So-net無料ブログ作成

CP+2019 EOS RP 初体験 [CP+]

EOSミラーレスの新型「RP」をタッチアンドトライの列に並んできました
DSC06294_DxO.jpg
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
ワンコーナーに、初代「R」と新製品「RP」の両方を触ることができるような展示になっていました
DSC06336_DxO.jpg
撮影:α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
並べることで「RP」の小ささを感じることができますが、EOS Rには24-105が付いて、RPには35ミリが付いているので当たり前、もしレンズを入れ替えたら軽量感は逆転するでしょうね 
DSC06338_DxO.jpg
撮影:α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
さて、EOS RPの印象
ブラックボディも見せてもらいましたが、とくにゴールドモデルは軽さのためか外装の質感が安物っぽくて、印象としてはLUMIXのG5のような感じがしました
エクステンショングリップを付けると、小指のかかりはよくなるものの、これから「R」のほうがいいんじゃないの?っていうのも正直なところ
ボディの厚みが薄いことで軽量化されているだけで、KissのX7をはじめてみたときのようなフラッグシップのミニチュア的な「凝縮感」が感じられない形と素材に思えました
DSC06339_DxO.jpg
撮影:α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
ピントがレンズに合ってますがブラップボディにアダプターでEF24-70 F2.8を付けてもらいました
この状態で、持参していたα7ⅡとシグマコンバーターでのEF24-70 F2.8を持ち比べてみましたが、さすがに同一メーカーなりのしっくり感やターゲットパッドAF等を含めるとEOS RPのほうが上ですが、IS非搭載のEFマウントレンズをつかう前提では、α7ⅡをEOS RPにリプレイスすることでのセンサーシフト手ぶれ補正がつかえなくなるデメリットはやはり無視できないなと思いました
DSC06292_DxO.jpg
撮影:α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
やっぱりね、どのメーカーでも同じですが、新型マウントはコンバーターで既存マウントではなく、レンズを新マウントで買い揃えていくべきだなと再認識
バッテリーの持ち、センサーがむき出しではない作り、ファインダーが0.5型であることからも、もし迷ったとしても、RPよりもRのほうをチョイスしたほうがよいように思います
もちろん、たとえば、赤ちゃんが生まれたばかりや子供が小さい家庭や、散歩用に、RF35ミリとRPをつかうようなつかいかたならとってもよいので、RPレンズは、既存のEFレンズなんてもってない方にはおすすめです

EOS R -6EVの世界体験
DSC06301_DxO
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
完全遮光されたブース内で、「肉眼では見えない被写体をEOS Rなら、AFでばっちり捉えられます」というコーナー
DSC06302_DxO
撮影:α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
三脚に固定されたEOS Rでほぼ真っ暗のなかの被写体をライブビューAFを実際に体験できますが、ゲインアップ=ISO25600とF1.2レンズの恩恵があるとはいえ、EOS Rの-6EVの合焦性能はすごかったです
DSC06304_DxO
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
もうひとつは、EOS Rにアダプターを介して、EFレンズをつけることで可変NDフィルターにより高輝度のなかでも1/60秒のなめらかなシャッタースピードでのムービー撮影ができることや、C-PLでの効果を体験できるコーナーがありました
DSC06337_DxO
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM/SIGMA MC-11
ということで、個人的に心配していた
「実機を触ったら、EOS RPがほしくてしかたなくなるかも?」
は、杞憂に終わりました

帰宅前にひさしぶりのみなとみらいをα7Ⅱ・EFレンズで手持ちショット
DSC06346_DxO
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ 24mm  F2.8・1/5秒 ISO400
DSC06349_DxO
α7Ⅱ EF24-70mm F2.8L Ⅱ 70mm  F2.8・1/6秒 ISO400
高感度に弱いと感じるα7Ⅱではありますが、EOS R/RPでは、α7Ⅱと同じ感度で手持ちスローシャッターでは撮れませんからね
AF6Z2106_DxO.jpg
撮影:2018年CP+
なお、フルサイズでなければ、M5やKiss Mのほうがシステム的には好きですね
APS-Cなのでレンズの大きさに無理がないのですが、それでもF2.8以上のズームになると重量バランス的にはボディサイズとのバランスは取りづらいので、せめてレンズからIS機構を除いてもらい、手ブレ吸収はボディ側でお願いしたいところ
というわけで、今後のフルサイズEOS R/RPの後継は、ぜひとも、ISなしの軽量RF24-70mm F4の標準ズームをキットでお願いし、できれば、ホワイトモデルのラインナップも希望します

タグ:CP+
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0