So-net無料ブログ作成
EOS 6DMarkⅡ ブログトップ
前の10件 | -

ウチから花火2019 [EOS 6DMarkⅡ]

我が家では毎年恒例のウチから花火シリーズ
P1100860_DxO.jpg
今年は、三脚座付きのEF70-200を迎えて縦撮りも安定。アルカスイス用のアダプターとピークデザイン仕様のストラップなしで取り回しも快適です
IMG_7357_DxO
EOS 6D Mark II EF70-200mm f/2.8L IS II USM
一発目が開いたときにタッチフォーカスで測距して、そのままリモートケーブルでバルブ撮り
IMG_7364_DxO
EOS 6D Mark II EF70-200mm f/2.8L IS II USM
NDフィルタをつかえなかったこともあり、F2.8ズームと6DMarkⅡのデュアルピクセルAFの恩恵を実感しました
IMG_7383_DxO
EOS 6D Mark II EF70-200mm f/2.8L IS II USM
ただし、一発目でリモートケーブ半押しで測距してバルブ露光に入りますが、露光中は液晶がブラックアウトしたままになるので高めの花火が打ち上がったときにズーミングで引くのも感になってしまいます
IMG_7355_DxO
EOS 6D Mark II EF70-200mm f/2.8L IS II USM
画面いっぱいに光を収めるには、はみ出すぐらいのほうが迫力がでるのですが、ISO50と絞りだけではあまり長くは露光できないので、NDがつかえるように準備しておくべきでした

タグ:花火
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夜の羽田空港展望デッキ [EOS 6DMarkⅡ]

山下公園で夕涼みしてましたが、おおさんばし散歩や横浜ドライブも気乗りしないので、思い切って羽田空港へ移動
IMG_7118_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
展望台って場所はさておき、換算700ミリぐらいのカムコーダーと違って、昼夜を問わず200mmぐらいの望遠だとぱっとしませんね
IMG_7110_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
かといって航空機好きってわけでもないので100-400やテレコンなども揃える気はないので足らない部分はトリミングでカバーすることにします
IMG_7117_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
28mmはクルマのトランクに置いてきちゃったので広角側も70ミリより引くことはできませんでした
IMG_7124_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
ま、こんなことしてないで飛行機に乗って旅スナップに出てみたいところです
IMG_7122_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
展望デッキ閉店まえの22時前のせいか離発着も少なく、6DⅡと70-200のAFもうまくコントロールできず、テイクオフのフォローはMFへ切り替え
IMG_7128_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
F2.8とISO6400上限のシャッタースピードでは、必然的に流し撮りに挑戦せざるを得ず
IMG_7138_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
がんばってみたもののぱっとせず・・・
IMG_7139_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
そもそも、なぜ130mmで撮ってたのか?というのも、家に帰ってからの反省点でした
IMG_7134_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS USM
そんなわけで、ちょいと無理矢理感のある70-200活用スナップでした

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

70-200スナップ [EOS 6DMarkⅡ]

夕涼みがてらひさしぶりに横浜中華街へ
IMG_7050_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
28ミリの単焦点を付けましたが、今夜は70-200スナップにチャレンジしてみます
IMG_7051_DxO
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
28mmの代わりに、EOS M5やLUMIXを持ってくるほうがレンズ交換しなくて済むのですが、なんだかんだで夜はフルサイズEOSのほうが強いですからね
IMG_7053_DxO
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
この日は、水餃子目当てで「山東」へ
IMG_7063_DxO
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
店内円卓で、他のご家族と相席で満席状態
IMG_7059_DxO
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
カメラの置き場にも困るぐらいなので、ワンタッチでストラップが外せるピークデザイン方式は便利ですね
IMG_7066_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
お店を出る前に望遠ズームに取り替えてから、夜の街を歩いてみます
IMG_7077_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
70-200の三脚座に取り付けたリストストラップで片手持ち歩き
IMG_7079_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
135mmの単焦点のときのようにシャッタースピードに気を使わなくていいのですが、評判通りⅡ型も点光源には弱い感じです
IMG_7075_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
ともあれ、24-70ミリを付けてるときは70ミリ側では物足りないシーンが多いのですが、70-200で使うと70mmは思ったよりせまく感じるものですね
IMG_7073_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
といっても70-200を付けちゃうとできればレンズ交換もしたくないし、レンズに重みで手首に食い込むPeakDesignの「カフ(=リストストラップ)」は、取り外すのが面倒だったりと、やっぱり70-200をスナップで使うときは、カメラ2台体制にすべきだなあと再認識してきました
IMG_7083_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
とはいうものの、とくに目的もなく1.5kgのズームを持ち歩くのもねぇ・・・
IMG_7084_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ USM
昔、F4ズームをつかってたときも同じことを思った記憶がありますが、135mm一本よりは気軽にスナップできるのも確かなので、今年はPeakDesignグッズにサポートしてもらって70-200を1DXを積極的に持ち出したいと思います

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山下公園~トライアスロンデー [EOS 6DMarkⅡ]

みなとみらいからシーバスに乗ったら、途中赤レンガ倉庫で自転車レースの一団が疾走中なのがみえました
IMG_6772_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ  EF16-35mm F4IS
とっさのことなのでレンズ交換の余裕もなく、広角ズームでショット
IMG_6773_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF16-35mm F4IS
選手をとらえるには遠すぎましたが、海からのアングルはレアでしょう
世界トライアスロンシリーズ横浜大会情報サイト|YOKOHAMA TRIATHLON Website
その後、上陸に備えて、バックパックのなかの望遠ズームと交換
IMG_6783_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
この日は、令和の10連休中に新調したピークデザインのエブリデイバックパックと70-200ズームをはじめてセットで持ち出してきましたが、やっぱりワンショルダーと違って両肩で背負ったほうが移動時も撮影時も負担が少ないですね
IMG_6790_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
シーバスから山下公園へ上陸すると、満開のバラと人であふれていました
IMG_6802_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
70-200のF2.8は、重さもあるし、鏡筒が太くて三脚座もあって片手で握りづらいので、単焦点の135mmに比べてレンズ交換は慎重になります
IMG_6807_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF16-35mm F4IS
前に回してサイドが開くバックパックですが、立ったまま交換はリスクを感じます
IMG_6816DLO
EOS6D MarkⅡ  EF16-35mm F4IS
スピードライト(270EXⅡ)を付けていたので、プログラムAEで撮ってみたら、ISO400で絞りがF22という回折の影響でまくりショットになったので、このカットだけDLOで現像してみましたが、ぼけぼけ感は取りきれませんでした

再びトライアスロン
IMG_6819_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
自分らがバラを撮っているあいだに、自転車からランニングにかわって一周してきたのでしょうか

IMG_6826_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
不慣れながら、6DでのAFサーボへ切り替えて勇姿を撮影させてもらいました
IMG_6829_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
こうやって遠目から200ミリで撮影するも、スポーツをちゃんと撮るなら70-200より100-400なんでしょうね
IMG_6830_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
それにしても、普段より一段と汚かった横浜港が泳いだのでしょう
IMG_6836_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
若い新婚カップルの一日専属カメマン役を買って出てきましたが、70-200を振りまわす技術よりも、
IMG_6835_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
ずっと人通りが途切れないなかで、どうシャッターチャンスをゲットできるかしょうね
IMG_6847_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
しばらくぶりの望遠ズームですが、日中でもシャッタースピードと手ブレを気にせず撮れるのは6Dでも1DXでも大きな恩恵
IMG_6856_DxO
EOS6D MarkⅡ  EF70-200mm F2.8L ISⅡ
結局のところ、キヤノンの純正望遠レンズを使うよね~戦略に乗ってますが、自分の場合はF2.8はやっぱり持て余しすぎなので、F4のズーム2本に入れ替えようとする日も遠からずな予感がしています

タグ:横浜
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

深大寺のにゃんにゃん [EOS 6DMarkⅡ]

新調したズームレンズでの、はじめてのネコ撮り
IMG_6613_DxO.jpg
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
飼い主のおじさんによれば、名前は「にゃんにゃん」だそうです
IMG_6616_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
自転車のカゴから半身乗り出しているので、カメラをウェストレベルにして絞り優先でのライブビューAF
ISのおかげでブレなく、像面位相差のおかげで測距点も自由度があり、ミラーレスと遜色ありません
IMG_6603_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
こちらは200ミリでのロングショット。おじさんとネコも写っています
IMG_0672_DxO
EOS M5 EF-M22mm
こちらは、望遠レンズだけとはいかないので交換レンズの代わりに持ってきたEOS M5と22mmのコンビ
IMG_0667_DxO
EOS M5 EF-M22mm
6DⅡとM5は、オートホワイトバランスの傾向は異なるものの、同じ2400万画素だし、DxOで現像すると色味は同じ
IMG_0677_DxO
EOS M5 EF-M22mm
35ミリ換算になるので、RFレンズのマクロレンズと同じ。6DⅡと35mm F2 ISでも十分軽量なので、EOS Rと35mmの魅力をあまり感じないんですよね
IMG_6607_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
二カメで問題になる時刻のズレも、6DⅡはGPSから、M5はWi-Fiでつないだiphoneからの同期させたので問題なし
IMG_0675_DxO
EOS M5 EF-M22mm
ただ、6DⅡと70-200を手にもったまま歩いてきたので、右手首がだいぶ重くなってきました

神代植物園
IMG_6580_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
残念ながら、藤の花はほとんど散っていました
IMG_6573_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
画質チェックのためにあえて絞り開放でロングショットをしてみましたが
IMG_6579_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
ポートレートでもなければ、F4ズームのほうが取り回しもよさそうだったなぁという気持ちも大きいです
IMG_6578_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS

そんな感じで、きょうは無理やり開放撮影
IMG_6588_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
200ミリの開放は、ロングショットでもEF135ミリと同レベルのの被写界深度の効用は感じられます
IMG_6621_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
単焦点の200mm F2.8とは絞ると差はあまりないようですが開放時の描写はまったく違う感じです
IMG_6622_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
次の機会には1DXと組まないと・・・ですね

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

こいのぼり [EOS 6DMarkⅡ]

鯉ではなく若鮎ですが季節ものなので食べる前に縁側ショット
IMG_0653_DxO.jpg
EOS M5 EF-M22mm Photoshop
10連休中に新調したピークデザインのカメラバッグと1.5kgの望遠ズームを入れて近所へさんぽして重量感を確認してきました
IMG_6544DPP
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
ワンショルダーのスリングと違い、両肩のバックパックは疲れなさそうですが、レンズ自体の取り回しに気を使います
IMG_6552_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS USM
28mmもいっしょに持ち歩きましたが、焦点距離に関わらず、IS搭載レンズは、ファインダーでもライブビューでも手ブレ懸念が少ないというのはありがたいものです
IMG_6542_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
ただ、レンズが太くて重いから片手でしっかり持ってマウントするにはちゃんと腰を下ろして交換するという基本を守らないとね
IMG_0647_DxO
EOS M5 EF70-200mm F2.8LⅡ IS
M5にも装着してみましたが写りは文句なし
IMG_0649_DxO
午後からのお出かけはGOLLAのワンショルダーに6DⅡと70-200を入れ、深大寺にでかけます
IMG_6604_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ IS
つづきます

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS M5とスピードライトの隠れた欠点 [EOS 6DMarkⅡ]

総勢50名の送別会の写真係を頼まれました
IMG_6354_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS・430EXⅢ-RT
このところ宴会の大小問わず、6DMarkⅡとIS広角ズームにスピードライトがすっかり定番になっていますが、今回はテストも兼ねてEOS M5に28mmISを付けてもっていきました
IMG_6373_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS・430EXⅢ-RT
ところが、EOS Mでフラッシュ発光させてシャッターを切ったあとのブラックアウトの時間が長く、いわゆるポストビュー画像がすぐにEVFに表示されないことに気づきます
背面液晶なら少しの遅れは感覚的に気にならないのかもしれませんが、EVFの場合は「撮った感」が薄くて、会場でつかいはじたときにはテンポが悪すぎて、M5撮影は、数ショット撮っただけで、もっぱら6D MarkⅡでの撮影になってしまいました
IMG_6414_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS・430EXⅢ-RT
F4の広角ズームと、M5から外した一段段明るいF2.8の28mm ISを撮り比べしてみると、AF速度も焦点距離も16-35mmの範囲内なのでさほどF2.8の恩恵は感じませんでしたが、どちらもISが搭載されているのがポイントですね
IMG_6409_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS・430EXⅢ-RT
広角側で撮った集合写真は、5人以上並んでると両端の人が歪むので、DxOのボリューム歪み補正は必須
IMG_6393_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS・430EXⅢ-RT
スピードライトは、天井バウンスが効く場所とそうでない場所があり使いづらいスペースだったので、デフューザー越しの直当てと併用して撮りましたが、現像時にむらのあるホワイトバラウンと露出補正も必須
IMG_6402_DxO.jpg
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS・430EXⅢ-RT
腕のなさはレタッチでカバーって感じですが、6DⅡとM5のホワイトバランスオートも揃わないなあと思っていたら、M5には、6D MarkⅡのようにホワイトバランスオート=雰囲気優先(オート)がないからなのかな?
ともあれ、M5のスピードライト発光撮影後の確認画像表示のタイムラグは、わかっていてつかうにはいいのですが、実際の撮影テンポでは、スローシャッターを切っているかのような感覚に陥いりました
少なくとも、LUMIXのGX7Ⅱではこのようなブラックアウト時間はなく、EVFでも背面液晶でもすぐに表示されます
小規模の飲み会でクリップオンをつかいたいときがあり、LUMIXやα用を揃える代わりに、これからは、M5に270EXⅡと15-45のキットズームでいけるかなあと思っていただけに、これが「Mの仕様」だとするとちょっと残念な感じです
key-visual.jpg
90EXの代わりに光通信のマスターになれる小型のEL-100が登場
ただ、270EXよりもちょいと重くて、コストパーフォーマンスがいまいちなので、せっかく電波通信ができる430EXⅢ-RTが行かせないので、コマンダーを単体で買うか大は小を兼ねるで600EXを中古でゲットしておくほうが賢いか?
M5の表示遅れ問題はさておき、どのみちM5には430以上は大きすぎますね

タグ:EOS M
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイブリッド一眼レフ [EOS 6DMarkⅡ]

6DMarkⅡでEOSムービー
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS
4K録画非対応ですが、フルHDでも高ビットレートの60P記録と強力な電子ISが効きます
主要各社の新製品がみなミラーレスのフルサイズになってきたことで、明るいとこでは光学ファインダーっていうコストのかかった6DMarkⅡのようなカメラは、ほんとの意味でハイブリッドとよんでいいんじゃないかと最近思うんですがどうなのでそうか?
IMG_6320_DxO
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ひさしぶりに動画を撮ってみたので、過去ログを見返してみると、世界初の動画記録一眼レフのD90を手にしたときから登場からちょうど10年
D90もその後の、初のフルハイビジョン動画対応したEOS 5DMarkⅡも、浅い被写界深度をマニュアルでのフォローフォーカスで合わせるのが楽しかった一眼レフムービーですが、昨今は、ピント合わせ用の接眼スコープや電子ビューファインダーがなくとも、背面液晶みながらフォーカスフォローをカメラがやってくれる時代になりました
IMG_6329_DxO
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS
また、電子ISを入れると画角はせまくなりますが、手持ち歩き撮りでも十分実用になるスタイビライザー効果もすばらしい
こういう晴天下で小絞りボケや1/60秒で撮るには、EOS Rとドロップインの可変NDアダプターを介して、この16-35mmあたりをつかうのもいまどきの最強動画仕様でしょう
20090125-144419.JPG
ただ、手ブレあり、マニュアルフォーカスオンリーの動画撮りの頃のほうが、いろいろ楽しかったようにも思い出されますが、自分もこどもも若かったからでしょうね

タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広角・ミラーアップショット [EOS 6DMarkⅡ]

源氏山公園から下山途中の銭洗弁財天はゴールデンウィーク並の大混雑でした
銭洗弁財天宇賀福神社 
IMG_6259_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
先に銭洗い用の「かご」をもらってから、行列に並び、お参りしてから銭洗いのほこらに行く・・といった混雑シーズン専用ルールのようでした
佐助稲荷神社
IMG_6267_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
というわけで我々は、早々に退散して下山して佐助稲荷神社へ行ってみると、こちらも外国人観光客や若者たちの撮影グループなどで賑わっていました
IMG_6271_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS 270EX
ここまで広角レンズとバリアブル背面液晶でのローアングルショット
東慶寺境内
光と影と春らしさを求めてローアングルを狙ってみましたが、ちょいとぶらしてしまいました
IMG_6234_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ただ、背面液晶で撮るなら完全ミラーレスのソニーも、ミラーアップ6DⅡも条件は同じ
というより、バリアングルやタッチフォーカスでは6Dのほう、最新のα7Ⅲシリーズと比べてもきっとキヤノンのほうがつかいやすいはずなのが、これ以上ソニーに踏み込めない最大の理由なんですよね
IMG_6276_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
遅めの昼食はお蕎麦屋でいただきましたが、テーブルフォトなら35ミリ以下だとやっぱり撮りづらいかな
IMG_6273_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
家を出る前に、たまには1DXを持ち出そうと思ったものの、バッテリー残量が少なかったので6DⅡにしましたが、広角レンズが活きるのはやっぱりバリアングル6DⅡなんだろなとあらためて感じました
IMG_6277_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ごちそうさまのあとは、アイレベルのファインダーショットにて

タグ:鎌倉
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北鎌倉スーパーハイキングコース [EOS 6DMarkⅡ]

晴れ予報の三連休中日。北鎌倉から源氏山公園へ予定外の山登りで一汗かいてきました
IMG_6251_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
北鎌倉で買い物してから東慶寺を観覧して、鎌倉駅までのんびり歩く予定でしたが、浄智寺からの源氏山公園に抜けられそうな道をみつけたせいで、われわれ夫婦としては相当険しい山道へ突入してしまったというわけです
IMG_6254_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
階段があればまだマシで、木の根っこを足がかりにアップダウンしながら源氏山公園を目指すハイキング?コース
IMG_6253_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
体重がすっかり増えてしまった50歳過ぎの身には相当きつかったのですが、まあなんとか神社へ辿り着きました
IMG_6257_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
きょうのカメラは6DⅡに広角ズームを付けて交換レンズはなし
IMG_6258_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
α7Ⅱのキットズームとも迷いましたが、お寺だと広角ほしいし、せっかくの晴天なのでファインダーの一眼レフのほうが気持ちよいですからね

山登りの前の「東慶寺」
IMG_6241_DxO (2)
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS DxO
梅がお目当てなのか?境内にはカメラマン多し・・・F11まで絞られたせいか、
IMG_6241_DLO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS DLO
回折補正の効くDLO(デジタルレンズオプティマイザ)でDPP現像のほうが素直なシャープに仕上がります
IMG_6232_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ところで6DⅡと16-35mmではなんど測距しても背景にフォーカスもっていかれます
IMG_6242_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
このカットは手動フォーカスアシストで
IMG_6237_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS

タグ:鎌倉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - EOS 6DMarkⅡ ブログトップ