So-net無料ブログ作成

ビストロ棕櫚のカレー~ペンタの21ミリ テーブルフォト [PENTAX]

所要で休暇だったので嫁さんとふたりで近所のレストランで平日ランチ食べてきました

IMGP7660_DxOX.jpg
K-01 HD DA21mm

去年の夏休みのあとK-5Ⅱsを実家に送り出したときに、ミラーレスsmc版からHDモデルに買い替えたDA21mmですが、

IMGP7655_DxOX

その後GF1、G3と「レガシー」LUMIXを入手したり、年末にEOS Mがやってきたり、K-50を手放しちゃったのでK-01の常用レンズが再びFA43に戻ったこともあって最近出番が少ない一本

IMGP7656_DxOX

自分の場合はJPEGやカメラ現像ではなく、輪郭強調を弱めにDxOで出力してますが、FA43やDA70よりも繊細な描写よりも太めの輪郭で押すのもあり

IMGP7642

で、リバーサルフィルムや雅(みやび)のPENTAXカラーイメージと組み合わせて発色で勝負するレンズだとと思ってます

IMGP7667_DxOX

EOS Mの22mmが描写がよく換算35ミリのフレーミングに対して、DA21mmは換算32ミリなので、それなりに広角寄りで最短距離が20cmを生かせるテーブルフォト向きな一本でもあります

IMGP7670_DxOX

近接性能はMの22mmのほうが寄れますが、換算焦点距離が3ミリ広角なので大きめの皿でもフレーミングしやすいし、

IMGP7633_DxOX

Mの記事で触れているように、手ブレが気になるMに比べて、SRの安定性とプログラムラインで弾き出されるシャッター速度も「M」のような賢くない身の程程知らずとは違って、PモードとハイバーAVへ切り替えで手ブレマージンのまま深度コントロールも「普通」にできます

IMGP7629_DxOX

ただ、遠景撮らなきゃsmc版に対して写りに遜色がないので、K-5ⅡsやK-3、K-S1でなければsmcでも十分

IMGP7648_DxOX

smc版に比べると遠景解像力が多少改善されたような気もしますが、K-5Ⅱsに比べてちょいと甘いK-01やK-50のセンサーだとプライムレンズのよさを引き出し切れない感じもあります

IMGP7672_DxOX

なお、レストランは小田急よみうりランド駅側で、地元では数少ないレストラン

IMGP7625_DxOX

長年住んでいますが、自分は入店したのは初めて

ビストロ カフェ 棕櫚 シュロ まるで隠れ家 素敵なランチタイム!読売ランド前
|Karinオフィシャルブログ「Karin Diary カレーとパフェとカフェと…」Powered by Ameba

こちらのブログがきれいに写真撮って紹介されてます

IMGP7620_DxOX

なお、ふつうの家が店になっている姉妹店がちょいと離れたところにありますが、 そっちは先に出向いたので休みでした

IMGP7622_DxOX

X7用の10-18も手放しちゃったし、M用の11-22ももひとつ気が乗らないので、smc版のDA15mmにチェンジするほうがよりK-01の使い勝手には合うか?


タグ:21mm
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0