So-net無料ブログ作成
Photo&Life ブログトップ
前の10件 | -

国宝松本城 [Photo&Life]

朝、白川郷を出発し、高山の古い街並みを見学して、夕刻閉館ぎりぎりの時間帯に松本城へ到着
IMG_7748_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
高山からの道のりは、信号がほとんどないものの国道を90kmほどを雨のなか、ひた走ってきましたが、奇跡的に西の空にかすかなブルーが見えました
AF6Z3818_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
雨も上がっているので、6DⅡと1DXを両方クルマから降ろしました
IMG_7718_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
1DXは70-200ズームの三脚座に付けたリストストラップを右手首に巻き、6Dで撮るときは右手首から1DXとレンズの約3kgをぶら下げる「短期決戦型」の二刀流です
IMG_7720_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
とはいえ、天守までの道のりは、階段というよりほとんどハシゴなので、上りも下りもカメラをぶつけないように一苦労でした
IMG_7725_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
閉館時刻間際なので、名古屋城のときと同様に、時間との戦いで天守閣へ
IMG_7730_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
ここのお城は名古屋城のようにエレベーターがないので、足腰が動かなくなったらここまで登れそうにありません
IMG_7731_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
AF6Z3824_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
IMG_7733_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
というわけで、今年の家族旅行の〆の松本城見学でした
IMG_7739_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
AF6Z3831_DxO.jpg
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
AF6Z3839_DxO.jpg
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
AF6Z3836_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
IMG_7754_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
IMG_7751_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

飛騨高山 [Photo&Life]

白川郷から高山の「古い街並み」へ
IMG_7684_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
傘をもってクルマを降りたので、カメラは1DXと望遠ズームはクルマに置いてきました
IMG_7653_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
古い街並みは、どことなく倉敷に似た感じですが雨に濡れた路面や傘が映えて雨ならではのスナップ写真が撮れました
IMG_7656_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
それでもどうせクルマ移動なんだから、横着しないので24-70を持ってきていればよかったと後悔
IMG_7661_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
街スナップは、建物だけでなく通行人と合わせてシャッターチャンスを狙いたいところですが、本能的にあまりにも普段着のアジア観光客が入らないようにしてしまいます
IMG_7662_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
それでも広角ズームは街並みショットでも有効
IMG_7670_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
雨に濡れた木造家屋にあさがおの緑や気の利いた黄色い牛乳受けなんかが気が利いていてありがたい
IMG_7671_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
IMG_7676_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
こういう曇天でのスナップショットは、LUMIXと単焦点やGRのようなハンディタイプでもいいですが、傘をさしたままでも片手だけで電源が入れられてファインダーで安定することも大事
IMG_7685_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
居眠り店主と青いズボンの坊やが気に入っていって数少ない個人的にお気に入りショット
IMG_7690_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
DxOで現像する際にコントラスト高めにして、レンズ歪みも補正しながら整えていくのもいい感じ
IMG_7691_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
風景モードで緑の彩度もブーストされるのも素直に恩恵に預かりました
IMG_7686_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
というわけで思いの外、雨の街並みショットが楽しめた飛騨高山
IMG_7693_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
せっかくなので、昨晩に続いて飛騨牛のランチをいただいて、次の経由地「松本城」を目指します

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界遺産 白川郷~早朝 [Photo&Life]

白川郷へ一泊して雨の翌朝
IMG_7623_DxO.jpg
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
前日16時頃のチェックインと同日に降り出した雨も、やや小ぶりなので出発前に傘を差し掛けて見納めショット
IMG_7628_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
実際、きのうの曇天よりも霧に包まれている方が絵になります
IMG_7629_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
まだお土産屋も開店していないぐらいですが観光客もちらほら
IMG_7637_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
一晩お世話になった「白川郷の湯」から
IMG_7612_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
部屋や露天風呂からもほぼ同じ景色が見えます
IMG_7641_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
この日は、高山観光してから松本経由での帰京予定ですが、もういちど自家用車で展望台へ立ち寄って撮り納め
IMG_7644_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
駐車場には、成田ナンバーのレンタカーが停まっていて欧米人の若者が乗ってました
IMG_7643_DxO
EOS 6DMarkⅡ EF16-35mm F4 IS
やはりここは、トンネルでしかこられない遠路はるばるな秘境ですね

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界遺産 白川郷~EOS広角と望遠スナップ  [Photo&Life]

三重県への帰省のあと、岐阜の白川郷へ一泊旅行してきました
IMG_7541_DxO.jpg
EOS6D MKⅡ EF16-35mm F4 IS
はじめての場所なので様子はわからないものの、二台のEOS一眼レフでレンズ交換なしでスナップできるようにピークデザインのキャプチャーやプロパッドなどのサポートツールを準備してきたのですが、当日の天気予報は午後から雨なのでさてどうなることか・・・
AF6Z3780_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS(70mm)
東名阪から名古屋高速を抜けて、はじめての東海北陸道を北上して、長い長いトンネルを抜けて白川郷へ到着したのが13時前。いつ雨が降り出してもおかしくないので、クルマを停めてすぐに「郷歩き」へ出発しました
IMG_7554_DxO
EOS6D MKⅡ EF16-35mm F4 IS(19mm)
時系列的には前後しますが、展望台に登ってきたのは、「郷」を半周して約2時間後の15時。
IMG_7543_DxO
EOS6D MKⅡ EF16-35mm F4 IS(35mm)
せっかくの白川郷一泊で夕方から夜や翌朝までゆっくりしよう計画だったのに、バタバタ感のあるスケジュールになってしまいました
AF6Z3786_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS(70mm)

天気がよければこれから夕方の光で楽しめそうなポイントなのですが、展望台からの広角レンズはこの天気だともうひとつなので望遠で切り取るものの、光の陰影もなく単調なカットになってしまいます
AF6Z3775_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS(70mm)
そもそも縦位置で望遠よりで撮ろうとしても最前列の観光客の頭が重なりタイミング待ちになります

AF6Z3778_DxO.jpg
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS(70mm)
IMG_7547_DxO
EOS6D MKⅡ EF16-35mm F4 IS(35mm)
まあ、スマホカメラと同等の35ミリだとこんな感じなので「郷」が遠くなっちゃいますが、ここでの記念撮影には50ミリから70ミリぐらいでかっちり絞って撮れるスモールセンサーカメラのほうがよいかもしれません
IMG_7560_DxO
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS(70mm)
なお、一番手前の大きな「和田家」の窓から展望台までの距離感はこんな感じ
IMG_7557_DxO
EOS6D MKⅡ EF16-35mm F4 IS
展望台までは有料のマイクロバスで、帰りは歩いて下ってきたのですが、体力的にも正解だったと思います

時系列前後しましたが、かすかに日差しがみえそうな夏の午後の白川郷のダブルレンズスナップショットです
AF6Z3855
EOS-1DX EF70-200mm F2.8 IS
今夜の宿にクルマを停めさせてもらって、カメラ二台にレンズとストラップを装着してトランクから引っ張り出します
IMG_7476_DxO
35mm
1DXはGPSユニットと70-200の望遠ズームを付けて、ピークデザインの幅広ストラップを右肩から左脇へ回し、右は6DⅡのストラップは右肩片吊りつつ、ベルトに装着したプロパッドとキャプチャーを付けて歩きます
IMG_7493_DxO16mm
といっても二台のカメラをほぼ交互につかうとプロパッド&キャプチャーへの脱着するのは却って手間になります
やはりキャプチャーをつかう目的は、登山やトレッキングなどでバッグから取り出す手間をなくし、数分から数10分間隔で撮影をするようでスナップには向かないのは当たり前
AF6Z3705_DxO
145mm
そんなわけで両肩に吊ったカメラでレンズ交換なしで交互にスナップショットするのは正解です
IMG_7494_DxO
16mm
レンズ一本なら24-105ズームだけでいけるでしょうが、広角側はやはりワイド側もあったほうがいいですね
IMG_7492_DxO
16mm
もっとも合掌造りの建物には、下からあおって撮影しても歪むだけなのでまあ24ミリもあれば十分
AF6Z3857
70mm
この日は、あまり空を構図から外して撮るようにしていたのもあり、24-70ズーム一本でもよかったぐらいでした
IMG_7507_DxO
35mm
白川郷といえば、冬のライトアップシーズンに行ったことがあるという知人が圧倒的に多いのですが、稲穂が実りつつある田んぼと家が隣接する夏の里山風景はとっても貴重
IMG_7513_DxO
16mm
惜しむらくは青空と太陽の光と影がないことのみ
IMG_7520_DxO
21mm
夏を求めて、ひまわりを入れてみるものの力強さ感は皆無
AF6Z3735_DxO
200mm

という感じですが、EOSでスナップ 世界遺産「白川郷」
IMG_7524_DxO
26mm
時代は24-240ズームという選択肢のある「EOS R」でしょうが、
AF6Z3727_DxO
70mm
曇っていてもファインダー越しなら、やっぱり気持ちいいのは「ミラー」反射の実像
AF6Z3726_DxO
70mm
がんばってもってきた70-200も、もっぱら70ミリ側で足ります
AF6Z3717_DxO
135mm
去年までの装備なら135mm F2を持ってきていたところでしょうが、F2開放を活かせる風景はここではなかなか
AF6Z3715_DxO
70mm
70-200も、大は小を兼ねるとはいえ、スナップショットならレンズ交換しやすいF4ズームとカメラバッグのほうが軽快感があります
AF6Z3725_DxO
200mm
2台のカメラバランスとしては、6Dに70-200を付けたほうがバランスが撮れるのですが、1DXに70-200を付けたほうが縦位置撮りもしやすく、ファインダーが気持ちよいわけで
AF6Z3723_DxO.jpg
200mm
強いて希望を付けるなら、電子水準器が常時表示される1DXマークⅡがいいですね
AF6Z3719_DxO
70mm
毎年夏の行楽のあとに、カメラやレンズ機材のリニューアルを考えるのですが、当面はこの二台体制と現行レンズだけでいこうと思います
AF6Z3728_DxO
90mm
しいて希望を挙げれば、24-105ズームを揃えて置きたいところですが、ここは軽くて安いSTM版か、見た目と防塵防滴を考慮してLズームか?
AF6Z3734_DxO
200mm
というわけで夏休みの絵日記のようなこのブログ記事もこのへんで終わりにします
AF6Z3758_DxO.jpg
145mm
来年はどこか海外にでもいってみたいところですが、そうなるとこの重装備じゃね
IMG_7485_DxO.jpg
16mm
フルサイズミラーレスブームですが、旅行にいくなら電池の持つ一眼レフの価値は十分あるでしょうからそのうちみんな戻ってきそうな気がしますが、マウントが新しいからいったら帰ってこられないのが危険な賭けですね

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なつぞら [Photo&Life]

朝。ひさしぶりに空の青がみえたのでワンショット
P1100692_DxO.jpg
LUMIX GX7 MarkⅡ 14mm F2.5 DxO
せっかくなのでキヤノンのDPPのピクチャースタイルで現像しようと思ったものの、カメラはLUMIXでした・・・
P1100691_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ 14mm F2.5 DxO
現ハイライトを下げて、暗部補正もいれて、青だけ彩度上げて現像処理
P1100690_DxO
LUMIX GX7 MarkⅡ 14mm F2.5 DxO
ところで、RPといえば、10倍ズームが出てきましたが、テレ側がF6.3ってのはねぇ・・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

はじめてのビール [Photo&Life]

おかげさまで20歳。はじめてのビールは苦かったようです。
IMG_6725_DxO.jpg
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS

20年前のカメラはフジフィルムの初代Finepix700。ビデオカメラはソニー初のデジタルハンディカム名機VX1000でした。
DSC01975.JPG
Finepix700   1999-5
Finepix700は、ホワイトバランスはデーライト5500K固定、感度も100のみ。100万画素で撮るとすぐにメモリーカードがいっぱいになっちゃうのとバッテリーが切れるのがどっちが早いか?という感じだったことを覚えています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

撮ったら、死ぬ [Photo&Life]

うっかり撮ってしまいました
IMG_6560_DxO(retina).jpg
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS
不安なので拡散させていただきます(^^)
IMG_6562_DxO (1)
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS
LUMIXを持ち出そうとしたら、充電状況があやしいので、6DⅡに28ミリをつけてきました
IMG_6563_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS
空いている席でポップコーンとコーラ飲みながら過ごすのは楽しかったけど、普段、寝転んでホームシアターに慣れているのですこしくたびれました
IMG_6567_DxO
EOS 6D MarkⅡ EF28mm F2.8 IS
10連休も残すことあと2日です

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1.5kgズームの選択 [Photo&Life]

「祝!令和」記念セールに乗せられたわけではありませんが、連休中ひまだし、先送りしてきた機材整理プランを実行することにしました
P1100517_DxO.jpg
撮影 LUMIX GX7MarkⅡ

待望のEFレンズのもうひとつの主砲を揃えることになりましたが、喜びや満足感よりも、さて、禁断の1.5Kg☓2の組み合わせは、予想外に手首と腕にどっしり感がありすぎ、とてもじゃありませんが気軽にスナップ感覚で持ち出すことはなさそうです
P1100523.jpg
20090308-112434.jpg
バックナンバー:Canon XLH1(2009-3)
撮影重量3キロってなるとFX1(Z1J)からの流れのハンディタイプの4K・60Pのカムコーダーが同じくらいですが、これくらいになるとビデオもカメラも肩に乗せたくなります

さて、この時期に望遠ズームをつかってみたくなったきっかけは、いくつかあるのですが、まずは小型のEOS M5をサブカメラとして活用するなら、「望遠」かつ「IS」がいいかなと思ったからで、
P1100518_DxO
桜の季節に、M5と135mmを組み合わせて持ち出したときに手ブレが怖くてシャッタースピードの下限設定にそれなりに気を使いました
そもそも、我が家のEFマウントの単焦点望遠レンズにはIS搭載ではなく、焦点距離の2倍のシャッタースピードは確保したいところなのですが、Pオートでもシャッターの下限設定がスムーズにできる1DXで使う分にはよいのですが、6DやM5ではマニュアルモードか絞りを無視してシャッター優先でしかつかえまえせん
その点、α7Ⅱでつかうときは、センサーシフト手ぶれ補正に任せて撮影に集中ができます
P1100515_DxO(retina)
もうひとつのきっかけは、前回記事のPeakDesignのバックパックにベルボンのUT-63Qを入れてみたときに、このかわりに70-200ズームもすんなり収まるはずと思ったこと
IMG_0480_DxO(retina)
ベルボンのUT-63Qも1.5Kg、200mmと135mmの望遠ズーム2本合わせても1.5kg・・・カメラ道楽していて重い重いというのはやめましょう・・・という気持ちはあったものの、つかいやすいバッグがあってこそってのもありませんかね?

3つめの理由は、「ソニーαをやめつつ、EOS Rにはしばらく行かないぞ!という決意表明です
P1100514_DxO
下取り品はこの5点(2019年5月2日時点某店買い取り価格)
・α7II ボディ ILCE-7M2 :¥59,000
・FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870:¥13,000
・EF135mm F2L USM ¥50,000
・マウントコンバーター MC-11 :¥11,000
・G 42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S. ¥17,000
実際には、買い替えやらの特約でこれよりも13%アップ
値がつくうちにα7Ⅱを手放しておこうということもあり、はじめは、α7ⅡとEF28-70ズームを、EF24-70のF4 ISと入れ替えようと思っていましたが、F2.8の24-70をオーバーホールしたばかりだし、バックパックも新調したこともあって、軽量ズームよりも2台持ち用に望遠ズームにしようと思ったわけでございます
P1100519_DxO
はじめは、F4の70-200の旧型の新同美品があり、α7Ⅱを下取りにいれて計算すると、少しあまりが出るものの、三脚座は別売りで1万円もすうr
EF135mmを下取りに加えて、F2.8のズームが買えないか?とEF135mmなどを足しこむとなんとか足りそうな感じになりました
EF135mmは1DXの常用として長くつかうつもりで新品で購入したお気に入りレンズでしたが、F2.8の70-200と入れ替えるなら、この際、下取りに出すのもありかな???(そのうち、85mmのF1.4ISに変えればいいや)という気持ちもありました
P1100520_DxO(retina)
というわけで、サイズも調達資金捻出も、いろいろ無理した70-200のズームですが存在感はやはりすごい。それでも、フードを逆付けすれば、M5はもちろん、6DⅡでもバックパックに収まります
P1100523.jpg
もちろん、20Lサイズのバックパックなら普通に入ります
P1100526.jpg
Peak Designの20Lなら、バッテリーグリップなしの6Dや5Dクラスのボディに、24-70、70-200のレンズを入れてジャストサイズ
20090625-062656.jpg
バックナンバー EF70-200mmF2.8と三脚(2009-6)
過去ログを見返すと、EOSムービーデビューもちょうど10年前で、ムービー用にISなしの70-200を一時期つかっていたのもこの頃です
IMG_6527_DxO
EOS6D MarkⅡ EF70-200mm F2.8LⅡ
というわけで、平成から令和で、バックパックと望遠ズームを手にしたし、手ぶれ補正がありがたいα7Ⅱともお別れしたし、これからのシーズンは6D MarkⅡを中心に行きたいと思います
dxo70-200.jpg
EOS M5は、ストラップをα7Ⅱ用の太めのタイプに交換したもののボディケースがほしいかなと思っていたのですが、70-200につけると、ボディとレンズの重量差がありすぎて、カメラ側はまあどっちでもいいような気になってきます
IMG_0638_DxO
EOS M5 EF70-200mm F2.8LⅡ
この先あまりに出番がなくて、1年後にはEOS Rの後継モデルに置き換わる可能性もありますが、まあ、α7Ⅱからレンズ資産に移行させたついでに、気合いれてこのF2.8ズームを持ち出してみたいと思います

タグ:70-200mm
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成最終日ログ [Photo&Life]

平成31年4月30日。季節外れの寒さなので、長袖のトレーナーに袖なしのダウンを着て外出
IMG_0453_DxO.jpg
EOS M5 EF-M22mm F2
買い物したあと、図書館にいって日本カメラを読んできましたが、X10と24mmの組み合わせもきっといいよね
IMG_0451_DxO
EOS M5 EF-M22mm F2
この日もお供のカメラは、首から下げた感じがお気に入りのEOS M5と22mm
IMG_0452_DxO
EOS M5 EF-M22mm F2

X10と24mmやGRⅢもつかってみたいけど、小さいのは、M5でいいじゃん・・・というのが正直なところ
IMG_0454_DxO
EOS M5 EF-M22mm F2
図書館はさすがに人は少なかったのですが、
IMG_0455_DxO
EOS M5 EF-M22mm F2
昼は、うどん食べて温まろうと思ったら、駐車場待ちに並べないぐらい丸亀製麺が混んでいて断念・・・
IMG_0456_DxO
EOS M5 EF-M22mm F2
リンガーハットでちゃんぽん食べてきましたが、ここも大盛況で、この連休中、働いている方々はたいへんですね

IMG_3426_DxO
EOS6D MarkⅡ EF16-35mm F4 IS
さて、去年の今頃は、届いたばかりの16-35mmもって半袖シャツで出掛けてたんですがことしのこの寒さはなに??
P1050743DxO_s.jpg
明日から新元号ですが、とりあえず早くいい天気になってほしいものです

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ソニー本社展示コーナー [Photo&Life]

ソニーの本社ビルの展示コーナー
IMG_0375_DxO.jpg
EOS M5 EF-M22mm F2
撮影ご遠慮くださいというわけではなさそうなのですが、カメラがキヤノンなのでなんとなくコソコソした感じで撮ってきました
IMG_0374_DxO
ビデオ8時代の1/2インチCCDから最新のα9のセンサーの展示コーナー
IMG_0376_DxO
1996年当時だと結婚した翌年頃だから、我が家ではデジタル撮影は、DVカメラのVX1000の頃です
その後、ビデオのリニア編集用の機材を売り払って、デスクトップのVAIOに買い替えたのが1997年頃なのがなつかしい
IMG_0377_DxO
さらに遡ると、アナログ9の時代。当時父親からお下がりでもらってビデオカメラデビューしたのがCCDーV88だったと記憶しています
IMG_0378_DxO
我が家のはじめてのビデオデッキは、さすがにこの初号機ではありませんが、アナログ時代からDV時代まで、ベータ、8mm、Hi8、DVまで編集用デッキはソニー、エアチェックはVHS勢の三菱、ビクター、パナソニックでした
IMG_0373_DxO
そんなわけで、少し時間つぶしに立ち寄ったソニー本社ビルでしたが、α9とα7Ⅲが並んでいたのでファインダーを見比べたりもしましたが、室内でもファインダー像の品位が別物でした
デバイスにコストをかけたモデルはやっぱりいいものだなあと思いました

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - Photo&Life ブログトップ