用三脚にレベラーと安物のビデオ用雲台の組み合わせはやっぱりもうひとつ
P1010669_DxO.jpg
ラジオワイヤレスとしてはつかっていませんが、初代430EXとは接点部分も安定し、ダイヤルによる光量調整も含め格段につかいやすくなっています
P1070007_S
こうやって振り返ってみると今年はレンズは新調していない分、三脚やスピードライトに投資ができました
IMG_1070.jpg
ウルトレックと430EXⅢ-RTに6DMarkⅡでWi-Fiリモートシャッターでの一日早いファミリークリマスディナーセルフショットで、2017年の進歩を感じました

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レンズマグ プレミアムギフトボックス [Photo&Life]

先月の中頃のDMで予約購入していたレンズマグセットが届きました
P1060052_S.jpg
レンズキャップ型のフタがついた70-200F2.8を模したタンブラーと50mmF1.2をモチーフにしたマグカップ
P1100035_S
広告メールが届いたとき、はじめは70-200だけを買ってみようかなと思ったのですが、5000円以上なら送料無料だし、個別に買うよりもお買い得でコースターもついてくるから、自分で買うならボックスしか選択肢はないでしょう
P1100048_S
そんなわけで、衝動予約購入してからコンビニ決済をしたのが確か先月の20日頃だったので、忘れていた頃に発送連絡がきました
P1100040_S.jpg
一番リアルなのは、レンズキャップならぬマグキャップです
P1100044_S
コースターもこんな感じでなかなかにレンズ絞りと
P1100045_S
マウントとセンサーがデザインされていてなかなかに気が利いたデザインです
P1060046_S
お遊びで白いLUMIXと合わせて遊んでみたり
P1060060_S (2)
実際にコーヒーを淹れてつかってみると、フタ付きで300mlの白レンズマグが実用的でもあり満足感が高いです

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DxO Photo Lab リリース [Photo&Life]

名称も変わった「DxO PhotoLab」の優待アップデートの案内メールが届いたので早速インストール
dxoprolabo.jpg
その他の機能などはとくに確認していませんが、今回の目玉は部分的に画質調整=マスキングできるようになったことでしょう
少し調べてみたところでは、どうやらDxOが、NikSoftwareをGoogleから買い取り、U poinntコントロールをDxOに組み込んだためにマイナーチェンジではなく名称変更と合わせた新製品なんだろなと理解しました
デジカメWatch「DxO、「Nik Collection」をGoogleから取得 開発継続へ」
LightroomやPhotoshopでつかえた無料プラグインだった(らしい)Nik Collectionを今後も更新して使いたいならLightroomのプラグインでDxOを買ってね・・・っていうのがひとつの戦略なのかもしれません

現像用画面などのインターフェースはとくに変わらないのですが、まずは新機能のマスキング(部分調整)で段階フィルターを試してみる
IMG_5889_DxO (2)
IMG_5889_DxO
天窓の露出は同じで、通路側部分だけを明るくしたりコントラストや色温度をいじったりできるので、これまでハイライトとローライトをバランスをとりながら、階調補正していたストレスから開放されます
IMG_5888_DxO
スナップポートレートなどで肌部分だけマイクロコントラストを下げたり、色を整えたりと特定部分だけをマスキングして全体を大きく補正したりできますが、塗りと消しゴムをどれだけうまくつかえるかが重要なところですね
IMG_5888_DxO (2)
少しいじった感じでは、ブラシサイズの拡縮がCtrlやAlt、Shiftとマウスに割当てられていて、コツさえつかめば、「塗り」と「消しゴム」のサイズを変えて、きれいにマスキングできますが、一方で、フォトショップをつかっている錯覚を覚えてしまうと、画面サイズの拡縮や戻すときのCtrl+0のショートカットに慣れていると正直戸惑ってしまいます
AF6Z0406_DxO
その点、「段階補正」は、たとえば水平線を基準にハーフNDのよう補正するには、とっつきやすくきれいにグラデーションマスクがかかります
AF6Z0406_DxO (2)
うちに場合は、EOSだけならDPPだけで生きていけそうなのですが、LUMIXもつかうことと、いまのところDPPでつかうのは、風景写真で解像感を求めるときにつかうDLOとピクチャースタイル「ディテール重視」だけ
P1040932
P1040932_DxO
とまあ、そんな感じで、現像時にちょいとうまくトーンが合わないなというときには、マスク部分にブラーを掛けつつ、色温度と露出を調整
AF6Z0898_DxO-1
ジオラマ風処理もDxOだけで簡単にできるようになりますが、マスキングや調整レイヤー的な操作はフォトショップの経験がないと、ちょいとまごつくかもしれませんね
どうせならプリセットで「ジオラマ風」とかを入れたり、顔検出自動マスクとか・・は今後のアップデートに期待でしょうか

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - Photo&Life ブログトップ