So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新マウントの困惑 [Photo&Life]

バレンタインデーに、LUMIXのSシリーズとEOSの小型フルサイズRPが発表されました
DSC06193_DxO.jpg
撮影 SONY α7Ⅱ
どちらもボディは魅力的だけど、どちらも手元これまでのレンズマウントがそのままつかえないのが迷いどころです
新型フルサイズミラーレスは、ネット記事でざっとスペックを確認したり、AppleTVでYoutubeでタッチアンドトライのレポート動画をみたりしましたが、PanasonicもCanonもAF性能やタッチ系操作はだいたいわかっているつもりなので、もっとも気になるポイントは、実際に手にした感じや、EVF機である所以のファインダーの見え方、品位でしょう
DSC06194_DxO.jpg
現在、我が家にあるEVF機は、LUMIXのGX7MarkⅡとSONYのα7Ⅱの2台
GX7のEVFは、もともとが16:9なのを左右クロップしているを拡大していることもあって、とくに遠近両用メガネ越しでは見えづらいし、α7Ⅱは、0.5インチでサイズ的には不満はないのもの精細感はいまひとつだし、どちらも晴天屋外ではやっぱり見えづらい
DSC06195_DxO.jpg
EOS RPと同時発表されたIS搭載のF2.8の24-70や70-200ズームのサイズをみると、ショートバックフォーカスならではの新マウントの時代に対応していかないとね
と思いつつも、現在50歳でこれからも趣味としてじっくりカメラと付き合っていくには、やっぱりレンズからミラーとプリズムで反射して眼に届く一眼レフと完全に別れられるわけでもなさそうで、今後どうしていくべきなんでしょうかと、おぼろげに考えてしまいます
AF6Z3183_DxO.jpg
撮影 EOS-1DX EF135mm F2 マニュアルフォーカス
1DXに135ミリを付けてファインダー越しに「SONY」に合わせて、マニュアルフォーカシングをしてみましたが、等倍チェックしてた結果はわずかに前ピンでしたが、EVFでピーキングや拡大画像で行うフォーカシングとはまったく違う趣味性を感じますね
もっとも、スクリーンとミラーに付着した、かすかなゴミがみえると気になりはじめるのが一眼レフの難点でもあり、楽しみのひとつなのかもしれません
そんなわけで、RPやPanasonicフルサイズの発表を受けて、今後のフルサイズ&新マウントレンズへの移行を考え始めてしまうのですが、やっぱり一眼レフとしては、購入してまだ13000ショット程度の1DXと現在修理オーバーホール中の24-70だけは手元に置いておきたい
その上で、6Dやソニー、LUMIXやレンズ数本を質入れして、RPのような小型軽量フルサイズミラーレスに移行するのもありなんですが、それって今後センサーシフト対応されるRを待つか、ソニーのα7Ⅲ系にタムロン28-70あたりで常用して、シグマのコンバーターでEFマウントの単焦点をつかっていくのもいまだ捨てきれない選択肢に残っています
Canonがセンサーシフト搭載してこなかったことで、これまでのEF資産を活かせない新マウントのひとつになってしまっているdけに、キヤノンユーザーもこれから迷いが出てきてしまうのは皆同じなんじゃないでしょうか

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

珍アイテム アンブレラハット [Photo&Life]

今回は珍アイテムのご紹介
S__37707785s.jpg
撮影 iPhone
職場の女子から海外旅行のお土産でもらった頭にかぶる傘=アンブレラです。頭皮に触れる部分の作りが荒いので髪が薄いおっさにはつらくて、毛糸の帽子をかぶっています
本来の用途は、スタジアムとかでの雨天でのスポーツ観戦用なのかな?そもそも、なぜかオーストラリアみやげなのですが、私にかぶせてみたいと思ってくれたんでしょうね
「アンブレラハット」で検索すると商品が出てくるので一定層のニーズがあるんでしょうね
S__37707784.jpg
なんといっても裏地が銀色なので、いちどストロボでつかってみたかったのですが、飲み会があったので6DⅡと270EXを持参し、ようやくアンブレラハットを実戦投入することができました
IMG_6301_DxO.jpg
まあ、盛り上げ兼用でのお遊び程度のつもりでしたが、効果はそれなりにありました
IMG_6288_DxO.jpg
夜のお店は、天井が黒いお店が多いのですが、天バン代わりにけっこう実用性もありそうです

もうひとつの珍アイテム
P1100229_DxO.jpg
先日、都庁から窓ごし夜景を撮ったときに、やっぱりこの手のものはひとつ用意しておくべきだなということで、Amazonでオーダー。中国から2週間ぐらいかかっての船便で届きました。
P1100227_DxO.jpg
シリコン素材でレンズで穴を無理やり広げる感じで装着するのですが、なんども付け外しをすると穴が破れそうな感じがします
P1100231_DxO.jpg
まあ、1000円程度なので多くは望むまい・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広角・ミラーアップショット [EOS 6DMarkⅡ]

源氏山公園から下山途中の銭洗弁財天はゴールデンウィーク並の大混雑でした
銭洗弁財天宇賀福神社 
IMG_6259_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
先に銭洗い用の「かご」をもらってから、行列に並び、お参りしてから銭洗いのほこらに行く・・といった混雑シーズン専用ルールのようでした
佐助稲荷神社
IMG_6267_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
というわけで我々は、早々に退散して下山して佐助稲荷神社へ行ってみると、こちらも外国人観光客や若者たちの撮影グループなどで賑わっていました
IMG_6271_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS 270EX
ここまで広角レンズとバリアブル背面液晶でのローアングルショット
東慶寺境内
光と影と春らしさを求めてローアングルを狙ってみましたが、ちょいとぶらしてしまいました
IMG_6234_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ただ、背面液晶で撮るなら完全ミラーレスのソニーも、ミラーアップ6DⅡも条件は同じ
というより、バリアングルやタッチフォーカスでは6Dのほう、最新のα7Ⅲシリーズと比べてもきっとキヤノンのほうがつかいやすいはずなのが、これ以上ソニーに踏み込めない最大の理由なんですよね
IMG_6276_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
遅めの昼食はお蕎麦屋でいただきましたが、テーブルフォトなら35ミリ以下だとやっぱり撮りづらいかな
IMG_6273_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
家を出る前に、たまには1DXを持ち出そうと思ったものの、バッテリー残量が少なかったので6DⅡにしましたが、広角レンズが活きるのはやっぱりバリアングル6DⅡなんだろなとあらためて感じました
IMG_6277_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ごちそうさまのあとは、アイレベルのファインダーショットにて

タグ:鎌倉
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北鎌倉スーパーハイキングコース [EOS 6DMarkⅡ]

晴れ予報の三連休中日。北鎌倉から源氏山公園へ予定外の山登りで一汗かいてきました
IMG_6251_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
北鎌倉で買い物してから東慶寺を観覧して、鎌倉駅までのんびり歩く予定でしたが、浄智寺からの源氏山公園に抜けられそうな道をみつけたせいで、われわれ夫婦としては相当険しい山道へ突入してしまったというわけです
IMG_6254_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
階段があればまだマシで、木の根っこを足がかりにアップダウンしながら源氏山公園を目指すハイキング?コース
IMG_6253_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
体重がすっかり増えてしまった50歳過ぎの身には相当きつかったのですが、まあなんとか神社へ辿り着きました
IMG_6257_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
きょうのカメラは6DⅡに広角ズームを付けて交換レンズはなし
IMG_6258_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
α7Ⅱのキットズームとも迷いましたが、お寺だと広角ほしいし、せっかくの晴天なのでファインダーの一眼レフのほうが気持ちよいですからね

山登りの前の「東慶寺」
IMG_6241_DxO (2)
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS DxO
梅がお目当てなのか?境内にはカメラマン多し・・・F11まで絞られたせいか、
IMG_6241_DLO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS DLO
回折補正の効くDLO(デジタルレンズオプティマイザ)でDPP現像のほうが素直なシャープに仕上がります
IMG_6232_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ところで6DⅡと16-35mmではなんど測距しても背景にフォーカスもっていかれます
IMG_6242_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
このカットは手動フォーカスアシストで
IMG_6237_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS

タグ:鎌倉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雪予報の三連休 [SONY α]

関東雪予報の2月三連休初日でしたが、たいしたことなさそうなので電車でアウトレットモールに出かけてきました
DSC06182_DxO.jpg
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
夕方から大粒になってきたので雪のスナップショット
DSC06180_DxO
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
雪を撮るならやっぱりフラッシュがほしいところで、αをつかいつづけるなら小型のフラッシュは揃えておきたいところです
DSC06184_DxO
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
2BUY 10%OFFなので、ジャケットついでに、衝動買いしたリュックサックを背面自撮りしてみました

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キヤノンプラザS 持ち込み修理とRF28-70初体験 [Photo&Life]

日中に時間が取れたのでキヤノンプラザSにEF24-70ズームの持ち込み修理にいってきました
P1100225DxO_s.jpg
去年の年末にポロッと地面に落としてマウント部が歪んでからは、ずっとシグマコンバーターとソニーα7だけでつかってきましたが、そろそろ修理しておかないと・・・
P1100108.jpg
新宿のサービスセンターが閉鎖して、品川の奥のスペースがサービス窓口になっていましたが、店頭預かりでも修理後は宅急便の代引きのみになりますが、それでも、引取サービス付きのネット依頼よりも、店頭で実際に熟練の方に診てもらいながら、修理・交換するパーツの相談てから預けられるのは安心です
P1100219_DxO
24-70は、5DⅢの頃から我が家のフラッグシップレンズで購入してから丸5年は経っているのでゴム類の交換もお願いしたりしてきましたが、さてどれくらいかかるものか??

そんなわけで修理レンズを預けてから、待望のRFのフラッグシップF2ズームの現物をみせてタッチさせてもらいました
P1100222DxO_s.jpg
ファインダー覗いて撮っただけではF2ズームのすごさというのも判るわけではありませんが、これぞ次世代EOSの象徴なんだろなと思いました
P1100223_DxO
フィルター径が92mmで、フード(EW-103)だけでも定価7000円します
P1100221_DxO
うちのいまの機材を全部売り払ったら、このセットが買えるかな??でも、手ぶれ補正がないのはさておき、いまのところこのボディだけだと心もとなさはあります
P1100220_DxO
現状、EOS Rは、このRF24-105とのバランスが最高。6Dと24-105Ⅱとかよりも機動力では断然こっちなんですが、カメラの魅力自体は、個人的には6DⅡのほうが上に感じてしまいます

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

LUMIXスナップ [Photo&Life]

しばらく前に撮った、ひさしぶりの通勤がえりショットの一枚
P1100208_DxO.jpg
LUMIX GX7MarkⅡ 42.5mm F1.7
GX7Ⅱと二本の単焦点レンズを持ち歩いていますが、ほとんど出番なく一週間が終わるし、休日を含めても、正直なところ、EOSメインで、ソニーとパナソニックを使い分けるほど写欲もパワーもないわけですが
P1100207_DxO (moire)
LUMIX GX7MarkⅡ 15mm F1.7
たまのちょい撮りショットでも、RAW現像すると、ローパスレスフィルターの1600万画素と単焦点の写りは文句なし
等倍チェックしたら、モアレがうっすら見えてるので、モアレ抑制処理をして現像し直してみたりするぐらいです

毎晩帰宅後に録画しが「まんぷく」を観ているので、ひさしぶりにチキンラーメン食べたのでワンショット
P1100210_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 42.5mm F1.7
地味な存在ですが、換算85ミリのLUMIX用単焦点はテーブルフォトにはつかいやすくて「神レンズ」かも!?
IMG_9487
なにより、タッチパッド・タッチフォーカスと強力なデュアルISで、フォーカスは正確だし、ぶれないし、十分ボケるし
IMG_9489
スマホ転送アプリも、FlashAirについで、Panasonicが一番つかいやすいし・・・
P1100212_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 42.5mm F1.7
その点、この先どうしようかという「ソニーαとシグマコンバーター+EFレンズ」は、操作性や快適性ではLUMIXには相当に劣りますが、フルサイズでEFレンズが手ぶれ補正があるから・・・と毎度思うことは同じ
P1100216_DxO
LUMIX GX7MarkⅡ 42.5mm F1.7
ファストハイブリッドはあきらめ、シグマコンバーターEFレンズでも、広い像面位相差でのカバーエリアが広い「α7RⅡ」にしてみるのはどうだろうか???
などとカメラつかわないと、なんか買うこと考え始めちゃうんですよね
α7Ⅲじゃあ進化はしても純正レンズじゃないとつまんないだろし、Rの高画素で、APS-Cだとどれくらいの記録画素数になるのかな????

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

節分2019 [SONY α]

ことしの節分も家族みんな健康で迎えることができました
DSC06138_DxO.jpg
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 
ティーン最後の息子ですが、恒例の「豆まきスナップ撮影」に付き合ってくれました
バックナンバー
20080203-204812_1
撮影 2008年 EOS20D SIGMA 30mm F1.4
10年前から比べるとカメラも進化してますが、子供もこちらも豆まきはもっと楽しかったですね

DSC06151_DxO
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 
そんなわけで、豆まきは片付けが簡単なように小袋のままで横着しましたが、、カメラは、せっかくなので新参者の「ソニーα7Ⅱとキットズーム」で連写モードでトライ
DSC06160_DxO
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 
ソニー用のTTLのフラッシュをもっていないので、キヤノンのスピードライトで代用
DSC06169_DxO
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 
カメラもフラッシュもマニュアル発光で適当に撮りましたが、さすがにフラッシュなしだと暗すぎました
DSC06122_DxO.jpg
SONY α7Ⅱ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS 
純正フラッシュまでは必要ないけど、やっぱりTTLがつかえるニッシンやGODOXあたりのフラッシュを安く揃えておきたい気がしました

タグ:節分
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アイカップ交換 [SONY α]

我が家の型落ちα7Ⅱのアイカップを交換してみました
P1050832DxO_s.jpg
ゴム部分の穴と台座部分の突起をあわせてパチンとはめる構造なのですが、バッグからの出し入れのときか、接眼のたびに何度も左右に押されてしまうためか、ゴム部分と台座が外れてしまいがちで、そのうち穴のまわりがやぶれて左右がめくれてしまってしまうという、、こんどのFDA-EP18は、ゴム部分が薄型に改良されています
1000円程度が妥当かどうかですが、外れやすい構造の旧タイプは、ソニーにありがちな「欠陥パーツ」なので交換の意味はありそうです
P1050826DxO_s
その他、キヤノンのレンズ用フード純正をメルカリで実勢の半額程度で調達
それでも高いかもしれませんが、そもそも、こんなフードだけで、定価で4800円というのも高すぎると思うんですけどね→EW-82
P1050829DxO_s
さらに蛇足ですが、EOS Kiss Mのガチャは、これだけ精巧なつくりで、音がでたり、光ったりして300円ですからね
P1050830DxO_s
ホットシューに装着用の台座を自作しようか、当たるまでガチャまわすか思案中です

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FE兼用EFレンズ視察 その2 [Photo&Life]

EOS Mの「ガチャ」を回してきました
DSC01859_DxO.jpg
α7Ⅱ EF135mm F2 USM/MC-11
デジカメWATCH
キヤノン監修の"ガチャ"にEOS Kiss Mが登場」
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1158671.html
キヤノン EOS Kiss Mがカプセルトイに!? 光る!シャッター音がする!交換レンズも色々アリ
P1100176_DxO
おもしろそうだったので、実際のガチャではなく問屋からの流れ品をヤフオクに出品されていたのを大人買い?して、音が出るブラックとLEDが光る白いMがセットで買ってみたものの、ストロボシューに付けるには、全4種類のうち、シューカバーが同梱されているタイプが必要なことがわかりました
P1100178_DxO
というわけで、ヨドバシにいったついでに、チャレンジしたもの、持っているのを同じシャッター音が出るタイプが転がりでてきて、個人的には「ハズレ」ました
DSC01856_DxO
α7Ⅱ EF135mm F2 L USM
まあ、「大人」なので、また別の機会に挑戦してみます

さておき、本題。きょうは川崎市民なのに、数年にいちどぐらいしか行かないJR川崎駅にあるヨドバシでレンズ試着させてもらってきました
DSC01170_DxO.jpg
前回はの試着記事はこちら
寒いけど天気がよい日中だったので、ほんとはミラーレスよりも光学ファインダーEOSを持ち出そうと思ったのですが、レンズ試着してみるつもりでα7Ⅱとコンバーターで出動
DSC01862_DxO
α7Ⅱ TAMRON17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)
まずは、タムロンのあたらしい17-35ミリ。もちろんキヤノンのEFマウントです。
キヤノン純正17-40から、6Dのライブビューのために、IS付きの16-35に買い替えたものの、軽量だった17-40に比べてISがついた分だけ重量もサイズも増したので、1DXに付けてみてもあまり楽しくないので、もういちど17-40に買い戻そうか、あるいはこのタムロンにしてみようかというのがひとつの狙いです
DSC01860_DxO
α7Ⅱ TAMRON17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)
タムロンの17-35も純正16-35mm F4 ISもα7ⅡとマウントコンバーターではハイブリッドAFは効かないのは同じですが、α7Ⅱでは手ぶれ補正が効くし、広角側でF2.8なのは1DX用のちょい持ち出し用にそろえてみた単焦点の28mmISが思ったほど出番がないので、もういちど整理してみようかなという気分なんですね
DSC01852_DxO.jpg
16-35mm F4 ISは、文句なしにいい写りで6D MarkⅡにはぴったりなのですが、周辺画質やISがなくても500g以下の純正17-40のサイズ感はやっぱり好き
このタムロンをときに必要な広角レンズとしてEOSでもα兼用にして、6DⅡの常用としては、24-70mm F4 ISを充てがおうというプランがなんとなく浮かんでいるのですが、軽量スナップズームとしてはα7Ⅱと純正28-70もあるし、αにタムロン28-70を充てがうという手もあるのですが、このままα7Ⅱをこのまま使い続けていくのかどうかがまず未確定です

こちらは、シグマのArtラインの105mm F1.4 DG HSM
B30A6075_blog
撮影 EOS5DMarkⅣ  SIGMA50mm F1.4
撮影カメラは、となりにあった5DⅣとシグマの50mmです
6DⅡと同じ操作体系の5DⅣは、背面液晶のタッチシャッターで身体が覚えてる通りのEOSの操作手順なので、タッチフォーカスの効かないα7Ⅱよりずっと快適さを感じました
B30A6079
撮影 EOS5DMarkⅣ  SIGMA50mm F1.4
105ミリは、ソニー用のEマウントもラインナップしているようですが、シグマの105ミリは台座付きでガラスの塊のような感じのなんともとんがった感じのあるかっこよさの一本
重量的はキヤノン純正のF2.8の70-200mmクラスの覚悟が必要ですね
DSC01866_DxO
α7Ⅱ SIGMA 105mm F1.4 DG HSM Art
24-105のF4のテレ側F値で3段分も明るさがあり、ポートレートレンズ的につかう人にはぜひともつかってみたい一本でしょうが、サイズを考えなければ105ミリ単焦点って85ミリと135ミリの中間でスナップ的に浅い深度を活かして撮れるとそれなりにおもしろいかもしれません
DSC06080_DxO
α7Ⅱ SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM Sports
最後にシグマの70-200のF2.8ズームをα7Ⅱに装着
こちらもオーバー1.5Kgのレンズですが、GARIZのケースでグリップ強化したα7Ⅱとの組み合わせだと、EVFで撮る分にはグリップもまずまずだし、135mmのF2以上に浅い深度なので、瞳AFとAF-Cでフォーカスが正確にトラッキングできるようなミラーレスで本領発揮するレンズのような気します
DSC06081_DxO
α7Ⅱ SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM Sports
そう考えると、EOS Rも早いところセンサーシフトISに対応するつもりなのか、ショートバックフォーカスの純正単焦点レンズを出すつもりなのかロードマップを明確にしてくれないと、操作性がいまいちだと思いながらも、ソニーに鞍替えするアマチュア層がもっと増えないでしょうか?
DSC06083_DxO
α7Ⅱ EF135mm F2 L USM
というわけで、きょうのEF兼用EFレンズ試着も、これといった収穫なしで、いまのEF24-70とEF135をα7Ⅱで使う以上の利便性を感じられず
DSC06087_DxO
α7Ⅱ EF135mm F2 L USM F2・1/160秒 ISO250
さりとて、とっさにマイクにAFを持っていかれるの回避できないα7Ⅱとシグマコンバーターの使い勝手に不満がないわけでもありませんが、
DSC01848_DxO
α7Ⅱ EF135mm F2 L USM F2.2・1/1000 ISO100
センサーシフト手ぶれ補正頼みで、最低シャッタースピードに気を使わなくてよいのも捨てがたいところです

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -