So-net無料ブログ作成
航空ショー ブログトップ

ブルーインパルス くぼやん飛びモノ撮影初体験 EF70-200mmF4LIS [航空ショー]

前回のHDV動画につづいて、横浜開港祭「ブルーインパルス」

平日イベントでも、みなとみらい勤務の身としては超ラッキーなわけで、同僚「くぼやん」は、5DMarkⅡの値下がりを待ちつつ、この春購入したEF70-200mmF4と30Dのコンビで、「飛びモノ」初挑戦(らしい)
IMG_5149gyakkovga.jpg
EOS30D EF70-200F4LIS F13・1/250秒 ISO100 RAW+Photoshop

撮ったままのCFカードをM80で受け取ったので200枚のRAWファイルをDPPで一括現像
WB=太陽光、ピクチャースタイル=風景、シャープネス2の「レシピ」を一括適用したものの、けっこう時間が掛かるもんです
まんまの色だと面白くないので、フォトショップで逆光フィルターとレイヤー効果でレタッチしてます

焦点距離は187mmですが、少しトリミングしてるので200m相当でしょう

オリジナルRAW現像はこちら
IMG_5149

「ぼやん」が、5DMarkⅡを躊躇している理由には、いまつかってる非力なノートPCも同時に買い換えないといけないのもあるようですけどね


さて、自分もスチルでの「飛びもの」撮影は、経験豊富というわけではありませんが、20Dがメインの頃に、ツバメで多少なりとも修行したり、2007年には入間基地にもいったので、飛びモノ初心者の「くぼやん」が、はじめて「スポーツモード」で撮ろうとするのを諌めたら、絞り優先(F13)で感度100で撮ってたみたい・・・

いかにIS付とはいえ、カメラ振り回すわけだから最低でも1/500秒くらいはマージン残したいとこでしたけど、案の定、こんな感じの流しブレ画像多し・・・(無断掲載しちゃいます)
IMG_5146.JPG

とはいえ、さすがは定評あるLズーム
IMG_5123vga.jpg
ばっちり捕捉できれば、シャープな描写力はテレ端でもバッチリですね(ピクセル等倍)

2895652
元画像 200mm F13・1/200秒 ISO100

自分の広角5Dでも、絞りはF13にとどめて、感度200でシャッタースピードのマージン稼いでたのに
どれが正解かは状況次第ですが、「くぼやん」の反省の言葉を借りれば、機体がアップでとらえつつ中央にフレーミングするのは、予想以上に難しかったとのことでした

自分は、HV20(HDV)の小さいVFで430mm相当の手持ちのブレがきびしかったけど、おおむねいつもどおりでしたかね
このところ下手な三脚撮影ばかりでしたが、平成のはじめ頃からビデオのモノクロファインダーをみながら手持ちで撮ってきた、「杵柄」はありますかね

きっと腰の回転と立ち方が甘いんでしょう!(^^)!


たしかにAPS-Cの1.5倍ファインダーで200mmでセンターでフォローしつづけるのは難しいかもしれませんが、ケータイで撮るのはきっともっと高度な技術が要求されるはず

20090602-131453
いらんお世話ですが、左の女性のはケータイは、おそらく0.数秒前の向きで止まってますし、黒いキャップの男性のFinepixも片手で撮ることないんじゃない??

20090602-131448
こちらの手前の女性はG7かG9ですかね
こういう人の集まるとこや運動会で、他人のカメラや撮影スタイルをウォッチするのもなかなか楽しいもんです

ま、こんな感じで、せっかく「海」と「空」を入れたくて、広角を付けてきたのに、人の頭で海はまったく見えずじまいでしたけ
20090602-131152
5D EF17-40 F13・1/400秒 ISO200 17mm
左手前が「くぼやん」ですね

ブルーインパルス終了後、ちょいと30DとEF70-200を触らせてもらいましたが、20Dと同じシャッターの感触を懐かしく感じつつ、評判の爆速AF・USMは、D90と70-300とは一味違いそうな感じでした

さ、次のチャンスは50年後の開港200周年記念・・・
20090602-132442vga.jpg
5D 17-40
・・・自分の年齢の平均余命を超えてますね

flickr スライドショー


ブルーインパルス みなとみらい~横浜開港150周年イベント [航空ショー]

6月2日 午後13:00-13:20
「みなとみらい」にブルーインパルスがやってきました
20090602-130647vga.jpg
5D 17-40mmF4L

前日に、勤務先の窓から飛行機が見えたので調べてみたら、きょうが本番のブルーインパルス
横浜開港150周年イベントです
おととしの入間の空(関連記事)で見た以来ひさしぶりだぜ・・・ブルーインパルス

なので、朝はいつも通勤バッグをクランプラーの5ミリオンダラーに代えて出勤
「臨港パーク上空」・・・という、あいまいな事前アナウンス

「はて、どこからどう撮ろうか」と迷いつつ、「やっぱり動画も撮りたい」わけで、チョイスしたカメラは、5DとHV20

結局、同僚の「くぼやん」と連れ立って、昼休みに海っぺりへ出動しました


HV20は、完全手持ちAF撮り
ND8のフィルター付けてシャッター優先1/60秒で絞りがおおむねF5.6で小絞りボケは回避しましたが、どうも北よりの空は雲があって、どうにもみづらいビューファーで遠くから近づいてくる機体を中央で捉えるのには苦労しました

自分の左側からは、くぼやんの20Dのシャッター音が、右からは見知らぬ1D系に高倍率ズームつけたおじさん(自分より若いか?)の乾いた切れのよいシャッター音が聞こえてきます


臨港パークに到着すると、スポットを探すどころか、こりゃまあ大混雑で身動きが撮れない
20090602-125918.jpg

なんといっても150年に一度のイベントに、ブルーインパルスがやってくるわけで、狙いは望遠ズームの編隊なんかじゃなくて、狙うは、海とビルとブルーインパルスの「猪鹿蝶」・・・のはずが、これじゃあねぇ~

20090602-132253
そもそも、じゃまなのがコカコーラの特設ステージみたいなもの・・・
こんなじゃまなものを海っぺりに置きやがって、何人の人が迷惑したことか・・・

20090602-131032.jpg
同僚くぼやんは、愛機30Dで新鋭70-200のF4Lで動体撮影ははじめて

IMG_5242
EOS30D EF70-200mmF4L 撮影くぼやん

RAW撮り専門のくぼやんも、途中でカード容量が不足してきてJPEGに切り替えたのだけを送ってきてくれましたので、またRAW現像したのがあれば追記したいと思います


フルサイズ17-40mmをF13の絞り優先で感度200で撮りましたが、いかんせん広角でひいても空と人の頭が写るだけ
20090602-131150
5D 17-40mmF4L
ピクチャースタイルを「風景」にしたせいで、ブルーインパルスがちょいと輪郭が太くなっちゃいました

20090602-130151.jpg
5D 17-40mmF4L
ビデオと二兎追いのせいでスチルはこれというのがなかったものの・・・

20090602-131711vga.jpg
5D 17-40mmF4L
入間では収めきれなかった、こんあのも余裕しゃくしゃくだったので、カメラとレンズチョイスに悔いはなし
ただ、これじゃどこの空飛んでるのか説明がないとわかんない・・・

そんなこんなで、あっというまに20分間終了し、人が去ってようやく海が見えました
2886134
EOS30D EF70-200mmF4L 撮影くぼやん

結局、海っぺりからはビルとインパルスは収めることがかなわずじまいに終わり、職場の窓からのほうが面白い写真が撮れたかも知れませんが、天気もよく、「みなとみらい」に勤めていてよかったと思えるイベントでした

そんなわけで、みなとみらい上空のブルーインパルス
理想としては、ランドマークの展望台にあがったら、入間ではぜったいとれないような映像が撮れたと思うんですがねぇ~

Flickr スライドショー

EOS 40D 「いきなり航空ショー」~200枚連写ムービー [航空ショー]

キヤノンHV10で撮ったHDV動画とあわせて、40Dや20Dで撮影した静止画もつかってビデオ編集をしてみました

40Dとタムロンの28-300ミリやEF-Sの17-85でブルーインパルスを秒間6.5コマの連写で追いかけた素材を並べて動画にしてみるとこんな感じ

 

1コマ5フレームにしたので計算上は、秒6コマ
34秒なので約200枚分です

続きを読む


EOS 40D 「いきなり航空ショー」~タムロン300ミリズームの写り [航空ショー]

2007入間航空ショーで撮った40Dと20Dを比べての対決編
・・と思ったものの、2台で同じように撮った写真を見ても、レンズも焦点距離も違えば記録画素数も(いちおう撮影者の技量も)違うわけで、撮影画像をみくらべてもよくわかりませんでした

我が家の20Dとは、30Dを隔てて2世代後継のEOS40D

秒6.5コマにスピードアップした連写機能に、ライブビューやら3型液晶などの分かりやすい新機能には惹かれる気持ちはないんですが、全9点クロスセンサー化されたの測距精度の向上には発売当初から興味深々だったので、そのあたりをじっくりみてみました

具体的には、うちの20Dでは「NG判定」となったタムロンA06=AF28-300mmF3.5-6.3のXRDi

このレンズ。シグマAPOの70-300の使い勝手とズームリングの操作感に馴染めず買い換えたものですが、20DではAFがいまひとつだったし、友人のKissDXでつかってみても前ピン、後ピンという感じじゃなくてピントが甘いという印象で個人的には「ダメだし」をした代物

ただ、フルサイズの5Dやフィルムカメラでつかると、ピントもビシバシ合うらしいって評判もあり、40Dだとどうなんだろう?っていうのが気になってました

今回の入間航空ショーで相棒君が撮影した数多(1250枚)の写真をみると、さすがに1000万画素+300ミリで捉えた写真は、被写体が無機物なせいかそこそこいけるんじゃないの?とは感じたものの、正直40Dになって「使えるレンズになるか?」といわれるとこれまたよくわかりませんでした^^;

40D+300ミリで捉えたブルーインパルスのファインダーのイメージ

続きを読む


タグ:航空ショー

EOS 40D 「いきなり航空ショー」プロローグ編 [航空ショー]

ブルーインパルス20D&HV10編のつづき
(今回は結構長編)

今回ネタの主役は、航空ショーの4日前にEOS40DとEF-S17-85をキットを買って、IXYコンデジからデジイチデビューしたばかりの「拓海くん(仮名)」です
「EOS40D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM」

(撮影20D EF50mmF1.8Ⅱ)

「拓海くん」は、今年の富士F1GPで、IXYもって観戦にいったものの、撮った写真が全滅だったらしく、それからこの航空ショーまでのあいだに、私からの吹き込みもあり、当人なりにあれこれ研究しつつ、デジイチデビューを決断し、ボディは40Dに決定。

また、ボディは早々と決まったが、さんざん迷ったのがレンズ。
デジイチもフィルム一眼も撮ったことない人にとっては、「開放F値」や「解像力」っていう未知のものより、気になるのは「ズーム倍率」と「手ブレ補正」と「キヤノン純正」

私のつたない経験的にも、レンズがいいほうが失敗は少ないことは確かだし、標準レンズとしては重いのは億劫だし、寄れないのも不便・・・ということもあって、オススメはシグマの18-70マクロとキヤノンの70-300ISだったんだけど、最後の決断は、「セット価格」のお得さで、17-85の定番標準ズームに落着きました

どうせなら、いきなり17-55のF2.8のほうが、幸せ度は高いだろうけど、まあそのあたりはいずれってことで、航空ショーはうちのタムロン28-300XRDiを使うということで、いざ航空ショーへ

 

続きを読む


タグ:航空ショー

ブルーインパルス~入間航空祭2007 [航空ショー]

土曜日。はじめてのデジイチ40Dを買ってまだ5日目の会社の若者くんといっしょに撮影にいってきました

自分も戦闘機を撮りにいくのは、はじめてです

曇天でスタートしたものの、午後から青空がみえて、なんとか「ブルーインパルス日和」

20DはシグマAPO50-150HSMをつけて、ISO感度は200で基本はPオート
AFは、無限遠固定にしようか迷ったものの、F2.8対応センターセンサー、AIフォーカスに、親指AFとフルタイムMFで時に手動でアシストして撮影(掲載画像はクリックで撮影オリジナルにリンクします)

まずは、編隊にあわせてトリミング

20D 50mm F7.1 1/1250秒 -0.3EV トーンカーブ補正
青空バックは、自動レベル補正や色調をいじってもろくなことないので、RGBバランスはいじらずトーンカーブでコントラストを若干高め、高輝度側だけ持ち上げました

実際のところ構図を考える余裕もなく、機体を捕らえることに専念
5コマ/秒連写で150枚ほど撮った画像は、極端なピントはずれはほとんどなく、まずはシグマレンズと20Dの写りには自己満足
となりのビギナーくんは、新鋭40Dで、秒間6.5コマでカシャカシャやってました

自分はといえば、写真撮影とHDVの「二兎」狙いで、けっこう大忙しだったんですが、回は、20DとHV10のブルーインパルスの写真と動画をアップします

続きを読む


航空ショー ブログトップ