So-net無料ブログ作成
LUMIX G/LX ブログトップ
前の10件 | -

LUMIX14mm ワイコン [LUMIX G/LX]

昔のビデオカメラでつかっていたレイノックスのワイコン(公称0.45倍)が46mm径を発見
P1100590_DxO.jpg
P1100591_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ 14mm
もともと昔のハンディカムすなわちVGAのアナログ1/2インチセンサーの換算41mmぐらいのビデオカメラ用なので画質的には実用範囲外ですがまあお遊びでした

nice!(0)  コメント(0) 

もうひとつのLUMIXパンケーキ [LUMIX G/LX]

身内のカメラ女子もどきに、預けていたGM1が手元に戻ってきたのを機に14mmパンケーキを調達しました
IMG_6886_DxO.jpg
後継モデルを期待していたLUMIX GM1は、その後、後継機種は発売されないこともあって中古市場でも高止まりのモデル
IMG_6892_DxO
そのGM1のサイズにベストマッチする14mmもは、発売以降はさほど人気レンズではなかったように記憶してますが、ボディ側が進化したいまどきのLUMIXには「28mm相当のF2.5」でセンサーシフト手ぶれ補正や動画ISもあって以前よりも撮影対応範囲が広くなっているせいか、中古市場でも比較的高値安定です
IMG_6889_DxO
そもそも、GM1を通勤カメラで常用していた頃に、組み合わせたてみたかった15mmのライカズミルックスがいまは手元にあるので、これがベストかなあと思ってみたものの、特にライカズミルックス用の純正フードをつけるとGM1の薄いグリップとのバランスがよくなかったりとGM1とのマッチングは思ったほどベストマッチではありませんでした
IMG_6888_DxO

というわけで、それぞれの単焦点レンズは、もとの鞘に収まることになりました
IMG_6885_DxO
なお、GF1を愛用していたときは、14mmは発売日を待ちわびて買いに行ったぐらいでしたが、ボディとレンズの外径の大記載のバランスがいまいちなので、14mmはその後のGF2からGF5と合わせるのがよかったですね
IMG_6893_DxO
GM1と14mm☓2倍=28mmは、当時のGR Digitalと同じでポケットへの収まりもばっちりなのですが、Wi-Fi機能はあるもののやっぱりセンサーシフトISがないカメラとの組み合わせでは、スペック不足を感じます
IMG_6890_DxO
GF1のキットの20mmからはじまったLUMIXの単焦点シリーズは、フィルター径が46mmなのが共通ですが、市販で手に入るエツミのドームフードではが厚みがありパンケーキらしさが失われたりして、なかなか悩ましい存在
IMG_0006_DxO(retina)
20mm F1.7でも純正の46mmのプロテクターは不格好だし、プロテクターやフードは付けないのがよいのですが、この個体は中古並品で傷だらけで買ったのでフードかプロテクターで隠さないとみためがボロボロなんですね
IMG_0001_DxO
GM1との組み合わせでは、エツミの46mmフードは小型ボディに対して、レンズ部分がやっぱり出過ぎなの
それならとキヤノン22mm用の43mmのドームフードをステップダウンリングで装着することを思いつき、レイノックスの樹脂製変換リングを購入
IMG_6898_DxO
フードも変換リングも樹脂製同士で違和感もなくみためもよいのですが、やっぱり変換リングの分だけ厚みがあって残念ながらマッチングは今一つ感あり
IMG_0002_DxO
保険に考えていた、ステップダウンリングで43mm径のCOKINの超薄枠のピュアアルモニシリーズをつかうことにしたのですが、まあこれがいまのところベストチョイスな感じです
IMG_0004_DxO
でもまあ、本音をいえば46mmの薄枠プロテクターを付けるのがいいんでしょうが、12,800円で買ったレンズにフィルターにコストはかけたくないのが本音
そもそもこの43mm径のフィルターは、LUMIXのLX100用に買ったものでした
IMG_6895_DxO
49mmや52mm径だったら、PENTAX用やフォクトレンダーウルトロン用など我が家には、いいのがあるんですけどね
P1050846_DxO(retina)
蛇足になりますが、GM1のもともとのキットレンズは、パンケーキズームの12-32mm
P1050844_DxO(retina)
沈胴タイプで操作では手間になっても、あるいは画質を犠牲にしても、キットレンズは短く軽いことがビギナー向けには重要なのでしょうが、とくにEOS用はロックレバーがあって面倒だし、LUMIX用は力をいれすぎちゃうと壊れてしまうというリスク付き
P2550330_DxO
撮影 GM1 14mm F2.5
明るい単焦点レンズは、買い増してくださいということですが、GM1やEOS Mでは手ぶれ補正は自己責任でカバーしてくださいというのがこの時代のPanasonic。もっとも、EOSはフルサイズになってもいまだにセンサーシフトIS対応モデルありませんが・・

さて、ひさしぶりのミニマムLUMIXと50gのパンケーキはやっぱり軽い
P2550314_DxO
GM1 14mm F2.5 
シャッターフィールも悪くないし、やっぱりこのサイズのまま手ぶれ補正とUSB充電に対応してくれればね
P2550313_DxO
GM1 14mm F2.5 
商業的に失敗したというのはキットレンズの使いにくさのせいなのか、スマホと大きさが変わらないせいなのか?
P2550311_DxO(Prime)_2
GM1 14mm F2.5  ISO3200 DxO PhotoLAB  Primeノイズリダクション
高感度の粘りも画素数に無理がないので、最新のRAW現像ソフトでISO3200でもまずまずでした
P2550311_DxO
GM1 14mm F2.5  ISO3200 DxO PhotoLAB ノイズリダクションオフ
それでもやっぱり解像感は輝度ノイズはかけないほうがいいんですよね
P1100545_DxO
GX7 MarkⅡ F2.5 ISO400
別の日に取り直してみましたが、GX7Ⅱのローパスフィルターレスセンサーと低感度で撮れるセンサーシフト手ぶれ補正の威力には進歩を感じてしまいます

タグ:GM1
nice!(1)  コメント(0) 

通勤さくら撮りシーズン スタート [LUMIX G/LX]

勤め先付近の桜も、あっというまに咲き始めましたが、夜はまだまだ寒くて
P1100432_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
去年の春以降に我が家にやってきた撮影機材は、α7ⅡにEFレンズ2本、LUMIX用の42.5mmなのですが、通勤バッグに無理なく収まって、暗くても撮りやすいのやはり、GX7とF1.7レンズです
P1100434_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
ちょいと画角はせまいけどもセンサーサイズのままのアスペクトでRAW記録されているので、DxOでの現像時に4:3でも3:2でも出力できます
P1100435_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
GX7はこのマーク2からローパスフィルターレス仕様になって桜を離れて撮るとなかなかの分離感があり、JPEGでも実用に耐えますが、さらにDxOのレンズシャープネスでバランスを追い込むといい絵がでてきます
P1100436_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
α7のソニー本社横の桜ですが、撮り方を工夫しても、30ミリだとやっぱりちょい狭いので、やっぱり桜の季節は24ミリ以下のレンズがあるとバリエーションがだせるのですが、そうなると手持ちの機材ではどうしてもフルサイズレンズになり通勤カメラとしてはかさばりますからね
P1100438_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
そんな感じで桜の季節開幕ですが、週末が曇り予報なので出鼻をくじかれそうです

nice!(0)  コメント(0) 

おくればせ Windows10 [LUMIX G/LX]

タイトルとは関係ありませんが、千歳船橋の定食屋の豚丼を真上からテーブルショット
P1100428_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ 20mm F1.7
DxOでのRAW現像時にどんぶりの歪みを整えてから出力しています

さておき、本題
自分が写真用につかっているパソコンをようやくWindows10にしました
マイクロソフトのサイトからISOイメージファイルを落として、BDディスクに焼き込み、クリーンインストール
インストール後にWindows7のシリアル番号であっさりアクティベーションも完了
もともど写真も動画ファイルも別のHDDドライブにはじめから取り込んでいるのでいつCドライブは壊れてもデータ消失はありません
P1100369_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ 20mm F1.7
これを気に、寝室でハイレゾ専用につかっているソニーVAIOも、クリーンインストールし直してみたら起動が早くなり、せっかくなのでいつにまにか安くなっていたSSDを買ってつかってみることにしました
SSDが体感的によかったら写真用パソコン用にも導入してみようと思っていますが、Cドライブをいちど初期化したので、フォトショップのマクロ登録も、DxOの現像プリセットもモニターのカラーキャリブレーションも、再登録や設定が必要でやっぱり面倒くさいものですね
それにしてもWindows10になってつかえなくなったパソコン間でのファイル共有やフォルダライブラリ登録やらすんなりいかないことが多くて、体が手順を覚えているファイル保存場所の指定などのワークフローがすんなり行かないので、少しずつ慣れていこうと思います

nice!(0)  コメント(0) 

中望遠レンズ [LUMIX G/LX]

LUMIX用のF1.7の中望遠
P1100056_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
α7Ⅱキットズームと日替わりのようにして持ち歩いていますが、常用のカメラ&レンズとして、通勤バッグへの収まり具合は抜群です
P1100055_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
GX7Ⅱを持ち出すときは42.5mmを装着したまま、交換用に15mmF1.7もバッグに入れるようにしていますが、たとえばテーブルフォトになってもマクロレンズ用にもつかえるので15mmに交換することも少ないですね
P1100057_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
85ミリ単焦点ってポートレート向けの焦点距離ですが、ストリートスナップとしてもズームレンズと違って、割り切って切り取れるのがときにいい感じになることもあります
P1100058_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
EFレンズでも純正のIS付F1.4が発売されたし、ソニー用も比較的お手軽の85ミリもラインナップなどの選択肢もありますが、F1.7のマイクロフォーサーズという適度な非写界深度と適度な感度で早めのシャッタースピードが切れるのと、ファインダーでも液晶でも指先タッチフォーカスの反応のよさはLUMIXが抜群です
P1100062_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
LUMIXカメラで気に入っているところは、電源オンのたびに、AFモードを顔&瞳検出オートで毎回起動できるようにカスタム登録できる上に、ファインダー撮りでも背面液晶でもタッチ一発でスポットに切り替えられること
P1100051_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
タッチ液晶になった第三世代のα7ⅢやEOS Rのタッチドラッグがどうなってるのかは未体験なのですが、6DMarkⅡでは、顔認識モード状態で液晶とタッチしてもスポットへの切り替えはできません
P1100053_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
α7ⅡにしてもEOS6DⅡにしても、フルサイズの24メガ、26メガを超えた中望遠になると、フォーカスや手ぶれ補正もシビアになるだけでなく、フォーカスポイントをどこに置くのかは重要になってくるので、マイクロフォーサーズで16メガあたりは取り回しが気楽なところがいいところなのかもしれません

nice!(0)  コメント(0) 

GX8にしてみようか構想 [LUMIX G/LX]

GX7 MarkⅡでポートレートフラッシュ
P1100005_DxO.jpg
GX7 MarkⅡ SUMMILUX15mm
赤目軽減発光にしなかったのでDxO Photolabで赤目修正。完全自動ではありませんが、拡大して目の周りを囲ってやるだけでキャッチライトを残したままきれいに黒目にしてくれる素晴らしい機能でした

さて、登山愛好の知人から防塵防滴のカメラのおすすめを相談されたのをきっかけにオリンパスのE-Mシリーズを調べはじめたら、LUMIXのGX8も防塵防滴ボディらしきことがわかり、たしかに「GX8のLVFはGX7Ⅱよりも断然いいんだよね」ということを思い出しました
GX8が登場したときは、当時気に入っていたGM1との比較もあって、大きすぎて不格好、LUMIXらしからぬ・・・などとだめだししてましたが、
つい先日、SONYのα7Ⅱをつかってみたり、
GX7Ⅱのファインダーが遠近両用メガネでは縦撮りが見えづらかったり、
G9Proのファインダーが現行のどのミラーレスよりもみやすような気がしてたり
とうことで自分のなかでクローズアップされています
ボディサイズやチルトファインダー以外のGX8とGX7Ⅱとの違いを調べみると、
・GX8には内蔵フラッシュがない
・GX8には、動画用のスタビライザーモードがない
・GX8には、USB充電ができない
・GX8は20メガだけどローパスフィルター付
ということぐらいですかね。防塵防滴は必須ではありませんが、ボディがしっかしていることもありですね
P1090935_DxO
GX7MarkⅡ G42.5mm
中古価格が安くなってきているのでファインダーのために、GX7Ⅱから乗り換えてみようか?
でもこの際なので、外付けフラッシュもEFレンズのAFでつかえるアダプターも・・・・と考えるとちょいとコスト掛かりすぎですかね
小さいカメラは、そのうち時期GRに任せて・・・・というように、フルサイズEOSに行かないかわりに楽しむ方法はいくらでもありますね
話戻って、登山用は個人的なチョイスは、OM-D EM-1Ⅱと14-100ズームがベストのように思えたのですが、中古で選んでも20万円クラスになるのでいきなりデビューには少し高いですね

nice!(0)  コメント(0) 

2018イルミネーション YEBISU  LUMIX中望遠 [LUMIX G/LX]

金曜日の仕事帰り。暖かかったので、今季2回目の恵比寿イルミネーションへ寄り道
P1090919_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm・F1.7
少し離れたところから42.5ミリの2倍の85ミリでロングショット
先週きたときには風も吹いていて寒い中、レンタル中のSONY α7Ⅱとキットズームでの三脚撮りに対し、今回は風もなく、カメラボディとレンズの「DUAL IS」で手持ち撮りなので軽快です
P1090878_DxO
43mm F1.7・1/80秒 ISO800
GX7MarkⅡでは設定メニューに入らずに、感度の上限設定をワンボタンとダイヤルで設定ができるが秀逸
あとはカメラのプログラムライン任せなのですが、レンズの換算焦点距離に応じて割り出されてくるシャッタースピードが高めなのは静止物には、ちょっとマージンもたせ過ぎかな?
それと、縦位置撮りのフォーカシングとフレーミングは、LVFならタッチパッド、ウェストレベルでもタッチフォーカスでピンポイントを動かせることは、先駆者ならではのつかいやすさは抜群だと思います
P1090879_DxO
43mm F1.7・1/80秒 ISO800
LUMIXでは、AFモードが顔&瞳検出が初期動作でもタッチしたとたんに1点AFに自動で切り替えるところがとくにつかいやすく、EOS 6D MarkⅡの場合は、顔検出オートのままだとタッチしても1点に切り替わらず、しかも顔認識モードだと、水準器が見えないという謎の仕様
α7Ⅲもタッチ液晶になったようですが使い勝手はどうなんでしょうね??
P1090880_DxO
43mm F1.7・1/100秒 ISO400
タッチパッドでシャンデリアにフォーカスポイントを置いたつもりだったけど、手前の枝に引っかかっていましたが、それでも、LUMIXは、LVFを覗いたまま、「フォーカスエリアのサイズ変更、移動、水平垂直、EV補正」がすっとできるのがとっても好ましく感じます
P1090887_DxO
43mm F1.7・1/25秒 ISO400
願わくば、遠近両用メガネのカメラおやじ的には、α7シリーズやG9Pro・GX8のような大きくてみやすいLVFがいいですね。EOS Rも同じか・・・
P1090883_DxO
43mm F1.7・1/160秒 ISO200
ただ、85ミリ換算のF1.7とはいえ、43mmなのでフルサイズのF1.4の85ミリや135ミリのF2のような前後のぼけや浅い被写界深度は期待できない
P1090891_DxO
43mm F1.7・1/100秒 ISO320
唯一、操作性で気になるのは、シャッターボタンでAFロック後にフルタイムMFで自動拡大フォーカシングしたあとに、もとのフレーミングに復帰できないところですが、これってなにか設定で解決できるのかな?
補足ですが、GX7ⅡはフルサイズEOSやSONYαとかと比べると、やっぱり高感度は800までに抑えたいのと、暗部を持ち上げるとノイズが目立ちますがローパスレスで解像感は残っているので、DxO Photolabの「Primeノイズリダクション」処理との相性がよいです
通常は輝度ノイズはオフにして現像するのですが、LUMIXの場合はノイズリダクションを20/100と軽くかけて高負荷だけどディテールがのこる「Prime」処理をかけています

SUMMILUX 15mmにレンズ交換
P1090898_DxO
15mm F1.7・1/50秒 ISO800
長年愛用の20mmよりも逆光等には強い気がしてましたが、シャンデリアの形のままの立派なゴーストが出現
P1090901_DxO
15mm F1.7・1/60秒 ISO800
プロテクトフィルターなどは付けてないんですけど、上下反転してフランジバックとセンサーで内部反射してるんだと思います
P1090900_DxO
15mm F1.7・1/10秒 ISO800
Dual ISではありませんが、手ぶれ補正はよく効きます
P1090904_DxO
15mm F1.7・1/60秒 ISO320
このカットも空の部分にシャンデリアが反転したゴースト・・・42.5ミリのレンズでは発生しなかったのでまあ気にしないことにしましょう
P1090912_DxO
15mm F1.7・1/10秒 ISO125
帰りがけに再びレンズを替えて、こんどは絞って撮ってみました
P1090928_DxO
43mm F5・1/10秒 ISO800
うーん、特に大きく絞ってもよいことはなさそうですがいい感じの光条がチラット見えました
P1090926_DxO
43mm F5・1/8秒 ISO800
月末から表参道や渋谷もはじまるので、毎日GX7Ⅱとレンズ二本を入れて持ち歩きます

nice!(1)  コメント(0) 

2018 ミナミルミ [LUMIX G/LX]

2018「ミナミルミ」スタート
P1090833_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
今年の新アイテムは、この42.5mmレンズなんですが、絞り開放でもあんまりボケないし、絞ってもPENTAXのFA43mmのような光芒もでませんね
P1090842_DxO(PRIME)_2
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX 15mm F1.7
換算85mmの中望遠だとドコモタワーとイルミネーションをからめたフレーミングは無理かな?
P1090842_DxO_1
LUMIX GX7 MarkⅡ SUMMILUX 15mm F1.7
さておき、ここ何年かピンク電飾だったのが、ふつう色に戻りました。カメラのAWBだとこのトーン
P1090853_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ G42.5mm F1.7
ま、ここはいつでも寄れるので初日は下見ということでこのへんで

nice!(1)  コメント(1) 

85ミリ テーブルショット [LUMIX G/LX]

換算85ミリのテーブルショット
P1090735_DxO.jpg
GX7MarkⅡ G42.5mm F1.7
3:2アスペクトだとほぼ90ミリ近くになるのでタムロンのマクロのようにつかえますが、こっちはDual I.Sが効く強みもあります
P1090731_DxO
実際には43ミリなのか42.5ミリなのかは定かではありませんが、同じF1.7シリーズの15や20ミリのような歪みも少なく、そもそもカメラそのものが照明の影にもなりにくいのがテーブルフォトにもつかえます
P1090733_DxO
撮影倍率0.2倍の倍なので、寄りっぷりとしては準マクロレンズとしてもつかえますね
P1090736_DxO
なかなかに使い手のあるお買い得レンズです

nice!(1)  コメント(0) 

85ミリ中望遠LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH [LUMIX G/LX]

ひさしぶりにGレンズ購入
P1050805DxO_s.jpg
去年から常用になっている15ミリレンズとのコンビで、これからのイルミネーションに備えようかなという目論見です
P1050806DxO_s
標準の筒型フードはバヨネット式で、15ミリレンズと同じく化粧リングと排他使用になりますがこのままだと通勤バッグへの収まりがちょいと悪いので
P1050804DxO_s
37mm-49mmステップアップリングをかませてPENTAXのDA40mm用のフードを付けてみることにしました
P1050803DxO_s
85ミリでF1.7にレンズとボディのDUAL I.Sになります
PENTAXのK-01を通勤カメラとして愛用していた頃にはDA70mmとFA43mmをつかっていたので同じような感覚で、単焦点スナップができるかな?

P1090654_DxO(PRIME)
42.5mm F1.7・1/40秒 ISO800 DxO PhotoLab
DxOでディストーション補正をみてみると85ミリとしてはタル型が大きい感じですがもとは43mmですからね
P1090662_DxO(PRIME)
42.5mm F1.7・1/160秒 ISO200
PENTAX K-01時代よりも進化した「ファインダー・タッチパッド測距点・デュアルIS」の中望遠スナップですがシャッターを切ったあとに「ブレたかも?」「撮れた!」という感覚が乏しい
P1090665_DxO
42.5mm F2・1/200秒 ISO200
写りそのものは、ローパスレスフィルターのGX7Ⅱのセンサーと相まってとってもシャープ
P1090664_DxO
42.5mm F1.7・1/100秒 ISO1600
DxOのレンズシャープネスのパラメータを標準より落とさないと輪郭がパキパキになる感じですね
IMG_8668(K-01)
余談ですがK-01は、マウントもフランジバックも同じまま、ただミラーをなくしただけという単純ミラーレス化したけどデザインも操作性も画質も当時から抜きん出たすばらしいカメラだと今でも思います
EVFモデルの後継は消え、K-Sシリーズとミラーカメラに戻り、結局いまのKP、K-1になっていったものの、K-1からミラーだけはずしてこのボディのままK-01フルサイズがでたらFA43ともども買い直してPENTAXと復縁したいものです(バックナンバー DA70mm イルミネーション 2013-12

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - LUMIX G/LX ブログトップ