So-net無料ブログ作成

EOS6D MarkⅡがほしいのか?~てん末編 [EOS 6DMarkⅡ]

ショップの時間限定特価値下げとか、下取りアップキャンペーンに乗っかってしまい、心の準備の間なく6Dマーク2に乗り換えることになりました
P1050474_DxO(retina).jpg
新機能で真っ先に試したのは、Bluetooth接続。カメラ側でWi-Fiオンオフしなくて済むのは超便利!?
P1050475_DxO(retina).jpg
なにより、最新のEOSだけあって、主要機能はほぼ全部入りなので、フリッカー軽減、デュアルピクセルCOMS AFも60Pムービーを学べます
キヤノンプラザで触らせてもらったときから思ってましたが、一眼レフとしての最大の進化であるAFモジュール
APS-C用の80Dや9000D譲りとのことなので、1DXや5Dのものよりせまいけど、先代がほぼ真ん中以外つかわないし、他人に預けるとすっぽり後ろに抜けてしまうことも、新たな「ゾーンディフェンス」がつかえるので安心感があります
「趣味、腕のみせどころなら初代6D、真ん中1点!。誰でも、仕事でも失敗したくないなら6D2」
といった感じでしょうか
P1050479_DxO(retina).jpg
その他、ひと通り設定をいじったところではメニューも新しくなっていて
・マイメニューのタブが増やせるようになり、
・感度アップのシャッタースピードの下限設定に、自動が加わって、早め、遅めおまかせ
・二段階ある動画専用のデジタル手ブレ補正=動画ISは、ほんとよく効きます
あとは、我が家でのEOSムービー初のフルHDの60P動画とタイムラプス4Kをちょいとだけお試し4
K動画はMOVですが、うちのパソコンで再生困難で、TMPGEncMPEGのSmartRendererでは読み込めず、YouTubeのサーバーで変換してもらうしかない
IMG_0018_DxO
記録画素数はうちのカメラ史上最大の6000☓4000の26メガピクセル(6240☓4160=25958400)
IMG_0052_DxO
EF135mm F2・1/160秒 ISO6400 ライブビューオフRAW(NRオフ)
RAWからノイズリダクションオフでの高感度は、まあ5D3や1DX、6Dと概ね同じ感じ
IMG_0046_DxO
EF135mm F2・1/160秒 ISO6400 ライブビューオフRAW(NRオフ)
肝心の初体験のデュアルピクセルCMOSAFはウェルカムなのですが、バリアングルをつかうたびに開くようにしてつかおうとするとストレスを感じます
IMG_0050_DxO
EF135mm F2・1/200秒 ISO6400 ライブビューオフ RAW(NRオフ)
「背面液晶を開くと自動的に背面液晶ライブビューになるし、裏返して畳んでいたままでもEVFで設定メニューも撮影画像チェックもできる」これがEOS同様に長年のLUMIXユーザーとしての「あたりまえ」なところ
P1050480_DxO(retina).jpg
バリアングルはやっぱりEVFカメラのためのもので、もしできたらα55のような下向きヒンジタイプがよかった

でも、あれは縦位置がつかいづらいので時代の要請はバリアングルなんでしょうね

タグ:6D2
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アフターファイブ イルカショー [LUMIX G/LX]

仕事がえりのアクアパーク品川へ行ってきました
IMG_5243.JPG
GX7MarkⅡ SUMMMILUX15mmF1.7 Google Snapseed
後ろの方のじゃまにならないように、観覧席最後列からボトムグリップ付けたGX7Ⅱと15ミリレンズでライブビュー撮影
IMG_5244.JPG
15mm F1.7・1/160秒 ISO2500 -1EV
「イルカショーは4Kフォトの出番か!」と思いつつも、後処理考えるとRAWでも撮っておきたいし、普段の感度上限を開放してシャッター優先で撮りましたが、GX7Ⅱの連写速度とコンティニュアルAFでも十分でした

4Kフォトとムービー
P1050415
P1050412
いつ水面から飛び出てくるかわからないイルカを確実に補足するには、プリ連写モードもありますね
こちらはフルHDの60P。電子手ブレ補正オンのため画角が狭くなっています
20ミリと同じF1.7ながら画角が広いし、コンティニュアスAFもつかえる15ミリのおかげで、そこいらのハンディムービーやスマートフォン動画とは比べるべくもないのですが、スマホ画面でみちゃうだけだとそんなに違わないことも確かですね

すっかり定着しているSnapseedのHDR加工動画
IMG_5239
15mm F1.7・1/30秒 ISO800
水槽の中を撮ると、ラッセン風に仕上がります
IMG_5238
15mm F1.7・1/30秒 ISO800
IMG_5237
15mm F1.7・1/30秒 ISO6400
GH4のときも感じましたが、GX7の暗所でのAFの性能も大したものです
IMG_5241
P1050245_DxO
15mm F1.7・1/200秒 ISO1000
速い泳ぎを撮るには明るいレンズと高速シャッター
P1050261_DxO
15mm F1.7・1/125秒 ISO500
深度の深いマイクロフォーサーズとローパスレスフィルターのおかげで開放絞りでも被写界深度も深いし解像力もあって予想以上に安定して撮れました
P1050380_DxO
アクアリウム品川は、はじめてでしたが、なぜか癒し系のカピバラさんもいます
P1050392_DxO
なぜか、カメといっしょにいます

P1050396_DxO
柵越しに上から撮るために、GX7のスライドする背面液晶モニターをはじめて使いました
P1050389_DxO
15mmレンズのフードはガラス面にくっつけるにはもってこいなのですが、
P1050365_DxO
最短撮影距離は20ミリと同じでそんなに寄れません
P1050370_DxO

もうひとりの癒し系
IMG_5250
ゴマちゃんもインスタ映えしてくれそうな感じで付き合ってくれました
P1050400_DxO
先週導入したばかりのSUMIILUX15ミリは、さっそく大活躍しています

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ズミルックス 15ミリ [LUMIX G/LX]

ひさしぶりのLUMIX用ニューレンズ
LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
P1100006_DxO(retina).jpg
撮影 LUMIX G5 20mm F1.7
GF1からつかっていて現行のGX7MarkⅡでも常用の単焦点「20ミリ」の後継に収まる予定です
P1100008_DxO(retina)

このレンズが登場したGH3やGH4の頃は、手ブレ補正付きのF2.8ズームを使っていたし、同じ頃は単焦点はもっぱらPENTAXだったりだったので、ずっとウィッシュリストに入ったまま、先送りになっていました。今回ようやく動画AF強化目的で購入を決めましたが、
P1100004_DxO(retina)
常用スナップのスチル用として20mmよりもつかいやすいシーンも多く、レンズフードをつけるとコンパクトさが薄れてしまいますが、GX7ⅡやGH、Gシリーズだとこのフードがかえってバランス的にはいい感じに思えます
P1100002_DxO(retina)
フードを付けたまま通勤バッグのインナークッションの幅にぴったりで収まりがよく、キャップなしでもレンズに触れてしまうことなく保護フィルターも要らないし、そもそもこのフードの先端にかぶせるキャップがラバー製というのもナイス
P1100003_DxO(retina)
というわけで、20ミリをGX7から外して、すっかり型遅れになりつつあるシェルホワイトのGF1やG5に装着してみるとデザインが合っているように見えてきます
IMG_5907_DxO(retina)
ひさしぶりにGF1と20ミリを首にかけてシャッターを押してみますと、GF1にWi-Fiとセンサーシフト手ブレ補正さえあれば、タッチ液晶じゃなくてもこれでいいんじゃない?という気分になります

P1100008_DxO(retina).jpg
こんどのG9は「PRO」の名前を冠して、デュアルISも搭載したスチール仕様でデビューしてきましたが、こんなに立派になってしまうともはや「Kissより小さいファインダーシューティング」が売りのかつての「G」シリーズとは別もの
P1050160_DxO(retina)
もっともG5以降、シェルホワイトは姿を消し、ボディもダイヤルもどんどんチープでローコストになっていった「G」シリーズの質感があがるの歓迎すべきことなんでしょうが、コンパクトが魅力のG、GF、GMはもう出てこないんでしょうね
P1080383_DxO(Retina).jpg
なおレンズ側に絞りリングがある機能は、このレンズが初めてではないのですが、正直。過去のLX7やLX100でもさほど積極的につかった覚えもないのですが、絞り優先やマニュアルで撮るときにつかいやすいはず
P1040394.jpg
余談ですが、個人的には沈胴タイプのレンズは、電動式は起動するときよりも、収納するときにわずかに待たされる感がなんかいらつくし、手動は撮り始めるときに片手だとつかえないとか、実際につかってみてわかるところもあり、その点ストレスを感じなかったのはリコーのGRDigitalシリーズだけのような記憶があります
R1023311
我が家にネコが居なくなってひさしいですが、ネコ撮りにもぴったりな画角と明るさを兼ね備えたLUMIXには、つけっぱなし好適レンズでしょう

nice!(0)  コメント(0) 

ベルボン UT-63Q [ACCESSORY]

前から一度つかってみたかったベルボンのウルトレックシリーズ「UT-63Q」
P1100011_DxO(retina).jpg
知り合いに勧める小型の三脚をネットや店頭で物色しているうちに、自分も最近のトラベル系の三脚を使ってみたくなったわけです。ただ、我が家のスチル用三脚は雲台なしで1Kgを切るスリックのエレベーターなしの3段カーボンもあるし、ビデオにはやっぱりお釜式のヘッドのダイワのVT-551を使うだろうし、携行用にはジッツオのバサルト素材もあるのですが、トラベル用としても 6Dクラスがリモートなしてシャッター切れるぐらいの剛性感はほしい
P1050008_DxO
ほんとは、こういうのを一生もので買っておきたいとこですが、ジッツオ限定の1/10以下の値段でキタムラの中古でUT-63Qを見つけたので取り寄せしてもらってきました
P1100010_DxO(retina)
最近はカーボンモデルもラインナップされていますが、こいつはマグネシウム。同一シリーズで、パイプの太さが2cm、2.5cmもありますが、LUMIXから6Dや1DXでもつかうことを想定して、パイプ径が3cmタイプをチョイスしました
P1050156_DxO(retina)
きのうの恵比寿イルミネーションは、この組み合わせです
P1100012_DxO(retina)
脚を折り返して収納するので、畳んだときの全長(縮長)は30cm以下ですが、いかんせん太いし軽くはありません
UT-63Qの仕様はこちら
P1050157_DxO(retina)
試しに、愛用の通勤バッグ(A&Aの一番小さいサイズ)のインナークッションを外してみると、ちょうどすっぽり収まることがわかりました
P1050159_DxO(retina)
きのうは、別のトートバッグに入れていたのですが、その気になればいつも通勤バッグのままカメラとセットで持ち出すこともできるので、うれしい誤算です
P1050154_DxO(retina)
いちおうEOS-1DXと24-70ズーム=約2.3Kgを載せてみましたが、脚はさきっぽが頼りないけどそこは仕方ないところですが、
それよりも、QHD-U6Dの雲台は、いま我が家にある雲台よりも程度がよくて思いの外以上に安定性抜群でした
P1050153_DxO(retina)
縦に傾けても、なんなくホールドしてくれていてすばらしい
この雲台だけでもまともに買うといい値段しますから、いい買い物になりました
AF6Z8562_DxO
CP+2017
雲台はこれまでビデオ用はいろいろ試してきましたが、スチル用のボール雲台で性能がよさそうなのは高いしは重かったりするし、普段つかいやすいので長年ピストル型のグリップ雲台で済ませてきましたが、いいものはいいんですね

タグ:三脚
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017イルミネーション YEBIS [EOS Kiss・EOS M]

毎シーズン通い始めて3年目になる「YEBIS」イルミネーション
IMG_5729_DxO.jpg
EOS Kiss X7 SIGMA 17-70mm F2.8-4C
個人的にイルミネーション最強レンズと評しているPENTAX FA43に敵う光芒のレンズがなかなかないけど、なにより絞ってとらないと光芒はでてくれませんからね
IMG_5732_DxO
17mm F8・2.5秒 ISO100
今シーズンからのデビュー機材は、X7用にはシグマのズームとLUMIXはGX7Ⅱと入手したてのSUMMLIX15ミリ
IMG_5730_DxO
70mm F8・1/3秒 ISO100
EOSでつかうDCのシグマの17-70ズームは、画角は27ミリから112ミリとちょいと広角側が足りないけどレンジは広い
IMG_5743_DxO
17mm F2.8・1/8秒 ISO400

広角側はF2.8ですが、恵比寿のイルミネーションにはやっぱり手持ちでは手ブレ補正があっても明るさは足りないので三脚併用が望ましいでしょう
IMG_5777_DxO
17mm F4・1/3秒 ISO100
また、恵比寿の場合は、メインのグラスシャンデリアが明るいので、シャンデリアと絡めた撮影は、レンズよりもセンサー側のダイナミックレンジが要求されます
IMG_5772_DxO
17mm F4・1/2秒 ISO400
シャンデリアをバックにしたポートレイトを撮っていたカップルがいましたが、シルエットなら簡単だけど、シャンデリアのカタチを残してのポートレイトは、フラッシュをうまく当てて夜景シンクロにしてもけっこう難しいでしょう
IMG_5760_DxO
17mm F6.3・1.6秒 ISO800
その点、ライトアップされた建物などは、許容されるシャッタースピードと感度の範囲内で絞って撮れれば誰でもか簡単
IMG_5764_DxO
17mm F6.3・4秒 ISO100
三脚があれば絞って低感度で撮れるので画像のクオリティが上がります

まだトライアル中のPhotomatixでHDR2枚合成にもトライ
IMG_5762_DxO(PRIME)
17mm F8・1/3秒 ISO100 絞り優先オート
X7のライブビューでカメラ測光での絞り優先だと暗いのでマニュアルモード露出調整
IMG_5763_DxO
17mm F6.3・1秒 ISO100 マニュアル
どっちにしてもシャンデリアは白飛びしてますが、現像時にハイライト調整で抑えられる程度
IMG_5762_3_tonemapped
試しに、まだトライアル中のPhotomatixで合成出力してみるといいとこ取りしてくれます
IMG_5757_DxO
17mm F6.3・1/30秒 ISO100 

シャンデリア適正露出と背景は2段から3段は違うのでPhotomatixによるホントの合成HDRも効果的なんでしょうが、露出のバランスを取りたいだけならフォトショップでシャンデリア部分だけ合成しちゃえばいいわけで
IMG_5731_DxOHDR
Photoshop
Photomatix導入はまたの機会に

なお、今回の三脚はフルサイズ対応できるように調達したばかりのベルボンのウルトレック
IMG_5784_DxO (1)
UT-63Qの30ミリ径の脚なので重いけど、縮長は30cm以下になります
IMG_5788_DxO (1)
推奨荷重3kg以下とあって、今回のX7とシグマズームと組み合わせでは、脚も雲台部分も剛性は十分
IMG_5792_DxO
X7のタッチシャッターをつかうと、さらにブレには強くなるでしょうが、雲台込みで1600gあるので、毎日携行するには重すぎるのがやはり難点
IMG_5795_DxO
ヨドバシカメラ限定モデルのシェルパアクティブ以来のウルトラロック方式の脚伸ばしと畳む手順は同じですが、剛性感は段違いです
IMG_5723_DxO
ま、今夜は視察とお試しですが、ことしは、ウルトレックを引き連れて、いつもと違うイルミネーションスポットにも脚を伸ばしてみたいところです

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「男の」塩レモンサワー [LUMIX G/LX]

男7人の飲み会@飯田橋 
P1050124_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ/SUMMILUX15mm F1.7
インスタ映えジェニックな感じなので、この店常連のひとりを除いてオーダーしましたが、なかなか「男」にはつらい酸味と塩分がガツン!とくるサワーでした
IMG_4870.JPG
ズミルックス15ミリの飲み撮りデビューでしたが、4:3で換算30ミリなので、これまでAPS-Cで使ったことのあPENTAXのDA21ミリカラースコパーの20ミリと似た感じですが、F1.7の明るさとGX7Ⅱでのセンサーシフト手ブレ補正と組んだときの実力は、これが一番かも
IMG_4851.JPG
もっとも、LUMIXの元祖14mmパンケーキや、GRDigitalシリーズよりはかさばってポケットには入らないけど、フルサイズのEF28mm ISのようなデカさもなく、
IMG_4858.JPG
レンズフードをつけたまま保護フィルター要らずで通勤バッグにすっぽり収まってくれるので、20ミリがあるからと遠慮してないで、もっと早く導入してればよかったじゃん・・・という感じで気に入っています

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2017イルミネーションスタート [LUMIX G/LX]

2017年のイルミネーション撮影は、平日の仕事休みで日没あたりの多摩センターから
P1050031_DxO.jpg
Photo:GX7 MarkⅡ/LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH
あわせて、遅ればせながらGX7Ⅱ用に導入したSUMMILUX 15mm F1.7のデビューイベントです
IMG_5892_DxO
EOS6D EF17-40mm
三脚に乗せて6Dのライブビュー。まだ、日が落ちきっていないので曇り空がいまひとつ
P1050033_DxO
LUMIX GX7Ⅱ SUMMILUX 15mm
こちらは、F1.7にセンサーシフト手ブレ補正の低感度マイクロフォーサーズ
IMG_5896_DxO
EOS6D EF17-40mm
三脚撮りなので、露出を変えた3枚で、HDR合成してみましたが、仕上がりはいまひとつです
IMG_5896_7_8_tonemapped
毎年同じような電飾に見えますが、今年の中央のクリスマスツリーは色が変わるようになってるのかな?
IMG_5902_DxO
青いトンネル状の電飾も去年と同じ感じですが、
IMG_5904_DxO
6Dは、絞り優先=F9・感度100
P1050044_DxO
LUMIX GX7Ⅱ SUMMILUX 15mm
GX7と ズミルックス15ミリも、絞りリングを触ってみたくてF16まで絞り込んだので、歩く人が消えちゃいました
P1050055_DxO
マイクロフォーサーズは、絞り過ぎても、長秒ノイズでもやっぱり画質的には新型センサーでも厳しいものですね
P1050060_DxO
6DライブビューのコントラストAFもイルミネーションにはまったく支障ないし、開放1.7での手持ちGX7Ⅱも基本感度でそこそこいけます
とくに20mmではスチルでもムービーでもAFCが使えなかったのと、AFスピードがだいぶ違うはずなので、実際の使い方は、まだまだこれからです
三脚載せムービーだからオリジナル画角で撮れるので動画手ブレ補正はオフですね

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DxO Photo Lab リリース [Photo&Life]

名称も変わった「DxO PhotoLab」の優待アップデートの案内メールが届いたので早速インストール
dxoprolabo.jpg
その他の機能などはとくに確認していませんが、今回の目玉は部分的に画質調整=マスキングできるようになったことでしょう
少し調べてみたところでは、どうやらDxOが、NikSoftwareをGoogleから買い取り、U poinntコントロールをDxOに組み込んだためにマイナーチェンジではなく名称変更と合わせた新製品なんだろなと理解しました
デジカメWatch「DxO、「Nik Collection」をGoogleから取得 開発継続へ」
LightroomやPhotoshopでつかえた無料プラグインだった(らしい)Nik Collectionを今後も更新して使いたいならLightroomのプラグインでDxOを買ってね・・・っていうのがひとつの戦略なのかもしれません

現像用画面などのインターフェースはとくに変わらないのですが、まずは新機能のマスキング(部分調整)で段階フィルターを試してみる
IMG_5889_DxO (2)
IMG_5889_DxO
天窓の露出は同じで、通路側部分だけを明るくしたりコントラストや色温度をいじったりできるので、これまでハイライトとローライトをバランスをとりながら、階調補正していたストレスから開放されます
IMG_5888_DxO
スナップポートレートなどで肌部分だけマイクロコントラストを下げたり、色を整えたりと特定部分だけをマスキングして全体を大きく補正したりできますが、塗りと消しゴムをどれだけうまくつかえるかが重要なところですね
IMG_5888_DxO (2)
少しいじった感じでは、ブラシサイズの拡縮がCtrlやAlt、Shiftとマウスに割当てられていて、コツさえつかめば、「塗り」と「消しゴム」のサイズを変えて、きれいにマスキングできますが、一方で、フォトショップをつかっている錯覚を覚えてしまうと、画面サイズの拡縮や戻すときのCtrl+0のショートカットに慣れていると正直戸惑ってしまいます
AF6Z0406_DxO
その点、「段階補正」は、たとえば水平線を基準にハーフNDのよう補正するには、とっつきやすくきれいにグラデーションマスクがかかります
AF6Z0406_DxO (2)
うちに場合は、EOSだけならDPPだけで生きていけそうなのですが、LUMIXもつかうことと、いまのところDPPでつかうのは、風景写真で解像感を求めるときにつかうDLOとピクチャースタイル「ディテール重視」だけ
P1040932
P1040932_DxO
とまあ、そんな感じで、現像時にちょいとうまくトーンが合わないなというときには、マスク部分にブラーを掛けつつ、色温度と露出を調整
AF6Z0898_DxO-1
ジオラマ風処理もDxOだけで簡単にできるようになりますが、マスキングや調整レイヤー的な操作はフォトショップの経験がないと、ちょいとまごつくかもしれませんね
どうせならプリセットで「ジオラマ風」とかを入れたり、顔検出自動マスクとか・・は今後のアップデートに期待でしょうか

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信州紅葉ドライブ2017 中軽井沢編 [EOS-1D]

朝食後、中軽井沢の星野温泉=ホシノエリアにやってきました
AF6Z1065DPP.jpg
EOS-1DX EF24-70mm F2.8LⅡ
星野温泉の駐車場にクルマを停めて、ハルニレテラスを見物してから、そのまま石の教会を見に行こうというプランです
AF6Z1063DPP.jpg
EOS-1DX EF17-40mm F4L
時刻は10時を回ったところなので、駐車場も空いてたし、「インスタ映え」な感じの真っ赤なこの木も撮っている人もまばらでした
AF6Z1060DPP
以前はこの奥の千ヶ滝区に実家の別荘があったので、毎年春夏に来ていたところですが、いつもクルマで通り抜けるだけで、テラスも高原教会もはじめてです
AF6Z1058DPP
ちょうどいい斜光でいい時間帯に来られてとりあえず満足
AF6Z1057DPP
紅葉バックのファミリーポートレートも撮れました

時系列前後しますが、星野温泉からハルニレテラス
AF6Z1090DPP
カメラは6Dから1DXに持ち換えて、1DX専用のGPSユニットも装着
AF6Z1031DPP
GPSはバッテリーが消耗するのが難点ですが、複数カメラで撮るときの、毎回の時刻合わせを忘れることなく、GPSでぴったり合うのが気分がいいところです
AF6Z1036DPP
風景スナップの場合は、RAW現像なら6Dも1DXでも撮れる写真に大きな差はないのですが、開放的な気分で気持ちよく撮影気分が盛り上がるのはファインダーの大きいEOS-1が一番です
AF6Z1040DPP
1DX専用のGPS-1ユニットは、収納時には飛び出てたり、縦位置グリップのときに少しじゃまな感じはありますが、持ち歩いているときにはほとんど気にならないものでした
AF6Z1038DPP
70mm
6Dをサブ機でつかいはじめて1年が経ちましたが、2台持ちのレンズ交換なしで動くか、レンズ交換しながらがいいかは状況や気分次第
AF6Z1056DPP
EF135mm
重さや大きさでは6Dですが、広角でも望遠でも、「はずさないで撮れる」歩留まりでは1DXが楽
AF6Z1054DxO
とくにISなしレンズの場合は、Pオートでのシャッタースピードや絞りの上限下限カスタマイズが効いてきます
AF6Z1055DPP
もちろん、6DでもMモードで絞りとシャッターと感度を自由に設定して、レンズの絞りや焦点距離ごとにしていけばいいのですが、AFモジュールやファインダーの見え方だけの違いではなく、ミラーレス時代に「一眼レフで趣味で撮る」のも、フラッグシップを持ち出すべきというようにあらためて思いました
AF6Z1053DPP.jpg
なにより、嫁さんにカメラ預けるときにフォーカス抜けもないからオートエリアに切り替えるだけでいいのがフラッグシップAFモジュールの強み・・・といえ、LUMIXのほうがよっぽど外れないのも確かですけど

AF6Z1073DPP
このあとの、石の教会は、挙式中ということで見学や撮影はできず
AF6Z1072DPP
ちなみに、教会にも、中国人トラベラーが大勢いて、レンタサイクルでも登ってきていました
AF6Z1076DPP
というわけで、まだ午前中ですが今回の紅葉写真はこれで終わり
IMG_5862_DxO
このあと、「ツルヤ」買いものして、「かぎもとや」で天ぷらそばいただいて
AF6Z1091DPP
ショッピングセンターと旧軽に寄る毎年のコース
AF6Z1104DPP
かさばるからとフードを置いてきた135ミリは、とってもつかいづらいことがわかったのと、
IMG_5873DPP
17-40は、周辺画質云々とありますが、軽さ、逆光耐性、青空含む色の良さも含めて、十分以上に現役
IMG_5878DPP

翌日は仕事なので早めにリターンしたつもりでしたが、碓氷バイパス降ったあとから渋滞がはじまり、帰宅したのは21時を回っていました
AF6Z1067DPP
EOS-1DX EF24-70mm F9 1/100秒 ISO100
わが家の紅葉イベントはこんな感じです

タグ:紅葉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

信州紅葉ドライブ2017 朝食編 [Photo&Life]

いつもは関越のサービスエリアで朝食を済ませますが、この日は御代田の人気店へいってきました
IMG_5818DPP.jpg
EOS6D EF24-70mm F2.8L Ⅱ
朝7時開店のお店のようで、すでに満席のため、しばらく待ちました
IMG_5814DPP.jpg
ここに着いたら、太陽も浅間もみえず、ちょいと残念な感じでしたが、駐車整理のおじさんの話では、
IMG_5825DPP
「もう少し時間が経てば、このあたりも晴れてきますよ」
IMG_5808DPP
ということで、順番が来たら電話をくれることになっているので、朝食前の散歩がてら、この先にある用水路がきれいだというので向かいました

「御影用水」
思ったより遠かったのですが、さすがのこの曇天じゃあ、撮影気分は盛り上がらず
IMG_5812DPP
前後しますが、朝食を済ませた後は、ほんとに晴れてきて、クルマでここにやってきました
IMG_5852DPP
ま、青空が見えてると気分がまったく違いますが、紅葉の感じがもうひとつなのと、
IMG_5853DPP
引きすぎちゃうと、興ざめな電線が・・・
千ヶ滝から引いてきた水をそのままでは冷たすぎるので、ここで温めて水田に引いた・・・そうな(たぶん)

さて、朝食に戻ります
IMG_5824DPP
待つことしばし、
IMG_5829DPP

看板メニューは、自家製スープとパン?
IMG_5819DPP
IMG_5820DPP
残念ながら、この日は大好きなクラムチャウダーではありませんでした
IMG_5834DPP
ようやく入店。カメラの時刻情報では7時45分に着いて、店内入ったのが1時間後でした。
IMG_5837DPP
クラシカルな木造家屋です
IMG_5835DPP
オーダーは、家族それぞれ違うものを
IMG_5842DPP
「ポップオーバー」という、膨らんだパン
IMG_5841DPP
息子はフレンチトースト
IMG_5848DPP
自分は、「スープとエッグベネディクト」
IMG_5844DPP
店内は暗くて、17-40と6Dを持ち込んでライブビューで撮りましたが、6DとコントラストAFは、いまの時代遅すぎ
IMG_5836DPP
バリアングルは自分には余計ですが、デュアルピクセルAFとタッチフォーカスはいいよね
IMG_5856DPP
とか思いながら早食い一家は、あっというまに食べ終えて、用水路まわってから、とりあえず中軽方面へ
AF6Z1030DPP
青空も出てきて、写欲も出てきました
もう一回続きます

タグ:紅葉
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー